FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

セックスの音に興奮する女

 「男女ともに興奮するセックスの音」 で書いたように、セックスしている間って、よがり声の他に、実にいろいろな音が出る。隣の部屋でセックスしていると、よがり声に加えて、かすかに聞こえるセックスの音に、男も女も興奮してしまうものだ。

 セックスの音は、自分たちがセックスしている時にも聞こえる。クンニやフェラしている時の、粘膜を舐めている 「チュパチュパ」 という音、挿入してスラストしている時の 「クチュクチュ」 という水っぽい音、肉と肉とが激しくぶつかる 「パンパン」 という音、そしてリズミカルに響き渡るベッドのきしむ音などなど。
 
 もちろん、男もこうした音に興奮するけど、どうやら女の方がこうした音によりリニアに反応するようだ。一つには、こうした音は基本的に男が作り出しているからだろう。ある意味、出そうとして出している音なので、男にとっては当然の音なのだ。もう一つは、男は自分が出している音よりも、女のよがり声に耳を澄ませているからかな。

 一方、女性にとっては、自分の意思で出している音ではないので、男以上にこうした音が耳にはいってしまう。それに、男は女と違っていつもよがり声をあげているわけではないので、こうした音しか女には聞こえない。男は女のよがり声に耳を澄ませ、女はセックスの音に耳を澄ませる、というわけだ。

 静かな部屋に響き渡る卑猥な音に、女はもの凄く興奮する。セックスの音のほとんどは、濡れた粘膜が擦れる際に生じる、水っぽい音だ。これって、女のおまんこが愛液でたっぷりと濡れている証拠でもある。すました顔をしていても、おまんこは正直だ。水っぽい音は、興奮してビショビショになっているおまんこだからこそ出る音だ。それを音で聞かされる恥ずかしさ、男に聞かれる恥ずかしさは相当なものだ。よがり声なら、口に手をやって消そうとすることもできなくはないが、おまんこから出るイヤらしい音だけは、消しようがない。こうした感情が入り交じって、興奮がさらに高まっていく。
 中出しされた精液は、自分が出したものではないが、たっぷりと射精されたのに、まだセックスを続けているという情況に、やはり興奮を覚えてしまう。

 肉と肉がぶつかるパンパンという音や、ベッドのきしむ音は、水っぽい音ではないが、これはこれで、激しいセックスを象徴する音だ。これらの音も、男が出すものなので、男としてはそれほど興奮しない。しかし、女はこうした音にも、リニアに反応してしまう。音がするほど激しく男に腰を打ち付けられている自分に、Mッ気を刺激されるのかな。

 たとえ隣の部屋で聞いていても、男が腰を打ち付けるリズムやストロークの大きさなどを想像するぐらいだ。しかし、女性は違う。こうした音に、まるで自分が激しく突きまくられているかのような感覚になるようだ。これにおまんこから出る水っぽい音まで加わると、その女の興奮状態までもが、リアルに伝わってきて、ほとんんど自分がセックスしているかのような感覚になり、女のオーガズムや男の射精のタイミングに合わせて、自分でもイッテしまうほどの興奮を覚える。

 女が男以上に、セックスの音に敏感に反応するのは、これらの音が男によって出されるということの他に、セックスの最中、目を開けて女の反応を観察している男と違って、受け身の女は、目を閉じていることが多いことも、関係しているかもしれない。視界を閉ざしているぶんだけ、音に意識が集中すうというわけだ。

 女がセックスの時に部屋の明りを暗くしたがるのも、恥ずかしいという他に、視界からの余計な情報を遮断したい、という意識もあるようだ。男としては、明るい日差しのもとで、女の体をじっくりと観察したいところだけど、視覚よりも音に敏感に反応するという女の特性を考えたら、部屋も暗くして、そのかわり、おもいっきり水っぽい音を出して、女の興奮を高めてあげたいものだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | セックスの音 | CM(1)

この記事に対するコメント


いつも楽しく拝見させていただいております。
文章が本当にお上手ですよね。
昼食後や帰宅中の見ることが多いのですが、一見してHなサイトとはわからないのも嬉しいです。
これからも頑張って書き続けて下さい。
楽しみにしております。
【2017/12/12 12:23】 URL | かず #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: