FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女があと一歩で中イキできない理由

 セックスしていて、あと一歩というところまではいくんだけど、という女性は多い。あとほんの少し、相手が頑張ってくれればイケそうなんだけど、男が腰の動きを止めてしまうとか、体位を変えてしまうとか、あるいは我慢できずに射精してしまう、という不満だ。
 まあ、こうした不満はよくあることで、男が真性の早漏なら諦めるしかないだろう。しかし、普通に我慢できる男でも、イケないのはなぜか?

 結論からいうと、女性が絶頂トラックに乗り、オーガズムに至るには、スラストの時間だけが問題なのではない。実はスラストの 「質」 も大きく関係しているのだ。
 スラストの「質」というのは、女が感じる、男の側の 「女をいかせようとする熱意」 といってもいい。女には、腰を振る男が、自分をイカせようして頑張っているのか、単に射精のために腰を振っているのかが、分るのだ。

 もちろん、初体験の童貞や身勝手な男でない限り、どの男も、多少は女を気持ちよくさせようと思って腰を振っている。女も、相手の男が自分を気持ちよくさせようと腰を振ってくれているのは分る。問題はその割合だ。セックスでイケない女の場合、相手の男が100%、自分のために腰を振ってくれていないのだ。5~6割ぐらいは、男の快感のために振っている。この微妙な配分の違いが女には伝わるのだ。

 イキにくい女をセックスでイカせようと思ったら、男としては相手をイカせるまで、100%、女のために腰を振らなければだめだ。フェラやクンニで相手がイクのは、する方が100%、相手をイカせようと思ってやっているからだ。
 この100%の集中力が、男の執念や愛情として相手にも伝わり、中イキへの導火線となるのだ。

 「それじゃ、男はセックスを楽しめないじゃないか」 と思われるかも知れないけど、それぐらいの努力は、相手をイカせた感動を思えば、たいしたことではない。相手をイカせた後に、今度は100%、自分の快楽、すなわち射精のために腰を振ればいい。

 それに相手の女性が中イキに慣れてくると、男の方も、相手のために腰を振る割合を100%から、80% ぐらいにすることも出来るようになる。さらには、50% ずつも可能だ。相手にも快感を与えているけど、同じように自分の快感レベルも上昇していく。この場合、挿入してから射精まで、男女がずっと快感レベルを共有しながら互いに高めあい、同時オーガズムを迎えることとなる。こうしった高度なレベルに到達するためにも、最初は100%、相手の為に腰を振ることから地道にスタートすべきだろう。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスでイケない女 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: