FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

ただ粘膜の擦れる快感を楽しむスラスト

 ペニスを膣に挿入すると、男は射精に向かって腰を振るだけだ。しかし、セックスに慣れてくると、女をイカせるまで射精を我慢するようになる。そして女をイカせ、男としての仕事を終えると、今度は自分の射精のために腰を振るようになる。このように大きく分けて、男の射精モードは二つのベクトルが共存している。

 しかし、女は、挿入されたら、ひたすらオーガズムを目指す。中にはわざとイクのを我慢する女もいるけど、これとて最後のオーガズムの感度を上げるためであり、イカないようにする女は、一日に何人もの男を相手するフーゾクの女性を除いていない。

 ところが、同じ女性と何年にもわたってセックスを繰り返していると、もうイクのは確実なので、どのタイミングで何回イカせるか、そしてどのタイミングで射精するのか、といったことが問題となってくる。互いに相手の体を知り尽くしているので、相手がこう出れば、こうなるというのが分る。これはこれで毎回、変化があり、面白い。

 しかし、時には、こうした既成概念を取り払ってみるのも楽しいし、新鮮な驚きがあるものだ。それは、挿入しても、女をイカせようとしないことだ。決してイカせないように焦らすわけでもない。ただ粘膜の擦れる快感だけを純粋に楽しむスラストというのがあってもいいと思う。
 体位、姿勢もいろいろと変え、抱き合い、キスをしながら、まったりとした時間を楽しむ。そのまま登り詰めて、オーガズムの達するのもありだ。ただそれは結果であって、目的とはしない。挿入したまま抱き合い、そのまま眠ってしまうのもいい。

 これはじっと結合したまま動かないでいる、いわゆる「ポリネシアンセックス」とは違う。あくまでスラストはする。但し、女をイカせようとするスラスト、射精しようと早いスラストをしないだけだ。言い換えれば、動きのあるポリネシアンセックスと思えばいい。
 挿入してもスラストをするので、基本的にはどんな体位でもいい。しかし、こうしたプレーには、向いた体位というのがある。駅弁や立ちバックなど激しく体力を消耗する体位は長時間続けることができない。
 対面性交でいえば、抱きしめ正常位、抱きしめ座位、男が椅子に腰掛けての座位、抱きしめ女性上位などが、背面性交でいえば、寝バック、横寝バック、背面座位、男が椅子に腰掛けての背面座位などが向いているかな。

 スラストによる粘膜の擦れる快感を味わうわけだから、体位変換はいろいろとした方が楽しい。しかし、一つの体位でじっくりと味わうということもありだ。スラストの種類としては、スローストロークが基本で、ストロークも長い方がいい。あるいは、奥まで入れてグリグリするというのもいい。これだと、男も直ぐには射精しないので、ロングプレーが可能だ。

 もっとも、オーガズムの味を知っている女にしてみれば、こうしたプレーそのものが焦らしになっていることは間違いない。しまいには、女がもどかしくなってきて、早い動きを求めてくるくるが、それでも男はペースを変えない。ただ、女の腰の動きを制止することもしない。
 こうして最後に我慢できなくなってイクのって、それはそれで気持ちいいものだ。それは男の場合も同じだ。激しいスラストの後の射精は豪快に放出する感じだけど、こうしたロングプレーの末に射精するのって、まるで女の体の中に精液をお漏らししてしまうような感覚だ。

 長い助走期間のある快感は、それなりの高みに達するし、またエネルギーも使う。長時間のプレーで疲れてもくるし、そのまま抱き合い、眠りにつくのもいいかな。ゆっくりと登り詰めたピークは、なかなか下がることがない。長く続く快感の余韻も楽しむのが、こうしたプレーの醍醐味かな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (基礎編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: