FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

膣口と肛門の括約筋を動かすにはお尻の筋肉が不可欠

 膣オーガズムを得るには、膣口やお尻の穴を締め付けるように力を入れる必要はなく、この二つの穴の括約筋は逆に弛緩させて、むしろお腹のインナーマッスルを中心に、股間まわりの筋肉に力をいれるといい、と書いた。
 とはいっても、膣口やお尻の穴を締め付ける括約筋は、鍛えておいて悪いことはない。いろいろな応用が効くからだ。例えば、わざと膣口を締め付けてきつくし、男のペニスの挿入を拒むように焦らしたり、入れてからわざと膣口をしめつけて男のペニスへの歓迎の挨拶をしたしもできる。慣れていない男なら、単純に、「締りのいい膣」と 勘違いするだろう。

 あるいは、早く射精させたければ、締め付けておいて激しく腰を動かせば、ポンピングの効果がでて、あっさりと射精させることもできる。このテクはとりわけ女性が主導権を握った女性上位の時に有効だ。プロの女性はそっとこのテクを使って、男の射精のタイミングをコントロールしている。
 このテクは射精後も応用できる。生で挿入し、中出しした後、小さくなりかけるペニスの根元を 「ぐっ」 と締め付けて、血液の逆流を阻止し、少しでも勃起を維持することもできる。もっとも、あまり力を入れすぎると、その圧力で「プルン」押し出してしまうから、力加減が難しいけど。

 この筋肉を鍛えるには、どうしたらいいか? これは簡単で、膣口とお尻の穴は∞の形をした括約筋で被われているので、お尻の穴を 「ギュー」 っとすぼめるようにすると、それに合わせて膣口の筋肉も収縮し、きつくなる。要は、お尻の穴をリズムカルに 「キュキュ」 とすぼめる練習をすればいい。これは電車に乗っていても、人にわからないようにできるので、毎日、10回×5セットぐらい続けていると、かなりの筋肉がついてくる。自分の指を入れながら、締め付けてみると、その効果がはっきりと分かるはずだ。

 強者になると、膣に挿入したバナナを、膣圧でちぎることができるほどだ。男としても、こんなにきつい膣で締め付けられたら、ペニスに痛みを覚えるほどだ。膣口の筋肉をきたえておくと、肛門の筋肉もつくので、排便の時にも有利に働く。くわえて、この筋肉を鍛えるもう一つのメリットは、ここの筋肉を締め付けることができる人は、逆にここの筋肉を意識的に緩めることもできるようになる。中イキにはこの筋肉を緩めることが不可欠なので、ある意味、ここを鍛えることは、中イキにも有利に働くといえそうだ。

 ところで、女性の中には、普段から運動を全くしていないと、この括約筋がほとんど発達していおらず、締め付けることができない女性もいる。こういう女性は、括約筋だけでなく、腹筋やその下のインナーマッスル、さらには太股の筋肉やお尻の筋肉も発達していない人が多い。括約筋を締め付けるには、実は、お腹のインナーマッスルや太股、そしてお尻の筋肉も総動員して動かす必要がある。特にお尻の筋肉は大事で、ここを鍛えると、ヒップアップにもつながるので、お尻の筋肉も同時に鍛えておくのは、体のラインを保つにもいいことだ。

 この括約筋を鍛えるメリットは男にもある。それは射精がせまりきた時に、この筋肉を締め付けると、射精を我慢できるようになることだ。もちろん、あるレベルを超えてしまうと、射精をこらえることはできないけど、その手前なら、なんとかなる。

 この動きは、膣の中に挿入したままじっとしている時にも使える。お尻の穴をすぼめるようにして括約筋を収縮させると、その動きでペニスもピクピクと動くのだ。このかすかな動きを女性は感知できる。なぜって、この時のピクピクという動きは、射精している時のペニスの躍動とよく似ているからだ。なので、括約筋の弛緩と収縮は、射精という現象とも深く結びついていることが分かる。
 思うに、膣でバナナをちぎることができる女性のように、男も括約筋を徹底的に鍛え上げたら、射精そのものの噴射すら、コントロールできるようになるかも知れないね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 女のオーガズムと膣の締め付け | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: