FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

中折れの理由

 若い時でも、勃起していた途中で、「中折れ」することがある。中折れというのは、途中で勃起したペニスが萎えて、小さくなってしまう現象だ。体調が悪いとき、酔っているとき、極度に緊張している時などに起りやすい。男としては、「勃起不全」に次ぐ悪夢だけど、それは相手をしている女にとっても同じだろう。しかし、一度は立ったわけだから、回復すればいいだけなので、男にとってはまだ何とかなるという思いがあり、致命的ではない。

 中折れが起る一つの原因としては、物理的な刺激が途切れる場合がある。カチカチに立っていたのに、クンニをしている間に、いつの間にか柔らかくなっていることって、よくある。あるいは、フェラをしてもらっていて、金玉を重点的に舐めてもらっていると、棹の勃起が弱くなってしまうこともある。

 中折れは、挿入していて腰を振っている時にすら起る。特にコンドームをしている時って、起りやすい。これはコンドームを着けると、物理的な刺激がほぼ無くなるからだ。膣壁の襞も、熱も、吸い付き具合も、濡れ具合も、全ての情報遮断されてしまう。極端なことを言えば、コンドームをしてしまえば、いくら極薄であっても、どの女の膣に入れようが、ペニスが感じる感覚は、そのメーカーのゴムの感覚で一定している。それでもなんとか射精できるのは、スラストを繰り返していると、ゴムを通してでも圧迫刺激が多少はあるからだ。

 おまけに、コンドームは、勃起しようとするペニスをきつく締め付けてくるしね。これって、勃起を維持していくには、過酷な条件だ。
 これに、セックスしていて女がその気でなかったり、あまり興奮していないと、男も興奮が冷めがちで、途中で萎えてしまうことがある。
 いつの間にか柔らかくなってしまって、ついにはポロンと抜けてしまう。男にとって、これほど情けなく、冷や汗ものはない。それは女も同じで、「私のおまんこが緩いから?」などど、いらぬ心配をしてしまう。
 
 この場合のように、物理的な刺激があっても、中折れしてしまうこともあるのだ。この場合は、明らかに、体調や極度の緊張など、精神的な要素が強いと思う。こうなったら、いくら亀頭を激しく刺激しても、なかなか回復しないものだ。なんとか立たせようとすればするほど焦ってしまい、悪循環となる。こうなったら、放っておいて、リラックスするのが一番だ。柔らかな女の体を抱いてキスをするとか、髪の香りを嗅いでいるとかしていた方がいい。そのうち、またふと立ってくることがある。

 あるいは、Mな男なら、顔面騎乗クンニをさせられたり、お尻の穴を舐めさせられたり、ビンタされたり、さらにはオシッコを飲まされたりすると、触れてもないのにカチカチに勃起することがる。このことからも、勃起には、物理的な刺激だけではなく、精神的な興奮も大きく影響していることが分かる。

 物理的な刺激のあるなしに関係なく、概して、こうした中折れは、ペニスは亀頭への「意識」が途切れると起るようだ。フェラされていて、金玉を舐められている間に、萎えるのも、意識が棹から玉に移動してしまったためだ。
 同様に、完全勃起しているのに、お尻の穴に指を入れられ、前立腺をマッサージされると、多くの男は勃起が萎えてしまう。これは生理的な摂理というよりも、単純に男の意識が気持ちのいい前立腺にいってしまうからだ。脳の指令がペニスに行かなくなってしまう。逆に、亀頭をスリスリと刺激しながら、(それによって男の意識をペニスにも引きつけておいて)前立腺をマッサージすると、ちゃんと勃起を維持できる。

 従って、中折れを防ぐには、物理的な刺激の他に、意識をペニスや亀頭に注ぎ込み続けることだ。言い換えると、ペニス意外のことに、いらぬ意識を分散させないことだ。心配ごとがあったりしたら、とたんに萎えてしまう。このためには、もうスケベな男になりきるしかないね。強制クンニやアナリングス、ビンタ、オシッコ飲みなどで勃起してしまうのは、それだけスケベな世界に没頭できているからだろう。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 勃起のメカニズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: