FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

一回一回のセックスが一期一会

 何年もセックスを繰り返している女性とのセックスって、女性の感じ方も予想がつくものだ。もちろん、生理の周期や体調によって快感レベルには波があるけど、最低ラインの保障はできる。そして前戯から挿入、体位変換、最後の射精に到るまで、徐々にパターンも決まってくるものだ。快感そのものは決して飽きるものではないけど、どうしてもマンネリ化していくのは避けられない。マンネリ化するのは、体というよりも、セックスに臨む気持ちの持ちようだと思う。

 しかし、実は、同じ女性とセックスを繰り返しても、一度して同じセックスというのはない。毎回が違うのだ。女性の体調、生理の周期、気持ちは毎回、違う。もちろん、相手をする男の側も、同じと言うことではない。それに互いに同じように年も取っていく。

 こうした毎回のセックスでも、そうした微妙な違いを感じ取ることができれば、セックスを繰り返しても飽きることはなく、毎回が新鮮なものとなる。そのためには、相手の気もちを思いやる心のセンサーを常に働かせ、感性を高めてセックスに臨む必要がある。こうした男の心遣いを、女はデリカシーのある男と呼ぶ。

 このことは、大きなペニスを持った男の場合、忘れてはならない。特に久しぶりのセックスだと、どうしても男の側は興奮して、激しく奥まで突きまくってしまうものだ。女性の側も、多少は我慢してくれる。しかし、生理の周期によって、奥まで突かれると痛いという女性の場合、せっかくの久しぶりのセックスが、痛みで台無しとなってしまう。

 同じセックスという行為でも、体外にでているペニスを女性の体に差し込むだけの男と、体の奧深くに男のペニスを受け入れる女とでは、まるでその意味するものが違うのだ。ペニスだけで気持ちよさを感じている男に対し、女は体内にある膣で感じることによって、いわば体の内側から全身で感じているのだ。逆にそれが不快感や痛みとなると、それは全身にいってしまうということだ。

 全身で感じるとろけるような快感か、全身で感じる不快感か。その境は紙一重だ。このことを、男は常に忘れることなく、女とのセックスに臨むべきだ。もっとも、これは自分自身への反省の意味もこめているんだけどね。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: