FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

鞄によるパンチラ

 人の流れについて歩くなら、男どもの後ろよりも、若い女性の後ろの方がいい。特にミニスカート姿だったり、短パン姿だと、きれいでエロい脚を眺めているだけで、なんか得した気分になるしね。時には、スカートが短すぎて、パンチラなんてチャンスもなくはない。特に階段となると、見えそうで見えないのが何ともいえない。この時ばかりは、身長がもっと低ければ、と思ってしまうほどだ。

 ところで、短いスカートの上に、生地が柔らかいと、肩にかけている鞄に持ち上げられて、お尻のあたりまでスカートがめくれ上がることがある。こうなると、長い足だけでなく、後ろ側からのパンチラも拝むことができる。股間のパンチラではないものの、盛り上がったお尻のラインが丸見えとなり、これはこれで男としてはドキドキものだ。しかも片側だけというのがそそられる。当然、男はお尻がよく見えるように、めくられた側の斜め後ろを歩くことになる。

 生足なら、もろにパンティーの生地が見える。数メートル後ろからだと、お尻の肉も盛り上がり方、皮膚の柔らかさ、パンティーの質感まではっきりと見える。さらに近づくとまるで匂いまで嗅げそうな気にすらなる。
 パンストを履いていると、生足の興奮にはかなわないけど、パンスト越しにパンティーまで見えはするので、やはり得した気分にはなる。

 この前、かなり前方を歩く若い女性のお尻が、鞄でめくれ上がっているのに遭遇した。自然と早足になり、数メートルの距離まで近づいた。さらによく見えるようにと、めくれ上がった側から目を凝らす。スポーツで鍛えているのか、スタイルもよく、引き締まった太股から、ぷりぷりのお尻までが丸見えなのだ。しかもそれが動く度に揺れる。太股だけだと、健康的な美しさだけど、お尻の丸みまで見えると、それにエロさが加わって、目が釘付けとなる。肌色のパンストを履いている。それが妙に反射して、生足以上に光り輝いている。

 しかし、彼女の後ろ姿に気がついたのは僕一人ではないし、男の考えることは皆同じだ。早足で歩いていたのに、女の後ろに近づいた途端、ペースダウンしてお尻が見える側にぴたりと着いて歩くのも、見え見えだ。僕は時計を見る振りをして顔を下に向けたりしながらも、視線だけは目の前の脚とお尻に送っていた。このまま、ずっと見ていたい、もっと近づいて、下側から見てみたい。

 そんな衝動に駆られながらも、目の前の盛り上がったお尻を最後に目に焼き付けて、少しず彼女を追い越していくしかなかった。あれだけ盛り上がっているのに、本人は気がつかないのかな、とも思ってしまう。あるいは、近づいて「鞄でお尻が見えてますよ」と声をかけてあげるべきか。でもそんなことを言ったら、自分が見ていたことになるし、後ろの男は「自分だけ楽しんでおいて」などと思うだろうな、などと考えながら、追い越した。信号で止まった時に、さりげなく後ろを振り返って、女性の顔を見た。イメージどおりの健康的な女性だ。わざと露出をしているようには見えない。

 女性の顔を見た後、再び、目に焼き付けていた、めくれ上がったお尻を思い出した。その時、パンストしか見えていなかったことに気がついた! なんかエロいな、と思っていたけど、その理由は、パンストだけで、パンティーが見えなかったのだ! もしや、ノーパン? いや、その確率は少ないだろう。とすると、Tバック? いや、だとすると、なおさらエロいことになる。だけど、タイトな白のパンツでもなく、ただのスカートなのに、Tバックを選ぶかな。ああ、もっと早いくこの事に気がつくべきだったと、他の男の視線を気にして追い越してしまったことを後悔した。

 それにしても、女性はどう思っているのだろうかな。多少は見られてしまうことも意識しているのかな。こんな時に、「見えてますよ」なんて男から言われても、あまり感謝されないかな。かといって、「もしかしてノーパン?」なんて聞いても、怪訝な顔をされるだけだしね。そんなことを考えながら、心ここにあらず、の状態で歩いた数分間だった。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスと女のファッション | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: