FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

スラストの種類 ー ペニスの当たる部分からの分類

(1) ニュートラル・スラスト
 ペニスの円周全体に、まんべんなく刺激がわたるようなスラスト。膣の穴に対して、きれいに直角にペニスが出入りするようにすると、こうしたスラストとなる。
 一番、やりやすいのが、四つん這いバックだ。もし正常位でやろうとすると、 「直角正常位」 にして、引く祭に腰を引き気味にしないとできない。
 あるいは、女性の両脚を男の両肩にあげて、膣の角度を上向きにすれば、正常位でも、ニュートラル・スラストとなる。

 このスラストのメリットは、ペニスが一番感じる裏側への刺激の集中を分散できることだ。当然、大きなゆっくりとしたストロークが基本で、もちろん、スピードを上げていってもいい。女から見たら、長く太いペニスを、「ニュー」 と入れられているという、挿入感を得やすい。
 もっとも四つん這いバックの場合、このスラストでも、視覚的刺激にくわえ、ポンピング的な刺激が加わるので、場合によっては、男にとってもイキやすいスラストとなる。

(2) ペニスの下側を擦るスラスト
 「抱きしめ正常位」 の場合、腰の角度の関係から、男が普通にペニスの出し入れをすると、自然とペニスの裏側に強い刺激がいくようになる。男が強い摩擦感を感じると言うことは、女性も同じように、強い刺激を感じている。また、膣入口への刺激感も強くなる。
 女をイカせようと、絶頂トラックに乗せようとするとき、あるいは男が射精しよううとするときには、効果的なスラストだ。
 但し、ペニスの形状により、せっかく摩擦感をだしても、女性があまり感じない膣の下側のみを刺激しては、効果は薄い。

 四つん這いバックの場合、男が腰を浮かせ気味にして、斜め上から突き刺すようにすると、男女ともに効果的だ。寝バックも当然、双方に強い刺激がある。
 四つん這いバックから男女とも膝立ちとなり、女性の上半身を起こす体位 (「跪き垂直バック」とでも名付けましょうか)でも、双方に強烈な刺激となる。さらに、背面騎乗位で女性の上半身を男の上に寝かせた体位 (「背面水平騎乗位」とでも名付けまょうか) の場合もそうだ。

(3) ペニスの上側を擦るスラスト
 これは体位を問わず、男が意識的に腰を持ち上げ気味にして、スラストをすると、ペニスの上側が刺激されることとなる。ペニスの形状が日本刀のように上にそっている人には、こうすると、正常位の場合、女性が最も感じる膣の上側を刺激することができる。それでいて男には刺激が少ないので、長時間プレーには向いている。また素早い、小刻みな動きをすると、女性をオーガズムに導きやすい動きでもある。

 座位の場合も、女性の体重を男に乗せるようにすれば、ペニスの上側に加重がかかる。同じように、駅弁の場合も、ペニスの上側に刺激が集中する。だから、駅弁をしても、それほど男は射精に到らないのだ。

(4) 鬼頭部分が擦られるスラスト
 深く入れたまま、大きなストロークをせず、「グリグリ」 と膣奥を小刻みに刺激する動き。ペニスの位置でいうと、鬼頭部分が擦られるスラストだ。これは女性には効果絶大だが、男にはそれほどの刺激ではないので、長持ちするし、小休止するときにはもってこいの動きだ。それに女性が両脚を閉じていたりすると、実は膣入口も小刻みに刺激され、女性には気持ちいいものだ。
 これを続けていても射精に至ることはできるが、やはり射精前は豪快に腰を振りたいものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: