FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

勃起したペニスを冷やすと

 金玉は冷やすと、心地いいし、精子の製造能力も増すようで、特に熱い夏はお勧めだ。ところが、ペニスそのものを冷やすのはあまり意味がないような気がする。
 昔からのペニスの鍛え方で、冷水と温水とを交互にかけるというのがある。昔、若い男が風呂場でこれをやっているのを見たことがある。自分もやってみたことがある。金玉を冷やすのはいいとおもうけど、棹の部分を冷やしてどんな効果があるのか、今もよくわからない。

 ただ、その時は、冷水の刺激で金玉とペニスが冷やされ、下半身が引き締まるおもいがするのと、冷水と温水の刺激からか、ペニスが勃起しかかったことだけは覚えている。おそらく、冷水だけをかけ続けていたのでは、ペニスは勃起することはないと思う。冷たくなったペニスに温かいお湯がかけられることによる心地よさで、軽く勃起したのだと思う。

 このペニス鍛錬法って、実はセックスと熱の関係を見事に表わしていると思う。というのも、興奮すると、ヒトの体温は上昇するし、勃起すると、ペニスは熱く波打つ。つまり、興奮と体温の上昇は連動しているのだ。
 では、なぜ冷水をかけるかというと、それは温水の効果を高める為だと思う。ただ温水をかけるだけよりも、一旦、冷水で冷やしておいてから温水をかけると、その刺激がより増幅されてペニスに伝わる、というわけだ。つまり、ここでのポイントは、冷水にあるというよりは、ペニスを温める点にあるのではないかと思う。もっとも、金玉は温めるよりも、冷やした方がいいのは変りないけど。

この原理を逆に使うことがある。それは興奮して勃起したペニスを静めるために、冷水をかけるというものだ。まあ、普通はこんなことしないが、例えば 「射精管理」 をしている女性が、男の貞操帯を交換する時など、勃起したペニスを静めるために、わざと冷水をかける。こうすると、興奮もおさまり、勃起したペニスも小さくなってしまうのだ。

 女性の膣の中って、凄く熱い。この熱さが、ペニスにはたまらない快感なのだ。熱いぺにすがさらに熱い膣内の粘膜で加熱され、勃起を高め、射精に向けて興奮を高めてくれる。
 逆にもし、膣内が凍り付くような冷たさだったら、どんなに勃起しているペニスでも、すぐに小さく萎えてしまうだろう。当然、射精などできない。というか、そもそもそんなに膣の中が冷たかったら、誰もペニスを挿入しようとは思わないけどね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスと熱 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: