FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

潮を噴くときの女の体

 AVの影響もあってか、潮を噴かせることがはやっているようだ。男も潮を噴かせると、ちょっとした驚きと感動があるし、女性にとっても、オーガズムに似て、潮が噴けるというのは、ある種の「ステータス」になっているふしもある。
 しかし、全ての女性が潮を噴くとは限らないし、一度噴くようになったからといって、毎回、噴くとも限らない。また、セックスの経験が豊富であるか否か、中イキが出来るか否かも、あまり関係がないようだ。
 
 じゃ、一体、どんな条件だと、潮を噴くんだ、となると、これがなかなか難しい。しかし、潮を噴く女性に共通している要素というのはある。
 一つは、性的に女性がものすごく興奮していることだ。精神的にも肉体的にも興奮している方が、より潮を噴きやすい。性的に興奮すると、女性の体はいつも以上に熱くなる。触れてみて、ほんと、熱であるんじゃないか、と思うほど熱くなっている。
 従って。寒いところで裸でいたのでは、潮は噴きにくい。風呂に入るなど、体も暖まっていなければ、いくら性的に興奮しても体が熱くならない。

 オシッコは、どちらかというと溜まっている場合が多い。しかし、おしっこをした後でも、水分さえしっかりとっていると、潮を噴きやすい。もし、大量に潮を噴きたかったら、たっぷりの水分をとっておくことだ。

 基本的には、噴かそうと思えば、どんな姿勢でも潮を噴くことができると思うけど、潮を噴きやすい姿勢というのがあるようだ。体験的に一番多いのは、M字開脚して上半身を起こした状態か、四つん這いが多い。立ちバックの姿勢も潮を噴きやすいかな。

 刺激するポイントは、膣天井なので、指だと的確にポイントを押せるので、一番噴かせやすいが、ペニスを挿入しても、亀頭やペニスの一部が膣天井を刺激していれば噴くことがある。その時には、子宮が降りてくるというか、膣内が圧迫されて、ペニスが押し出されることもある。
 希に、クンニしていてクリトリスへの愛撫だけでも噴くことがあるようだ。クンニしながら指を入れて膣天井を刺激すると、より噴きやすくなる。
 コツをつかめば、オナニーでも潮を噴くことができる。自分の指でもいいし、バイブでも潮を噴くことが出来るようになる。

 潮を噴く直前の感覚としては、おしっこを漏らしてしまいそうな感じになる。何かがグーっと溜ってきて、出すに出せず、ちょっと苦しい感じもする。初めて潮を噴く女性だと、「お願い、もう止めて」と訴えてくることが多い。
 潮を噴きそうになると、男にも分かる。特に指をいれていると、膣天井からシトシトと体液が分泌され、膣内もビショビショになる。ペニスを挿入していると、とにかく膣内が水っぽくなって、スラストの度にクチュクチュと音がするほどだ。

 潮は尿道口から出る。「ビッ ビッ」と間歇的に出ることが多いが、大量に出る時は、おしっこの放尿に近く、勢いよく飛び出ることもある。時には、オシッコも一緒に出ることがあるし、最初はおしっこで、途中から無色透明になることもある。
 基本的に潮噴きとオーガズムは別ものだが、場合によっては、絶頂と同時に潮が出ることもある。こうなると、普段のオーガズムとはまた違った快感になるようだ。たとえイケなくても、潮を噴く時って、イク直前の気持ちよさが持続するような感覚になる女性もいる。

 潮を噴かない時は、いくらやっても拭かないが、一度、潮を噴くと、何回かは連続して噴くことが出来る。「えっ、まだ出るの?」と、面白いぐらいに出る。本当に床がビショビショになるぐらいまで出る。

 一度潮噴きを経験すると、中イキがしやすくなる女性もいる。おそらく、オシッコが漏れそうになるので、それをこらえようと、お腹に力が入るが、これが中イキのコツと合致するのだろう。その反面、お腹に力を入れ続けるので、女性としては、非常に疲れるというか、消耗する。大量に潮を噴いた女性は、終わったあとも、ぐったりとして動けなくなるほどだ。

 なので、毎回のセックスで潮を噴かせるというのは、女性にとって肉体的にも負担となる。男としては、意図的に噴かせようとはせず、あくまでオーガズムのおまけとして、潮も噴いてしまった、というのがいい。これだと、不快感もないし、むしろ普段のオーガズムとはまた違った感覚が味わえるので、女性もそれほど嫌がらないからだ。

 

スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 潮噴きについて | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: