FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

セックスした直後のペニス

 中出しされた直後のおまんこって、男から見ても、女からみてもイヤらしいものだ。愛液や汗で濡れた股間まわり。そしてぽっかりと口を開けた膣口から、透明度を増した白い精液がだらしなく垂れて、お尻の穴やシーツを濡らしている…………。
 だけど、思うに、中出しした直後のペニスもイラやらしいものだ。ここでは、男の立場から、セックスした直後のペニスについて語ってみたい。

 セックスした直後のペニスって、たとえ生ではなく、コンドームをしていても、それなりにイヤらしい。少し柔らかくなりかけたところで、安全のために抜かれたペニスは、コンドームが抜けない程度の太さと硬さを維持しているが、あきらかに 「一戦を終えた」 という感じの疲労感を漂わせている。勃起に向かう半立ちと、射精後の半立ちとは、やはりベクトルが違うのだ。もっとも、女をさんざんイカせたセックスなら、疲労感の中にも征服感に溢れ、イカせられなかったセックスなら、惨めな敗北感が漂う。

 コンドームの面白いところは、中出しと違って、男の精液と女の愛液とが混ざることなく、はっきりと分ることだ。コンドームの外側にべっとりとまとわりついている女の愛液。女がすごく興奮した時には、精液がもれてしまったのではと心配になるほど、愛液がまとわりつき、それらが垂直になったペニスにそって流れだし、亀頭の先から白い滴となって女のお腹に滴り落ちることすらある。その濡れ具合に恥ずかしがる女と嬉しくなる男。この段階では、まだ精液の匂いはせず、愛液のイヤらしい匂いが辺りに漂う。

 一方、男の現実は、精液だめに溜っている精液に収斂される。精液だめを破りそうなぐらいに溜っている大量の精液に、驚きながらも嬉しくなる女。逆に少ないと、一瞥を与えただけで、黙りこくる女。男にとっての精液の量は、連日のように射精をしない限り、睾丸の精子の製造能力の差でしかないけど、女は男の興奮のバロメーター、ひいては自分への興奮のバロメーターととらえてしまう。
 こうした男女の心理が交差するなか、コンドームを引っ張ると、柔らかくなったペニスが顔を出す。ここで初めて、精液の匂いがプーンと立ちこめる。中出しと違うのは、愛液が混じっていない分だけ、「純」 な濡れ具合とでもいえるかな。精液フェチな女は、ここで半立ち状態のペニスに吸いつき、お掃除フェラの時間となる。

 生の中出しだと、これ以上にエロいものだ。中出しした場合、男も女もすぐにペニスを抜くことはしない。できるだけ長く余韻にひたっていたいので、男はなんとか小さくなるスピードを遅くなるようにし、女も膣を締め付けたりして抜けるのを防ごうとする。ペニスが一定の大きさを維持していれば、精液はペニスで栓をされるので、外にこぼれ出ることはない。
 しかし、ポロンと抜けてしまうほど小さくなると、隙間から精液が知らないうちにこぼれ出し、二人の股間を濡らす。体位によっては、互いのヘアー、そして男のお腹や金玉まで濡らしてしまう。しかも愛液と混ざっているだけに、その量も半端なく、匂いも卑猥だ。

 ついに抜けてしまったペニスは、もう芯もなく、プニュプニュだ。そして棹の根元から亀頭部分まで、精液と愛液とでべっとりと濡れて光っている。亀頭の先からは、精液の残りか、我慢汁の残りがだらしなく糸を引いて垂れてくる。
 激しいセックスであればあるほど、満足したセックスであればあるほど、ペニスの勃起は急速に柔らかくなり、見る影もない。しかし不思議なもので、一定の大きさで止まってしまい、それ以上、小さくなることはない。きっと、亀頭や棹の皮膚に激しいスラストの記憶が残り、それが僅かな刺激となっているのかな。

 こんな状態のペニスを触ってくる女もいる。まあ、女としては、気持ちよくさせてくれたペニスに感謝の気持ちを表わしたいのかな。それとも、単純にかわいく映るのかな。いづれにせよ、男としては、一戦を終えて 「気」 の抜けてしまったペニスでも、女にいじられると、気もちいいものだ。女の中には、ここでお掃除フェラをしてくる女もいるけど、そうした女の心理も分らないでもない。これも度が過ぎるとくすぐったいけど、挨拶程度のお掃除フェラなら、嬉しくなるね。なによりも、精液を嫌がらないということだし、男を気持ちよくさせようという気持ちがありがたい。そうでなくても、濡れたペニスを手でニギニギしてくれるだけでも、嬉しいかな。

 疲れ果ててだらしなく横たわるのは女も男も同じだけど、とりわけ男の股間でペタンと下や横を向いて寝そべっている、精液まみれの柔らかなペニスは、激戦の後を物語るようで、なんとも「気」が抜けているものだ。男としては、すぐに二回戦に行きたいとおもっていても、「もう少し休ませて」という気持ちになる。童貞を卒業したてのころは、こんな情けないペニスを女に見せるのに、抵抗があったが、今は素直に見せるようにしている。

 すると、決まって女の方が柔らかくなったペニスに興味を示す。その頃には、棹の表面の精液も乾き気味となってくる。時にはそれがノリみたいに、パリパリになることもある。そんなフニャチンとニギニギされると、なんとも言えない心地よさがある。勃起前のフニャチンだと、ニギニギして遊ぶ暇もないけど、射精後のフニャチンなら、男もしばし休憩しているので、もってこいだ。そしてキスしながら、こんなことをされると、またムクムクとペニスに芯が通ってくることもある。なので、女性には是非、射精後のイヤらしいペニスを直視して、そのエロさに浸り、一戦を終えたペニスを、手や口でかわいがってもらいたいね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: