FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

引かれて気持ちいいのは膣壁、突かれて気持ちいいのは膣奥

 セックスの経験も積み、ペニスで女を確実にイカせることが出来る男となると、スラストの仕方にも工夫をするものだし、その過程でいろいろな原理やテクを発見したり、身につけていったりするものだ。ここでそんな上級者向けのテクをご披露しよう。といっても、実は基本的なことなんだけどね。何事にも基本が大切というけど、それはセックスについてもいえるということだね。一言でいうと、引かれて気持ちいいのは膣壁、突かれて気持ちいいのは膣奥、ということだ。

 女性にとっては、ペニスが引かれる時に気持ちいいという。これは正しい。これは男でも自分のお尻の穴に指なりを入れて引き抜いてみると実感できる。入れられる時も快感はあるけど、引かれる時の方が数倍の快感になる感じだ。おまけにあまり早いスピードで引き抜かれると、せっかくの快感を味わう暇がなくなる。快感を味わうベストなスピードは、根元まで入れたペニスを亀頭付近まで引き抜くのに1秒ぐらいかな。まあこれはペニスの長さにもよるけど。

 ペニスが引かれる時に気持ちいい、という場合、女性が快感を感じるのは、あくまで膣壁だ。従って、この快感を女性に与えるには、ペニスは太いほどいい。それだけ膣壁を圧迫できるから、引き抜く時の摩擦も増大する。また、ペニスが長いと、その時間が長く持続する。もっとも、膣というのは快感レベルや女の意識で収縮自在のものなので、膣がきつくしまっているときだと、細くてもそれなりの快感はある。最大級の摩擦は、きつくしまった膣に太くて長いペニスの組み合わせだろう。

 膣壁で快感を感じるということは、膣天井や膣奥で快感を感じている訳ではないということだ。まあ体位によっては膣天井の壁も擦られるだろうけど、快感を感じるのは膣壁全体だ。といっても、快感センサーが集中しているのはお腹側(即ち膣天井側)の粘膜だ。なので、膣壁への刺激を与えてあげたければ、女のお腹側を擦りつけるようにスラストすることだ。正常位なら、ペニスの上側が擦れるようにする(実際には、ペニスを持ち上げるのではなく、膣の下側にペニスの下側を擦りつけるようにスラストすると、角度がついて膣天井側を擦ることができる)。

 あと、意外と忘れがちなのが、膣の左右の壁だ。これは側位をやった時に女が感じる新鮮な刺激と同じだ。てっとり早いのは、側位にすることだけど、正常位やバックでも、意識して膣の左右を擦ることは可能だ。
 膣の入口付近も、膣天井側に劣らず、快感センサーが集中している部位だ。膣口が感じやすい女性だと、この抜かれる感覚だけで、イクこともできる。実際、生で入れて膣外射精する時、射精直前に「スポン!」と抜かれる刺激でイッテしまう女性は多い。

 しかしペニスを引いていただけでは、膣天井や膣奥に強烈な刺激を与えてあげることは出来ない。それにペニスを引くためには、差し込まなければならない。どうせ差し込むなら、効果的に膣天井や膣奥を刺激してあげることだ。
 なぜなら、膣天井や膣奥は、突かれてはじめて快感を感じるようにできているからだ。しかしこの突きかたにも、それなりのテクニックがある。ただ闇雲に突きまくればいいというわけでもない。

 膣天井の場合、快感ポイントは点ではなく、面だ。これは指で刺激してみるとよく分る。従って、亀頭の先で点を突きまくっても効果はあるが、さらに理想的なのは、面をなぞるようにして突いてあげることだ。四つん這いバックなら、男が腰を上げ、上側から直線的ではなくカーブを描くように亀頭を押し込んでいく。膣天井に当ってもさらに亀頭がグラインドしながら面を擦る感じかな。側位の場合なら、挿入に角度をつけて、同じように亀頭が膣天井の面をグラインドしていくようにスラストする。

 膣奥の場合は、また別なテクニックが必要だ。第一に、ペニスに一定の長さがないと膣奥まで届かない。また、亀頭部分が硬くないと、奥まで突かれても快感にはならない。これには女の膣の深さもあるし、奥まで届きやすい体位(四つん這いバックや屈曲位)を選ぶ必要もある。
 また、女性によっては、奥まで突かれると痛がることもある。これには慣れもあるが、先天的に短めの膣だと、いくら繰り返しても痛みがとれることはないようだ。この場合には、敢て奧まで届かないような体位の工夫をするか、やわらかめのペニスでスラストするしかない。

 ペニスを膣とのフィット感もよく、奧まで突いても痛がらない場合、男としてはただガンガン、突きまくればいいので、事は簡単だ。しかしこれでは能が無い。膣奥の場合も、快感エリアは点ではなく、面だ。しかし膣奥なので膣天井のように面をグラインドするように突くことは出来ない。

 どうするか?深く突き刺して膣奥と亀頭とを密着させた状態で、膣奥ごとグリグリと動かしてあげるのだ。男の動きとしては、引くことをせず、奧にいれたまま腰で「の」の字を書くように動かすだけでいいのだ。これって、男には小休止できるし、なにより射精感を押さえる効果もある。

 しかしこれだけでは単調な刺激となるので、時には深く入れたまま、小刻みに振動するような動きをするのもいい。女がイキそうになってきたら、徐々にこの振動のピッチを大きくしていき、最後は大きなストロークの突きにしていく。女にしてみれば、快感の大波が押し寄せる感じで、オーガズムのスイッチが入ってしまう。あとは、同じリズムで突き続けるだけで、自動的に登り詰めていく。
 
 イッタところで入れたまま暫く休み、またおもむろに同じ刺激を繰り返すと、何度でも連続してイカせてあげることができる。5~6回もイクと、さすがに膣奥からのオーガズムだけに、腰が抜けてしまう。女も、子宮のあたりがジンジンして体験したことのない世界に浮遊している感じだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: