FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

イッテいる間に腰を振り続けられると

 ペニスで女をイカせると、男としては、二つの選択肢がある。一つは、そこで腰の動きを止めて、女がオーガズムの快感に集中できるようにしてあげる。もう一つは、あえて腰の動きを止めず、腰を振り続けてあげることだ。

 普通は、女がイッタところで、腰の動きをとめることが多い。男にとって、女の膣オーガズムというのは、やはり神秘的であり、腰の動きを止めてじっくりと女の体がどうなるのか、観察してみたい、という気持もある。
 激しかったよがり声もピタリとやみ、口をパクパクさせて顔を左右に振るイキ顔もじっくりと見てみたい。そして痙攣する下半身。中には、エビぞりにのけぞる女もいる。子宮が下がってくるのか、膣がギューと収縮し、硬いペニスを押し出してしまうことすらある。同時に、潮を噴いたり、おしっこを漏らしたりする女もいる。そして、イッタあと、間歇的に膣が軽く痙攣し、中のペニスをやさしく包み込む。深くイッタ証拠だ。

 腰の動きを止めないと、こうした微妙な女体の変化はよくわからない。もう一つ、男が腰の動きを止めるのは、女をイカせるために、自分も射精覚悟で激しく動いており、登り詰めた射精感を静める意味もある。時には、女のオーガズムによる膣の締め付けなどで、腰の動きをとめても、思わず射精してしまうことすらある。そうして、女の体力が回復したところで、またおもむろに腰を動かし、二回目のオーガズムへと導くわけだ。

 女がイッタのが分かっても、敢えて腰を振り続けるのは、「イキっぱなし状態」 に持っていってみたい、という衝動があるからだ。男にしてみれば、イッタあとも腰を振り続けていると、女も苦しそうな声を出し続けているので、オーガズムが持続しているかのようにみえるものだ。

 しかし、これが必ずしもそうとはいえない。敢えて腰を動かし続けた後、女性にその時のことを聞いてみると、イッタ直後も腰を振り続けられると、凶と出る場合もあれば、吉とでる場合もあるという。
 つまり、そのままイキっぱなしというか、快感が持続する場合もなくはないが、多くは、快感がじゃまされて 「お願い、動きを止めて!」 となるようだ。気が散って、せっかくのオーガズムに集中できない。つまり、凶と出ることが多いということだ。

 まあ、男としては、凶と出ようが、「賭」 に出てみたい気持になるものだ。多くの女性に共通していることは、一回のセックスで何度もイカされた場合、実は最初のオーガズムが一番、気持いいという。なので、最初のオーガズムの時だけは、男も腰の動きを止めて、じっくりと女にその深い快感を味あわせてあげたいものだ。

 女がイッテも敢えて腰の動きを止めないというのは、何回かイカせた後、男が射精する時のスラストでやるといい。女が先にイッテも、男がまだであれば、女は突き続けられても、「快感地獄」 に耐えてくれるものだ。自分がイッタというのを男も分かっているけど、射精に向けてラストスパートをかけているんだ、というのが分かるからだ。
 このタイミングだと、イキ疲れてはいるけど、意識も朦朧としてきており、限りなくイキっぱなし状態にもっていける可能性も高い。うまくすれば、女がイキ続けるなかで、究極の同時オーガズムを体験できるかもしれないしね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 女の連続オーガズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: