FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

何故ヒトは衣服で性器を隠すようになったのか?

 ヒトが何故、衣服を着るようになったのかは、大きな謎である。体毛が退化して防寒の為とか、衣服によって性差や階層などの社会性を示すためというのは、後から生まれた効果でしかない。思うに、衣服の最小単位はやはり下着であろう。それも女性のブラは後になって産まれたもので、当初は、男女とも、股間の生殖器を覆い隠すものであったと考えられる。

 この点に、衣服を着るようになった謎が隠されているように思う。恥ずかしい性器を隠す為というのも、下着で隠すようになってから産まれた感覚だったと思う。それ以前には、性器を恥ずかしいという思うこともなかったであろう。では、何故、恥ずかしい訳でもない性器を隠すようになったのか?

 それは服を脱がしていき、最後に下着を取り去る時のドキドキ感がヒントとなる。自分一人で脱いでいても、それほどのドキドキ感はない。風呂に入る度にドキドキはしない。ヒトが下着を脱ぐ段になってドキドキするのは、あくまで異性の前である。つまり、セックスをしようとして、下着を脱ぎ、性器を露わにする時だけ、ドキドキする。それは男女とも同じだ。そして普段は隠されている互いの性器に性的な興奮を覚える。もっというと、欲情する。性器にはそうした力があるのだ。そして、セックスが終わったら、しばらくは欲情しないように、また性器を下着で被う。

 では、なぜ、普段は下着で隠しているのか。それは発情期がなくなったヒトの場合、通常モードとセックスモードとを明確に区分けする必要が生じたのだと思う。そうしないと、しょっちゅう、発情しっぱなしとなってしまう。下着をつけるか否かは、モードの切り替えを意味するようになった。

 この切り替えは、また別な効果を生み出した。それは、普段、隠されているだけに、セックス・モードに入った時に、下着を脱がすという行為によって、興奮がより高まるという効果だ。さらには、セックスできないにしても、下着を脱がして、性器を見てみたい、という気持ちを起こさせるようになった。この欲望を満たすためのヌードやポルノが生まれたのだ。あるいは、下着フェチという世界を生み出した。その多くは男が女の汚れた下着に関心を示すというものだ。

 逆に女の場合、自ら下着を脱ぐという行為は、たとえ男の前でなくても、セックス・モードへの転換を意味する。わざとノーパンになってスカートを履いて外に出る女は、「いつでも挿入OK」 という状態に、性的に興奮しているのだ。野外オナニーで全裸になってしまうのも同じことだ。

 セックスが終わって、のろのろと下着をまとい、性器を覆い隠す行為は、「ここまで」 というモードの切り替えをしていることになる。女性が下着をつける姿に男がよく発情してしまうのは、通常モードへの転換に未練を感じるからだ。射精したにもかかわらず、もう少し、セックス・モードでいたい、という思いだ。それほどに、下着を脱ぐ、身につけるという行為は、男女にとってセックスの始まりと終わりを暗示するエロい行為となるのだ。子孫を残すための交尾から、快楽を楽しむセックスへの転換は、下着で性器を覆い隠すことから始まったともいえよう。衣服はその延長線上のことに過ぎない。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 露出と覗き | CM(1)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/01/13 16:39】 | # [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: