FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女の方がセックスを見られて興奮する訳

 誰かにセックスしているところを見られてしまうのって、偶然であっても、複数プレーであっても、興奮するものだ。しかしどちらかというと、男よりも女の方が、その興奮度は高いようだ。どうしてこうした差が生まれるのか? ここにも、セックスにおける男と女の違いが隠されているような気がする。

 男の場合、セックスにおいては基本的に能動的にならざるを得ない。積極的に仕掛けてくる痴女やS壌でもない限り、多くの女性は程度の差こそあれ、基本的に男からみたら、「まぐろ」 状態だ。だから男がリードしていかなければならない。このため、どうしても男は、セックスしている間も、多少の意識や自我が残ってしまう。そうでないと、絶妙なタイミングでの挿入や、相手をイカせるまで射精を我慢したスラストなどできない。
 男が唯一、我を忘れるのは、絶頂トラックに乗ってから、射精するまでのラスト・スパートをかけている時かな。しかし、これも射精という行為が終わってしまうと、急に我に返ってしまう。

 二人だけでセックスしている時でも、男は女以上にセックスに没頭できないものだ。ましてや、他の人に見られながらとなると、よけいに自我を意識してしまう。特に、見ているのが男だと、無意識のうちに防衛本能が働く。
 挿入して腰を振っている時って、背後を見せるので、危険な状態だ。相手に何をされるかわからない。たとえ危害を加えられなくても、引き離されて女を取られるかも知れない。

 しかし、基本的にセックスで受け身である女は、うまい男が相手だと、セックスに没頭できる。しかも快感の度合いは男と段違いなので、100パーセント、その世界に入りやすい。この状態で、セックスしているところを誰かに見られると、これがさらに興奮材料となって、強烈な快感となる。おそらく、肉体的な快感に加えて、精神的な羞恥心や開き直りが、100パーセントの快感にさらなる上積みをするのだろう。
 こうした異次元の快感を味わってしまうと、ちょっとしたクセになってしまうかもしれない。それほどまでに、普段のセックスでは味わえない強烈な快感ということだろう。

 しかしこうした機会って、そうあるものではない。そこまでいかなくても、これに近い興奮を女性は時々味わっている。それは露出だ。女は、男と違って、人前で裸になるだけで興奮してしまうものだ。だからこそ、部分露出や、全裸露出という羞恥プレーが成り立つ。男にも「露出狂」がいなくいはないが、男が見せたいのは、全裸姿というよりは、あくまで勃起したペニスを見せたいだけだ。

 男よりも、女の方がヌード写真を撮られることに抵抗がないのもこのためだ。というか、むしろ女の方が、裸になることにある種の快感を覚える。その延長として、ハメ撮りにも興奮するし、気軽にAVにも出演して、カメラの前で本気でイキまくってしまうのだろう。素人の女性が本気でイキまくっている一方で、男優の方は、プロであれ素人であれ、意外と冷静にセックスという行為をしているものだ。
 こうしてみると、肉体的な快感も女の方が強烈だけど、羞恥プレーなどの精神的な 「快感増幅装置」 も、女の方が格段に効く、ということがいえそうだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 露出と覗き | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: