FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

超性感帯としての大陰唇

 女性の性感帯は基本的に同じところにあるが、その感度の違いには個人差がある。例えば、乳首はどの女性にとっても高感度な性感帯だけど、乳首への愛撫だけでオーガズムに達することができる女性がいるように、その感度には個人差がある。
 股間まわりの性感帯も同様だ。クリトリスは乳首同様、女性にとって例外なく高感度な性感帯だけど、クリトリスよりも尿道口が感じるという女性もいるし、膣中の方がいい、という女性もいる。お尻の穴も高感度な性感帯だけど、中には心理的な抵抗からか、素直に快感に浸れない女性もいる。

 概して、大陰唇はクリトリスや膣口に比べると、それほどの感度がある場所とは思われていない。ところが、女性によっては、この大陰唇が高感度な性感帯へと豹変することがある。
 発生学的には、女性の大陰唇は陰嚢 (男性の睾丸を被う袋の部分) にあたるという。男性なら経験があるとおもうが、この袋の部分を濡れた舌先でチョロチョロと舐められると、「キーン」 となるような不思議な快感に襲われる。亀頭への刺激が直接的であるのに対し、間接的な刺激なのだけど、なんともいえない心地よさがある。実際、舐められていると、中の金玉が動いていくのが分る。同様の感覚を、女性も大陰唇を舐められると味わっている、と思えばいい。

 このことを確認したければ、パイパン状態の大陰唇(現物を見れなければ画像でもいい)をよく観察してみてみるといい。天然パイパンではなく、剛毛な女性が陰毛を剃った後の大陰唇を見ると、男の縮んだ時の陰嚢の表面そっくりだ。シワシワになっていて、その小さな山のところに毛根がある。毛に被われた大陰唇だと気がつかないけど、脱毛した大陰唇を見ると、このことがよく分る。

 但し、大陰唇が高感度の性感帯となるのは、個人差のほか、女性の体調や情況、興奮度などによっても変化する。情況としては、パンティーを脱がして、クンニを始めようとする瞬間がいいかな。野外で、パンティーを脱がさず、脇にずらした状態でもいい。要は、相手の予想を裏切るかたちがいい。四つん這いバックだと、大陰唇が寄せ集められてしまうので、大陰唇が目一杯広げられるように、M字開脚の大開がベストな姿勢かな。

 もちろん、舐め方にもよる。コツは、濡らした舌先で、触れるか触れない程度に 「チョロチョロ」 と広い大陰唇を這い回る感じだ。舌をべっとりとつけて、強く圧迫しては、むず痒いような快感にはならない。
 もし「べろ~ん」と舐める場合、毛並みにそって舐めるのも重要なポイントだ。特にパイパン女性だと、舐めやすいこともあって、ついつい下側から (つまりお尻の穴側から) 舐めあげてしまいがちだ。しかし、これだと毛並みにさからう方向となりやすく、される女性は気持はいいけど、心地良さを感じない。濡らした舌先で、触れるか触れない程度に 「チョロチョロ」 と広い大陰唇を這い回る愛撫がベストなのは、このためだ (大陰唇の毛並みは外側に向って不規則に展開している)。


 こうした刺激で、女性が大きな声をあげたり、身をよじったりしたら、大陰唇が高感度の性感帯となっていると考えていい。もっとも、女性が感じているのは、クリへの刺激のような気持よさではなく、くすぐったいようなむず痒さだ。例えるなら、足の指を舐められている時に感じる、ムズムズした快感かな。

 女性の大陰唇が高感度な性感帯となったら、これを徹底的に責めない手はない。それに長時間の大陰唇への愛撫は、小陰唇やクリトリスに至るまでの 「焦らし」 の意味もある。その効果のほどは、膣の濡れ具合でも分るはずだ。なお、大陰唇が濃いめのヘアーで被われている女性は、ヘアーが邪魔するのか、刺激も鈍くなるようだけど、剃るなり、脱毛している女性の場合、舌先の刺激がダイレクトに大陰唇のシワシワに伝わるので、高感度の性感帯となりやすいようだ。

 ところで、男の陰嚢の場合、季節、あるいは外の気温に応じて、伸びたり縮んだりする。これは中に納めている睾丸の精子製造能力を維持するため、熱くなると、伸びて中の睾丸を冷やすためだ。いわば、ラジエターのような役割を果たしている。女性の大陰唇も、陰嚢のように伸びたり縮んだりするのかな。まあ、中に温度調整が必要な睾丸に相当するものがないので、男のようには伸び縮みしないのかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 女性器の大研究 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: