FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女に気持ちをストレートに伝える方法

 すでにセックスをする関係になっている女と久しぶりに会ったとする。この時、「ずっと会いたかった、セックスしたかった」 という気持ちを素直に伝える方法がある。それは言葉に出してもいいけど、一番いいのは、体で示すことだ。
 一つは、きつく抱きしめあい、濃厚なキスをする。唾液を吸いまくる。そして間髪入れず、おっぱいにも吸いつく。そして極めつけは、勃起してきた下半身を隠すことなく、抱きしめている女の股間に押しつけることだ。これって、「やだ、もう硬くなっている…そんなに私とやりたかったの?」 と女心に火をつけるのには最高の仕草だ。

 続いて、「もう、がまんできない」 とばかり、自分から下半身を脱ぎ捨てるようにして勃起したペニスを股間ごと、女の股間に押しつける。この時、足下にズボンやパンツが絡まってままでもいい。通常、男の方が背が高いので、そのまま押しつけると、女のお腹にペニスが当ることになる。それでもいいけど、これを続けると痛くなるので、体を下げて女の股間にペニスを割り込ませるのがいい。これだと、間接的にクリにペニスの上側があたるし、そもそもセックスしている体制に近くなる。

 実際、この体制にもっていったら、本当にスラストしているかのように、腰を前後に振るといい。女からみれば、「やだ、まだ服を脱いでないのに、もう入れたいの?」 となるけど、まんざらでもない。もちろん、その間、濃厚なキスをしたり、おっぱいへの愛撫は続けたままだ。その状態から女の上着を脱がし、ブラを取り、下半身も露出させる。そうしたら、すーっと跪いて、太股を抱きしめながら、女の股間に顔をつけ、愛おしそうに深呼吸して女の匂いを嗅ぐ。男の顔には女のヘアーが当るが、かまわずグリグリと押しつける。女が少し脚を開けば、クリぐらいは舌先が届くかな。このもどかしさが何とも言えなくて、女の方も体をくねらせ、大きなよがり声を上げることだろう。

 ここで女が早くもイキそうだったら、女の片脚を上げてその真下に潜り込み、小陰唇やクリを責めてもいい。あるは、男が体の向きを反対側に変えて股間の下に潜り込む。これだと小陰唇も舐めやすいし、膣口に舌先を差し込むこともできる。もう一つは、女の体の向きを反転させ、バックから舐めるという手もある。もっとも、これだどお尻の穴はなめやすいけど、クリまでは届かないかな。

 もうこうなると、女の股間も濡れているので、そのままベッド脇におしやって、即、挿入というのがいいかな。ポイントは、高まった女の興奮をとぎらせない事だ。こんな時の挿入は、一気に奥まで突き刺すのがいいし、入れてからも即、高速ピストンというのが効果的だ。男もイキやすいが、女も興奮しきっているので、数分のスラストで一回目のオーガズムに達してしまう。このスピード感が女には、堪らない。だって、部屋に入って、ものの数分で一回目のオーガズムを味わうわけだから、これからどんなことになるんだろう、という期待感がもてるからだ。


スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: