FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女がうっとりするのは情熱的なキス

 女はキスが好きだ。なぜなら、キスは男の愛情を感じられるし、互いの唇という粘膜を重ね合わせるという快感も伴うからだ。さらには、キスには男のテクニックも如実に表れるし、男の本気度も伝わってくるので、その後の展開をも大きく左右する。端的にいえば、キスだけで終わりにするか、最後までいってしまうかだ。

 キスにもいろいろなモードがある。挨拶的な軽い 「チュ」 というかわいいキスもあれば、セックスを前提にした全戯としてのディープ・キスもある。もちろん、その中間にもさまざまなキスがある。愛情表現から始まったキスであっても、女がうっとりとしてくると、セックスを予感させるキスへと変化する。「女がうっとりするキスの姿勢」 【キスのモード】 で紹介したキスがそれにあたる。

 ところで、女がうっとりするキスをするには、こうしたキスの姿勢とは別に、大事な要素がある。それはズバリ、男の情熱を感じられるキスだ。といっても、これは形としてのディープ・キスとは違う。濡れた唇を 「べちょ~」 と合わせて、舌先を絡めるような動物的なキスだと、男の性欲は感じられても、自分への情熱を感じることはできない。
 女としては、あくまで紳士的に、それでいて情熱的に自分に迫って欲しいのだ。こうしたキスをするには、正面からストレートに女性に迫るのもいい。そう、壁ドンの雰囲気かな。これって下手をするとマンガチックになってしまうけど、決まればかっこいいものだ。
 
 情熱的なキスをするには、いきなり抱きしめてキスするよりも、おっぱいへの愛撫を先にした方が、心と体の準備となってより効果があがることもある。それに「あれ? キスしてこないの?」というフェイントにもなるし、先に性的な刺激を受けてからのキスの方が、エロさも増すからだ。

 例えば、後から抱きしめ、服の上からおっぱいを揉みながらブラウスのボタンを外す。この時、後でブラを外しやすいように、後のホックをさりげなく外しておく。女が身をよじって身をかわそうとしたところで、女の背中を壁際に押しやる。そしてブラを上に押し上げて、男が身をかがめて乳首へ口を持っていく。男の顔が下にくることで女に一瞬、心に余裕が生まれる。この段階では乳首に優しく吸いついたり、舌先で乳首を転がしたりするに留める。女にしてみれば、男に甘えられるような、母性本能をくすぐられる舐め方だ。女がムズムズしだしたら、もう一方の乳首も舐めて欲しい、というサインでもあるので、もう片方の乳首も愛撫する。

 男からみて右側の乳首を愛撫していたら、左手を壁について、唇を少しずつ上に這わせていく。鎖骨から始まって首筋、そしてうなじへと優しく触れていく。男の手に阻まれて女は逃げ場がない。そして一気に女の唇を塞いでいく。ふいを突かれた女は驚きを隠せないけど、それまでの乳首への愛撫が効いているので、唇の粘膜からはすぐに快感が脳へと送り込まれる。なので、この時のキスは遠慮はいらない。情熱的に、貪るように女の唇や舌を吸っていく。互いに舌先を絡め合ったり、唾液を交換するような、形ばかりのディープキスとは違う、一方的なキス。これが女にはいい。
 この情熱を女はが 「キスのうまい男」 と変換してくれれば、もうこちらのペースだ。壁を突いていた左手も用を終えたので、女の背中か腰にもっていって、両手で抱きしめる。

 手のやり場に困った女が両手を、遠慮がちでもいいから男の腰か背中に回してくれれば、もう女は最後までの覚悟がだきたと思っていい。男の首に回してきたら、同意というよりも、もう待てない、というサインとなる。
 こうなったら、唇を離すことなくきつく抱きしめる。ズボンに中で硬くなった下半身を女の体に押しつけ、次に何が起るかを予感させる。さらにとどめを刺したければ、両手を女の腰からお尻にかけてまわし、「グイ」 っと男の上体に引きつける (男の方が背が高いことが前提だけど)。女は、男の愛情と、この後の挿入を予告されて、キュンとなるはずだ。軽く圧迫されるので、吐息も漏れてしまう。

 片手で抱きしめながら、もう片方の手でスカートをたくし上げ、太股にそって手を上に這わせる。パンティ・ラインにたどり着いたところで、今度はそのラインにそって後側へと撫でていく。優しくスリスリとおしりの膨らみを撫でられる心地良さに女もうっとりしてくる。その間も唇は離さないでいると、さすがに女の鼻息も荒くなってくるので、適当なところで唇を離してあげる。しかし休むことなく、今度はパンティの上から股間へと指を這わせていき、布越しに割れ目とクリを刺激する。

 女がイキそうになると、足に力が入らなくなるので分かる。直ぐにイキそうになかったら、パンティの上からではなく、指先をおへそ側からパンティの中に忍ばせて、直接クリを触ってもいい。もうクチュクチュと音がするぐらいに濡れているはずだ。ここでイケるようだったら、一回、イカせてあげるのがベストかな。
 イキそうになかったら、無理には続けず、男が腰をかがめながらパンティを脱がす。しゃがんだ男の目の前に股間があるので、ヘアーに顔を埋めて深呼吸したあと、速効で舐め回してもいい。顔を上げればかろうじてクリトリスに舌先が届く。

 指やクンニでイカせることができ、女が腰砕けになって床にお尻を降ろしたなら、そこで、スカートとパンティーを一気に脱がし、女の股間に割って入いれば、女はもう挿入を期待する。女が見ている目の前でゆっくりとズボンのベルトを外し (この間合いが女にはドキドキする時間を与える)、下着を脱いで勃起したペニスを見せつける。

 あとはそのまま挿入の体勢に入ればいい。床の上でのセックスを避けたかったら、女が腰砕けになったところで、上に抱え上げてベッド脇まで運び、女のお尻をベッドにつかせて、パンティごとスカートを脱がせる。この時、女の上に覆い被さると、普通のセックスの時のスタートに戻ってしまうので、女を全裸にして抱きしめるのは、後でもいい。
 また、クンニ好きな男としては、ここでまたたっぷりとクンニをしたいところだけど、興奮している女には、前戯としての長時間のクンニは不要で、即挿入が効果的だ。どうしても舐めたければ、ご挨拶程度に軽く舐めるのがいい。多少、焦らしたければ、亀頭を割れ目にそってグリグリとしたあとで、いきなり挿入というのがいいかな。

 こんな情熱的なキスから始まるセックスは、女も最初のドキドキ感が持続しているので、短い時間のセックスでも深いオーガズムに達することができるのだ。というか、短い時間だからこそ、最初の興奮が最後まで続くのだ。クンニやシックスナインなどのオーラルな刺激は、一回戦が終わってからでも遅くはない。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | キスのモード | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: