FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男が膣に求めるもの

 多くの女性は、締りがいい、きつい膣が男を喜ばせる 「名器」 だと思い込んでいる。確かにきつい膣だと、早く射精させられてしまう。早く射精させる膣が名器というなら、きつい膣がいいかもしれないけど、男の本音をいえば、あまりに早く射精してしまっては、射精までの過程を楽しむこともできないので、早く射精させられる膣を求めているわけではない。きつさがいいなら、手コキの方が自在にきつくできるし、お尻の穴だって、きつさでは膣の勝負にならない。

 フェラ、手コキ、膣の3つから一つを選ぶとしたら、普通の男は膣を選ぶ。なぜなら、膣には口や手コキにはない良さがあるからだ。もっといえば、膣でなければ味わえない快感というのがある。
 それは、精神的には、女の急所に生殖器を差し込んで、女の体を好きなようにしているという満足感、征服感だ。しかもそれが力ずくではなく、「快感」 によって女の体を征服している、いうのがいい。肉体的にも、興奮した膣の中って、熱く、ヌルヌルしている。ヒダヒダのざらつきと吸い付くような粘膜も膣でなければ味わえないものだ。

 つまり、膣の中って、きつく締め付けられるから気持いいのではないのだ。熱く、濡れた粘膜でやさしく包み込まれる感触というのは、膣だけがもっているものだ。男はこれだけで十分に気持ちいいし、興奮していれば、スラストしなくても膣内の感触だけで射精することだって出来てしまう。これにスラストの動きが加わると、何倍もの気持よさが生み出される。スラストを繰り返していると射精してしまう、というのが分っていても、気持よさには勝てず、腰が自然と動いてしまう。膣の中にペニスを入れたら最後、あまりの気持よさに、何も考えず、自然と腰が動いてしまう。それが生身の女の膣だ。

 しかもそれが、快感を得るにしたがって無意識のうちに締め付けてきたりする。オーガズムに至ると軽く痙攣をすることもあるし、子宮が降りてくることもある。イクと、女の膣も一段と熱くなる。この熱がペニスには堪らない。
 こんなもの、膣以外には絶対にない。人工のオナニーグッズもかなりの精度になっているようだけど、グッズ側は快感を感じることがないので、快感による変化というか、フィードバックがないのだ。
 そして究極は膣内射精。熱い精液の熱の感触でもってまたイク膣。連続オーガズムを繰り返していると、ペニスを包み込んだまま、イキっぱなし状態となり、最後は膣からの快感で失神までしてしまう。こんなもの、女の膣以外にはこの世に存在しない。

 

スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 女の名器 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: