FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

おまんこからクチュクチュ音がして恥ずかしいのは女の方

 セックスの時の音って、男も女も興奮するものだ。なぜ音がするかというと、興奮した女の膣が愛液で濡れてくることによる。クンニしていても、愛液が多いと、水っぽい音がするし、それを啜り飲む音もでる。指マンしていても、クチュクチュという音が出る。さらに、挿入してスラストしていると、ペニスが出たり入ったりするのに合わせて、股間からクチュクチュというイヤらしい音が聞こえてくることがある。

 こうした音って、必死に腰を振っている男も、よがり声をあげている女も、しっかりと聞いているものだ。男としては、股間を見なくても、その音から女の愛液の分泌具合を推測することができる。愛液は量だけでなく、その質まで分かる。最初は透明に近い愛液も、スラストを繰り返して、女の快感も高まってくると、粘っこい愛液に変わる。いわゆる本気汁というやつだ。こうなると股間から聞こえて音も水っぽい音から、ネチャネチャという粘りけのある音に変わる。

 一方の女はどう聞いているか。女は別に音を聞かなくても、自分の興奮状態は分かるし、愛液がでていることも分かる。これって、興奮するというよりも、女には恥ずかしいことだ。「オチンチンを入れられて、こんなに濡れている自分って………」 とね。できるものなら、そのことを男に知られたくないとさえ思う。
 
 ところが、股間からクチュクチュという音が聞こえてくると、「やだ、こんなに音がしたら、男に濡れているのがわかっちゃうじゃない」 という心境になる。だって、音がするほど濡れるということは、ペニスを入れられて気持ちよくなっていることの動かぬ証拠だからだ。迫ってくる男に仕方なく股間を開いている女を演じていても、体は正直で、実はペニスを入れられて興奮し、おまんこの奧から涎を垂らしているわけだからね。そして、こうした事実がまた女をさらなる興奮へと誘う。

 男の方は、股間から聞こえてくるクチュクチュという音に、興奮することはあっても、それを恥ずかしいとはまったく思わない。まあ、我慢汁が出れば男の興奮もクチュクチュという音に繋がってはくるけど、別にそれは恥ずかしいことではない。
 男としては、セックスの音に対する男女の意識の違いを知った上で、これを大いに活用すべきだ。つまり、股間からイヤらしい音がしてきたら、聞こえないふりをするのではなく、むしろ聞こえていることを女に言葉で知らせてあげるのだ。「すごい、クチュクチュっていう、いやらしい音が聞こえる!」 とかね。女は決まって「いや~ん」と反応しつつも、さらに愛液を垂らすことになる。

 僕はやったことはないけど、濡れすぎて困ってしまった場合は、一旦抜いて、シーツで股間を拭いたりされると、女としても、「えっ、そんなに出ているの?」と恥ずかしくなるものだ。更には、座位や女性上位の時に、結合部から白く濁った愛液がペニスを伝わって男の陰毛を濡らし、金玉やお腹の方まで垂れてくることもある。こんな時も、「すごい、白いのがお腹まで垂れてきているよ」 と声をかけてあげると言い。これって、クチュクチュという音も興奮するけど、それを自分の目で見ることができるので、興奮しない女はいない。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスの音 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: