FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

大量に中出しされる興奮

 中出しを一度でも経験すると、女はその何とも言えない心地良さに感動し、中出しの虜となってしまう。中出しするには、そもそも生で挿入しなければならないので、ペニスの熱や硬さも直に感じ取ることができるし、なによりも射精直前のペニスの膨張や、その直後のビクンビクンという痙攣も感じ取れるし、噴射が繰り返されるに従って、膣奥がじわ~と温かくなる感覚が堪らないらしい。

 もっとも、同じ中出しでも、その感動や快感は、男次第だ。射精直前のペニスの膨張や、その直後のビクンビクンという痙攣は、ペニスが硬ければ硬いほど、大きければ大きいほど、感じ取れるからだ。
 そして極めつけは、出す精液の量だ。いくら濃くても、数滴がこぼれ出たのでは、女は中出しの瞬間を感じ取れない。逆にすさまじい量だと、噴射の回数も10回前後も続くので、射精している間も、1~2秒ではなく、10秒近くも続く。当然、膣奥に温かい精液がたっぷりと溜まっていく感覚も分かり、中出しされている実感が湧いてくる。
 この時、大きなペニスだと、子宮口の奧まで亀頭が届いているので、子宮口に直接、精液を噴射される感覚になり、出された精液の総量も感じ取りやすい。

 精液そのものは、熱いというほどではなく、温かいという程度のもなだが、興奮した男のペニスから出される精液は、通常の場合よりも温度が上がる。この微妙な差を女の粘膜はしっかりと感じ取れる。しかも、その量が多いと、子宮口に熱がこもり、膣奥だけでなく、お腹全体がその熱で熱くなり、けだるい感覚となる。

 これだけ大量に中出しされると、腔奥に大量の精液が留まっている感覚がとても心地よく、こぼすのがもったいなくなって両脚を閉じたりしてしまう。しばらくして起き上がると、男のお腹の上、あるいはシーツの上に、おまんこから大量の白くて濃い精液が、堰を切ったように糸を引いて垂れ落ちる。
 これって、女にとっては、堪らなくエッチな光景だ。自分での大量の精液を注がれたとは分かっていても、目の前でとめどもなく流れ続ける精液に、改めてあり得ないほどの精液を注がれたことを知り、興奮してしまう。

 男のお腹の上に出した精液は下にこぼれ落ち、シーツに出した精液は黄色っぽいシミとなって、強烈な匂いを発散している。これだけの量の精液を中に出されたんだ、という感動と興奮。同じ中出しでも、精液の量は多いほど、女も興奮するものだ。
 男としては、中出しできるときは、たぷりと精液を溜めておいて、その全てを出し切り、女にこうした感動を与えてあげたいものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 中出しについて | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: