FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

前触れもなく突き刺す挿入

 挿入のモードというか、やりかたって、いろいろとある。処女を相手にする時みたいに、相手の様子をうかがいながら、ゆっくりとした優しい挿入から、まるで犯すかのように一気に奧まで突き刺すような挿入まで。
 まあ、男としては、相手の女性がもの凄く興奮していて、膣も十分に濡れている場合、あまり遠慮することなく、一気に突き刺すことが多い。あと、自分も我慢汁を亀頭の先から垂らしているような場合、それが潤滑油にもなるしね。それに、興奮している女性には、むしろ一気に突き刺した方が、さらに興奮と快感を高める、ということを知っているからね。

 そうはいっても、実際に挿入する際には、正常位の場合、女の両脚を大きく開き、亀頭の先端を、割れ目の下の方にかすかに小さな口を開いている膣口に押しつけ、互いの粘膜をくっつけて狙いを定めてから、一気に押し込む、というやり方をする。

 四つん這いバックの場合、正常位のように両脚を大きく開くことができないため、膣口は男には見えない。まあ、慣れた男ならお尻の穴のすぐ下に入口があると知っているので、そのあたりに狙いをつけて、押し込んでいく。実際には、クリトリス側から小陰唇の間に亀頭を乗せ、お尻側に這い上がるようにして、亀頭が窪みに達したところで、グイっと押し込む感じかな。

 ちなみに、側位だと、よっぽど女の片脚を高く掲げないと、膣口はよく見えない。よく見ないで押し込むと、お尻の穴にあたったりして、女から「そっちはダメ」と言われてしまうことがあるぐらいだ。

 いずれにせよ、一気に押し込むといっても、亀頭を膣口に接触させるという、ワンクッションがある。時間にしたら数秒だけど、必ずこれをする。一つには、うまく一発で入れられないと、「まさか童貞ではないよね」と、女に笑われそうになるからかな。もう一つは、入口でないところを間違えてペニスを押しつけると、亀頭も痛いし、棹も湾曲して痛い、というのもあるかな。

 ところで、興奮しきって、膣もトロトロに濡れている女性には、さらに興奮する挿入の仕方がある。それは本当に何の前触れもなく、一気に突き刺す入れ方だ。たとえ膣口が小さく開いていなくても、亀頭で膣口の位置を確認することなくね。入れられる女からみたら、まるでそこに穴が開いていることが分っているかのように、硬いペニスを一気に突き刺さされる感じだ。特に四つん這いバックの時にこういう挿入をされたら、ただでさえ犯されている気分になる体位なのに、なおさら「犯され感」が強まる。

 こうした挿入をしたら、一気にペニスの根元まで差し込んであげたいし、大きなストロークで膣奧まで突いてあげたいものだ。スラストのピッチは早くする必要がない。前触れのない乱暴な挿入に、もうMっ気は十分に刺激されているので、大きなストロークをお見舞いするだけで、最初のオーガズムに達するはずだ。その時は、じっと動かないでいてあげて、深いオーガズムの余韻に浸らせてあげることかな。激しい動きは、その後でたっぷりとお見舞いしてあげればいい。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 挿入のテクニック | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: