FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

わざと膣内の快感スポットを外す女

 世の中には、いくらセックスしても中イキできない、という悩みを抱えた女性がいる一方で、イカされすぎて、自分が先にダウンしてしまうので、敢えてイカないようにしている女性もいる。
 どうするかというと、男にスラストされている時に、わざと腰の角度を変えて、男のペニスが気持ちいいポイントに当たらないようにするのだ。

 まあ、普通のセックスではこういうことはあまりしない。しかし、相手のペニスが大きくて、快感ポイントを直撃するとか、絶倫な上にテクニシャンであるとか、あるいは若い男で性欲旺盛な場合、まともに相手をしていたら、女の体がもたない、というわけだ。あるいは、プロの女性も時にはこういうことをしているかも知れないね。
 
 ある程度、セックスの経験があり、中イキのできる女性なら、自分の膣内のどこが快感ポイントかは経験的に知っている。快感ポイントが分れば、逆にポイントでない部分も分るというわけだ。
 具体的には、膣の入り口、膣天井、そして子宮口の奧の上側が快感ポイントとなっている。このうち、膣の入り口は、挿入されている限り、避けようがない。まして太いペニスだと、どうしようもない。
 強いて快感を薄めるとすれば、膣口に力を入れないようにすることと思いがちだけど、これって逆に中イキへの近道となるので、逆効果だ。むしろ締め付けた方が、男には快感が増すので、結果的に男の射精も早くなるので、この方が楽だろう。

 膣天井への刺激を和らげるにはどうしたらいいか。正常位の場合、腰を持ち上げ気味にしてペニスが膣の下側、つまりお尻側に当たるようにすればいい。四つん這いバックなら、腰を上げ気味にする。実際、バックで突かれている女性がイキそうになると、無意識のうちに背中を丸めることをする。これも膣天井へのペニスの直撃を避けようとしている動きだ。女性上位なら、女の側からの調整の幅は広がる。要は、お尻側の部分にペニスが当たるようにすればいいわけだ。

 膣奥の快感スポットを外すには、浅めの挿入にすればいい。正常位の場合、腰を引き気味にするのも一つの方法だけど、より確実なのは、両脚の太股を閉じ気味にして男の挿入そのものを 「ブロック」 してしまう方法だ。もっとも、これはどちらかというと、プロの女性が使う手で、男にはフラストレーションが溜るので、あまりお勧めではない。

 より自然なのは、奥まで届かない体位ですることだ。当然、四つん這いバックは避けた方がいい。屈曲位も奧まで届きやすい体位だ。正常位なら女の両脚を閉じると、浅めの挿入となる。寝バックも浅めの挿入だけど、膣天井を直撃するので、快感そのものは強い。ベストは、女性上位になって浅めの挿入をすることかな。

 もっとも、こうした女の裏技が使えるのは、あまり経験のない男に限られる。慣れた男だと、腰の位置をずらす女の意図が分ってしまうので、意地悪をして、こちらも腰の角度を変えて、快感スポットを外さないようにする。
 それにしても、セックスって、お互いに慣れてくると、どちらがより相手に快感を与えているか、どちらが先にイクか、といった駆け引きをしているともいえる。そう、男と女でしているゲームのようなところがある。ただし、普通のゲームと違うのは、男も女も、やっていてもの凄く気持のいいゲーム、ということだ。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: