FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

「いいものを持っているよね」

 初めてセックスした日に、顔面騎乗クンニでイカせ、すぐさま挿入して、生まれて初めての中イキを体験させてあげたJちゃん。いきなり中イキができたのは、とろけるようなクンニで一度イカされ、感度が上がっていたこともあるけど、やはりペニスの大きさと、感じるポイントを的確に、しかも容赦なくい突きまくるというテクニックも大きかったと思う。

 初めて僕の勃起したペニスを見たときは、「大きいね」 と興味津々で、手でニギニギしてきたほどだ。挿入の段になっても、不安というよりは好奇心の方が強く、濡れた股間を大きく開き、ペニスの挿入を心待ちにしていたほどだった。大きなペニスを受け入れた時の衝撃も相当のもので、たっぷりと濡れていたおかげで、それほど痛がらず、始めから感じまくっていた。

 オナニーはたまにするけど、セックスの経験もあまりなく、「中でイク」 というのがどういうことなのか、今ひとつよくわからなかったという。
 始めてイッタ時も、それまでの経験の中で最高に気持ちよかった、というのは分かったけど、今、イッタんだというのを自覚したのは、すこし時間が経って、僕に指摘されてからだった。股間がビクビクと痙攣し、膣内が間歇的に収縮してペニスを締め付けてきたので、中イキした、という確信が僕にはあった。そのことを告げると、「たぶん、いまイッタと思う」と恥ずかしそうに認めながら、再びぐったりと横たわった。

 一度、イクことを覚えると、もう彼女は僕のペニスで簡単にオーガズムに達するようになった。しかも、一回ごとに感度が上がっていったようで、二回目からは、腰が抜けて起き上がれなくなってしまったほどだった。
 こうなると、もう条件反射のように、僕の勃起したペニスを見るだけで、これからまたこれで腰が抜けてしまうほどイカされてしまうと期待し、股間を濡らすようになった。

 ある時、二人とも全裸で横たわって、まったりとキスしていると、早くも僕のペニスはカチカチに勃起していた。すると彼女は、愛おしそうに、大きな金玉をやさしく包み込んだり、ペニスの棹の部分を根元から亀頭までスリスリと、まるで形をなぞるかのように触りながら、「大きさだけでなく、この形が好き」 とか言ってきた。
 僕のペニスは、使い込んでいる割には (笑)、色もきれいだし、形もグロテスクというよりは、力強いオブジェのようなものだとは自覚していた。しかし、女性の口から 「この形が好き」 と言われたのは初めてで、嬉しくなってしまった。

 その日も、顔面騎乗クンニでイカせたあと、すぐさま正常位で挿入し、座位や駅弁を経て、正常位で同時オーガズムとあいなった。僕の方が先に射精が始まってしまったけど、噴射の度に奧に突き出した腰の動きで、彼女もオーガズムに登り詰め、互いに腰を押しつけ合ったまま、ビクビクと痙攣させながら、二人して果てた。

 彼女はイク時に 「イク」 と予告しないタイプなので、男には分かりにくいけど、イッている間、腰が痙攣するので、慣れればかえって分かりやすい。それにしても腰を痙攣させてオーガズムに浸っている女の股間に、下半身を押さえ込むようにして精液を流し込むのって、男としても興奮するものだ。

 この日も、彼女は、イッタ後、ぐったりとして動けなかった。しばらくして回復してくると、すでに柔らかくなった僕のペニスをみて、しみじみと 「いいものを持っているよね」 と言ってきた。こんなことを女に言われたことはなかった。「いいもの」 か。そうか、逞しいペニスって、女にとっては、自分を夢のような快楽の世界につれていってくれる、「いいもの」 なんだ、と思った。
 逆に男は、よく締まる気持ちいいおまんこの女に対して 「いいものをもっている」 とは言わないね。「名器の持ち主」 と言わなくもないけど、これだって本人に対してはあまり言わない。

 この違いって、おそらく、男のペニスは女の性器と違い、体の外に出ていることと関係していそうだ。さらに興奮すると勃起して、その大きさや形がはっきりとしてくる。こうなると、まさにオブジェだ。さらにその硬さも持続力も、人によってまちまちだ。出る精液の量も、はっきりと目で確認することができる。

 要は、男のペニスって、そのあらゆる性能をはっきりと見ることができるし、さらには数値化できてしまうということだ。もちろん、彼女がイクのはペニスだけの要素ではないと思うけど、「いいものを持っている」 って言われると、努力よりも生まれ持ったものだけで評価されているようで、ちょっと複雑な気持ちがしないでもない。

 でも、イカせた女にしみじみと言われると、女のおまんこに代わって言われたような気がして、金玉から亀頭までがムズムズするような感覚になる。まあ、普通の女性はこんなこと、心の中では思っていても口に出しては言わないだろうね。彼女にしてみれば、生まれて初めてのオーガズムを味あわせてくれたペニスだけに、正直に思ったことを口にしてしまったのだろう。それはそれで女の本音を聞けて面白いけどね。
 それに、「つまらないもの」 と言われるよりは、「いいものを持っている」 と言われた方が、嬉しいことは嬉しいかな。その 「いいもの」 にさらに磨きをかけて、「もっといいもの」 にしていけばいいことだし。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 大きなペニス | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: