FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

不感症チンコ

 男の場合、女性と違って、オーガズムは全ての男に保障されている、と書いた。しかし、極まれにだけど、男でもなかなか射精できない、つまりオーガズムに至れない、という問題をかかえたペニスを持っている男がいる。

 真性のED(勃起障害)なら病的な症状となるが、そうではなく、ちゃんと勃起はする。だけど、膣の中に挿入してスラストしても、なかなか射精までには至らない、というケースだ。単なる 「遅漏」 とも違う。いくらスラストを繰り返しても、なかなか射精しない。しまいには、女性の方がギブアップとなって、セックスを中断するしかなくなる。

 こういうペニスって、往々にして、激しい手コキや、オナホールでの射精に慣れすぎてしまったことによってなるようだ。特に初体験を済ませる前から、マニアックな手コキや、きつい締め付け感のあるオナホールでのオナニーに慣れてしまうと、リアルのおまんこでは、刺激が弱すぎて、射精まで至らなくなってしまうのだ。
 
 確かに、いくらきつい膣といえども、男の手の締め付けつける力や、オナホールにはかなわない。いつまで経っても射精してくれないと、女も 「私のおまんこ、緩いのかな?」 「私のおまんこでは気持ちよくなってくれないんだ」 などと思ってしまい、いたく傷ついてしまう。

 それを察して、男の側も何とか膣内で射精しようと頑張るんだけど、頑張るほど気持ちが冷め、悪循環に陥って射精できなくなる。こうなると、セックスそのものが女性にとって、苦痛となってしまう。たとえ自分はイケなくても、せめて相手をイカせることができれば、それなりの満足があるが、それもないとなると、何のためにセックスしているのか分からなくなってしまう。

 ちなみにこういう情況になりやすいのは、初体験からずっとコンドームを着けたセックスしか経験できない男に多いようだ。さすがに初体験は、コンドーム着きでも、生まれて初めてセックスするという興奮から、あっという間に射精してしまうが、何回も繰り返していると、感動も薄れるし、なによりも本当のおまんこの味を味わえないので、「これならいつもしている手コキの方が気持ちいいかも」となってしまいがちだ。

 思うに、男が膣内で射精するのって、必ずしも膣のきつい締め付け感だけで射精しているのではない。生で挿入したときの、入口付近のザラザラ感と奧の粘膜のヌルヌル感、ペニスが溶けてしまいそうな心地よい熱さ、適度の圧迫感、そして何よりも女の股間にペニスを入れているという達成感や、感じている女の興奮などが乗り移って、射精に至ってしまうのだ。ところが、スキンつけると、粘膜の皮膚感覚はほとんど遮断されてしまう。これだと、確かに、手コキの方が気持いいや、となってしまう。

 手コキならなんとか射精できる、とういうのなら、まだ救いようがある。しかし、さらにマニアックなオナニーにこりすぎてしまうと、しまいには、手コキですらなかなか射精できない、なんて場合もあるようだ。例えば、前立腺への刺激による射精とか、尿道オナニーなんかにこると、こうなりやすいようだ。これらは皆、体の内側からの刺激で精液を押し出されるような感覚を伴う。しかし、手コキというのは、棹の部分にしろ、亀頭部分にしろ、単なるペニスの表面への刺激だけなので、物足りなくなってしまうのだ。こうなると、女性からみたら、自分の膣でも、手でも射精してくれない、「不感症チンコ」 とみえてしまうことだろう。

 ちなみに、こういう 「不感症チンコ」 を普通のチンコに戻すには、しばらく特殊なオナニーを止めること、そして精液をたっぷりと溜め込み、興奮する状況下でのソフトな手コキで射精できるようにするしかないようだ。膣内で射精させたかったら、やはり興奮した状況下で生で挿入させ、すぐにマックスのスピードで腰を振らせて、一気に射精までもっていくしかないようだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 男のオーガズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: