FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

四つん這いバックでのクンニを極める

 クンニの体位としてポピュラーなのは、女性がM字開脚している間に男が割って入る、というものだろう。Mっ気のある男なら、顔面騎乗クンニも定番だ。クンニ好きの僕が一番よくやる姿勢もこの二つだ。
 もっとMっ気を刺激されたかったら、仁王立ちで立っている女性の股間に跪いて舐めるというのもやる。もっとも、これだどせいぜい、クリトリスまでしか舌先が届かず、膣中に舌先を入れることは出来ない。この欠点をカバーするいい方法がある。それは女性の片脚をベッドなり椅子の上に乗せると、股間が開くのでぐっと舐めやすくなる。ついでに女性の両手で頭を股間に押しつけてもらうと、もうMっ気が全開となる。

 ところで、クンニにはもう一つ、忘れてならない姿勢がある。それは四つん這いバックでのクンニだ。(「大陰唇を舐めるときの姿勢」 【クンニのテクニック(上級編)】 を参照) まあ、クンニ好きな男としては、誰でもやる姿勢ではある。しかもこれって、アナリングスにも向いている姿勢だしね。
 だけど、この姿勢のまま長時間クンニをする男はまずいないと思う。何故かというと、この姿勢だと、クリトリスはぐっと下にいくので、舐めにくくなるからだ。ということは、クンニでイカせることも難しい (下付、上付きと関係があるのか、クリの突起が見える女性も中にいる)。反面、膣口は、両手で大陰唇を開けばよく見えるけど、M字開脚の時と比べ、舌先を入れようにも深くは入らない。それに、首もあげたままだと痛くなってくるので、長時間のクンニはきついというのもある。

 しかし、発想を逆転すれば、これはこれでメリットのある姿勢となる。男の目の前にあるのは、ぷっくらと膨らんだ大陰唇に押しつぶされた小陰唇だ。これって、まさに少女のマン筋そのものだ。小陰唇が隠れて見えない、まさに 「割れ目」 が見えるだけだ。違いがあるとしたら、大陰唇の膨らみに陰毛が生えていることかな。女性が脚を開き気味にすれば、場合によっては、ほんの少し、膣口が顔をのぞかせるが、小陰唇が開くことはない。このふくよかなおまんこの顔って、四つん這いバックでしか見ることのできない表情だ。おまんこが好きなら、これを楽しまない手はない。

 さて、視覚を楽しんだら、さっそくクンニに入りたいが、この姿勢の最大の利点は、大陰唇を舐めるのに最適だということだ。両脚を閉じていると二つの膨らみがあるだけだけど、開き気味にすれば、大陰唇も広がってくる。ここを思う存分、舐め回すのだ。M字開脚だと、両脚を大きく開かないと大陰唇は広がらない。しかし、両脚を広げると、小陰唇やクリも見え見えとなるので、男としては、すぐに小陰唇やクリを舐めたくなってしまう。それにその方が快感も強く、女性の反応もすぐにかえってくるしね。

 しかし、大陰唇への愛撫って、実は女性には何ともいえない気持ちよさがあるものだ (「パーツ編 大陰唇」 【クンニのテクニック(基礎編)】 ・ 「超性感帯としての大陰唇」 【女性器の大研究】 を参照)。大陰唇って、発生学的には男の金玉袋に相当する(「男性器と女性器の対応関係」 【女性器の大研究】 を参照)。ここをじっくりと舐めるには、むしろ小陰唇も閉じていて、クリも見えない、四つん這いバックの姿勢が向いている。クンニでいきなり小陰唇やクリにいくのは、フェラする女がいきなりペニスの裏側や亀頭を舐めるのと同じだ。

 但し、この姿勢の欠点は、する側の男も後から四つん這いになって首をあげなければならないことだ。この姿勢は長時間は疲れてしまう。本格的に大陰唇を攻め続けたいのなら、ベッド脇で女性に四つん這いバックになってもらい、男がベッド脇で跪くか、椅子に腰掛けてやるといい。女性が四つん這いの姿勢に疲れてきたら、両手と頭をベッドにつけて、お尻だけを突き出す姿勢になってもらってもいい。この方が多少は、舐めやすくなるしね。

 大陰唇を舐めるポイントとしては、大陰唇と太股との間の窪みから舐めあげることかな。普段、空気に触れにくいところだけに、敏感な部分だ。ここを舌先で円を描くようにクルクルと舐めながら移動していく。女性がムズムズしてきたところで、大陰唇そのものをじっくりと舐めあげていく。要領としては、金玉袋と同じで、最初は触れるか触れないかの感触が一番いい。女性の意識が大陰唇に集中してきたところで、唾液をたっぷりとつけて吸いつくように舐めあげていく。

 あと、大陰唇に陰毛がある場合は、毛並みに逆らわないことだ。といっても、大陰唇の陰毛って細いし、カールしているので、どの方向が毛並みなのか分りにくい。原則として、陰毛はおへそ側からお尻の穴の方向に向って生えている。なので四つん這いバックになると、毛並みは下から上に向っていると考えていい。舌先で舐める時って、下から上への方向に舐めるものなので、これでいいことになる。あるいは、小陰唇側から外側に向って舐めても新鮮な感覚になる。

 大陰唇をたっぷりと舐めたら、大陰唇と小陰唇の間の溝に舌先を入れて、小陰唇を起こしてもいい。続いて、小陰唇の間に舌先をいれて、小陰唇を開いていく。このころには、愛液が溢れてくるが、四つん這いバックだと膣口が上にあるので、ほっておいても愛液が小陰唇の溝を伝わってクリの方へ流れてくる。それを音を立てて啜り飲むのもことが出来るのも、この姿勢のいいところかな。

 四つん這いバックできるのはここまでだ。大陰唇をいくら舐めても、イカせることはできないが、それでいい。膣口やクリは敢てほっておく。なぜって、それが焦らしにもなるいからだ。
 いよいよ女性が堪らなくなってきたところで、男が仰向けになって 「すー」 っと股間の下に顔を入れていけば、自然と対面での顔面騎乗クンニになる。ここで初めて膣口に舌先を入れたり、クリへの刺激をする。さんざん焦らされた後なので、あっさりとオーガズムに達するというわけだ。あるいは、もっと焦らしたかったら、ここからさらに長時間のアナリングスに移ってもいい。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | クンニの体位 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: