FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男に奥まで突っ込まれると(2)

 では、男に膣奥までペニスを突っ込まれる女は、男のこの行為をどう感じているか。短めであれ、大きなペニスであれ、男が奥まで突っ込もうとすると、女としては、自分のおまんこに興奮し、本能のままに動いている男を 「かわいい」 と思うらしい。
 それは、股間を開いて、おまんこを男に提供している女としての、余裕でもあるし、プライドをくすぐられることでもある。

 これは逆のことを考えてみるとよく分かる。せっかく男におまんこを使わせているのに、男が亀頭だけを出し入れしてみたり、奥まで入れることなく、途中で抜いてみたりされたら、「ちょっと、私のおまんこで遊ばないで! もっと真剣にやってよ!」 という気持ちになるだろう。焦らしとしてのプレーならまだ分るけど、あげくのはてに、射精もすることなくペニスを抜かれたら、女としてのプライドも傷つけられてしまう。これなら、超早漏で、挿入直前にお腹の上に射精された方がまだましだ。

 但し、大きなペニスの男の場合は事情が違ってくる。セックスに慣れた女だと、大きなペニスの男に対しては、それなりのデリカシーを求めるのだ。実際、大きなペニスの男は、自分のが大きいというのを自覚しているし、それを奥まで入れたら、痛がる女性がいる、というのも知っている。なので、初めての女性の場合、がむしゃらに奧まで入れようとするのは、デリカシーに欠けるというわけだ。

 女性の方も、大きなペニスをみて、それなりの期待もするけど、「さて、どんな入れ方をしてくるのか、デリカシーはあるのかな」 という気持ちになるらしい。ここで、男が女性の膣に気遣いながら、ゆっくりと挿入してくると、女としても 「合格」 となり、安心して大きなペニスを味わうことができる、と言う訳だ。

 大きなペニスだと、簡単に奥まで届くけど、深すぎても痛がるので、女の表情や反応を見ながら、深さ調整する必要がある。この1センチ単位のデリカシーが、女には伝わるのだ。そして、痛くないようにしながらも、奧の気持ちいいポイントを突いてくれる男に、うれしくなる。だって、これって大切にされている証拠だからだ。
 そして太く、長いペニスをいかし、大きなストロークで快感スポットである膣天井や膣口を擦ってくる。がむしゃらな男もかわいいけど、自分の快感を犠牲にしてでも、女を気持ちよくさせようとする男も、女には別な意味で、かわいく映るものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 腰を振るモード | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: