FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

運動中にオーガズムに達する女性とFPメソッド

 最近、運動中の女性が、性的な妄想や刺激があるわけでもないのに、突然、オーガズムに襲われるという現象が注目されているようだ。発信源はどうやらアメリカのようだけど。オーガズムが訪れるスポーツとしては、過半数が腹筋運動をしている時だ。このほか、重量挙げ、ヨガ、サイクリング、ランニングなどをしていても起ることがある。

 このうち、最も多い腹筋運動とは、ジムで体を鍛える時によくやるやつだ。膝を折って上半身を上下するやり方の他、両脚を閉じて横たわり、両脚を閉じたまま30度ぐらいに上に上げたり下げたりするやり方 (英語ではレッグライズという) もある。こうした運動を繰り返していると、突如として強烈なオーガズムに達する、という訳だ。
 腹筋や脚の筋肉などを鍛える 「コア・エクササイズ」 と呼ばれるエクササイズの時に起りやすいことから、「コアガズム coregasm」 という新語まで生まれている。いかにも、ジムで体を動かすのが好きなアメリカ人の間から生まれたものらしいね。

 腹筋運動以外だと、重量挙げ、ヨガ、サイクリング、ランニングなどでも起るということだけど、これらに共通しているものって、両脚とお腹に力が入ると言うことだ。まあ、サイクリングだけは、直接サドルが股間に当るので、別な要因も加わるかな。

 「コアガズム」 のメカニズムは、太腿の内側に負荷がかかるエクササイズをすると、骨盤底筋も緊張することになるからということらしい。つまり、最終的にオーガズムを引き起こしているのは、骨盤底筋ということらしいい。この筋肉が弱いと、いくらやってもオーガズムには至らない。
 それと、運動すると交感神経が優位になって感覚が研ぎ澄まされるのと、オーガズムに達するために必要なエンドルフィンとドーパミンが分泌される、ということも関係しているかな。セックスもこの意味では、運動といえるわけだけどね。

 自転車に乗っていて、女性が軽いオーガズムに達するというのは、日本でも聞く話だ。それに、こうした股関節回りの筋肉の緊張から起るオーガズムって、まさにあの 「登り棒」 とまったく同じだ。あるいは、「枕オナニー」 や 「角オナニー」 も同じといっていい。
 アメリカの学校には、登り棒はどうやらないらしいね。大げさに 「コアガズム」 などといって騒がなくたって、昔からみな経験していることだと思う。「コアガズム」 を一度でも経験すると、イキ方のコツもわかるので、それが密かな楽しみにもなっていくようだけど、それも登り棒や角オナと同じだ。

 そう、両脚の付け根から太股にかけての筋肉と、お腹の筋肉に力を入れると、中イキしやすいというのは、まさにFPメソッドそのものだ。骨盤底筋を緊張させるには、太股の内側の筋肉を使うだけでなく、お腹にも力を入れる必要がある。この両方の筋肉を使うエクササイズが、寝た状態で両脚を閉じて上下するやり方なわけで、この最中にオーガズムに至りやすいというのはうなずける話だ。
 但し、「コアガズム」 でも、お尻の穴をすぼめたり、膣口を締める動きはしないはずだ。ポイントは括約筋を鍛えることではないからだ。この意味でも、まさにFPメソッドそのものかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 中イキのための FP メソッド | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: