FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

SとMの本質と転換

 一般に、基本的に受け身である女はMであり、能動的な立場にある男はSになる、と言われている。僕の今までの経験からもこれは大筋で間違っているとは思わない。しかし、なぜそうなるのか、という理由を考えていくと、必ずしも、女は生まれながらにしてMな訳ではなく、男も生まれながらにしてSという訳ではない。

 SとMに分化していくのは、セックスにおける役割の違いだと思う。体内のウイークポイントに相手の肉体を挿入されるのがM、挿入する側がSとなる、というだけのことだ。そして通常のセックスでは、男が勃起したペニスを女のウイークポイントである膣内に挿入するため、女がMになるということだ。

 しかし、男にもウイークポイントはある。それはお尻だ。お尻から、指なり、ディルドなり、ペニスを入れられ、前立腺への刺激によるトコロテンの快感を知ってしまうと、男でも受け身に転じてしまう。この場合、相手は女性でもいいし、男性でもいい。だから、ペニスバンドをつけた女性が男のお尻に挿入すると、女性でも簡単にSに転じることになる。

 女のお尻にも快感はある。男のように射精までもっていく快感ポイントである前立腺はないが、おまんことは異次元の快感がある。一つは直腸の粘膜が擦られる快感、もう一つはお尻側から膣天井や子宮口を押される快感だ。両方の穴に指を入れてみれば分るけど、両者はたった一枚の薄い皮で仕切られているだけだからね。
 なので、女には、おまんことお尻という二つのウイークポイントがあることになる。それだけにこの両方を同時に責められたときの被虐感といったら、なんだろうね。男のアナル責めによるトコロテンの倍の快感があるという感じかな。

 男の場合、二穴同時というのはあり得ないが、「男のサンドイッチ」というのはある。それは女のおまんこ(あるはお尻)に挿入しながら、後からペニス(ペニスバンドをつけた女でもいい)をお尻に入れられるというやつだ。一方で女を責めながら、一方で自分も責められるという不思議な感覚だろうね。だって、自分の中でSとMとが融合してしまうのだから。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | SとM | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: