FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

潔癖性の男

 きれい好き、清潔好きなことはいいことだ。しかし、あまり度が過ぎて、潔癖性までいってしまうと、セックスにおいても、男女間のコミュニケーションがうまくとれなくなることがある。

 女性が、もしかして自分のことを本当に愛してくれていないのでは? とふと疑問に思ってしまう瞬間は、クンニをしてくれないことだろう。してくれたとしても、必ずシャワーを浴びてきれいに洗ったあとでしかしてくれず、しかも義務的にチョロチョロと舐めるだけだったりすると、女としては、寂しさを覚えるみたいだ。
 初体験で相手の男が舐めてこなければ、こんなものだろうと思うだろうけど、以前つきあっていた男が、洗ってもない股間を、むしゃぶりつくように舐め回してくれたりしていたら、自然と比較してしまうものだ。

 潔癖性までいくと、クンニはもちろん、お尻の穴を舐めるなんて、考えもしないだろうね。まあ、これはクンニはするという男でも、お尻の穴だけはちょっと、という男もいるので、お尻の穴まで舐めてくれないから、潔癖性とは言い切れないけどね。

 クンニ好きな男にとっては、洗ってない股間を舐められるなら、すぐ隣のお尻の穴を舐めるのも、それほどの抵抗はない。もちろん、きれいな所ではないというのは、承知のうえだ。でも、好きな女のだと、舐められるのだ。それで女が喜んでくれるのならと、舐めてあげたくなるのだ。これって、やはり一つの愛情表現だろうね。

 クンニが苦手な男だと、セックスの最中に一旦ペニスを抜いて、濡れ濡れの股間を舐め回し、また挿入する、なんてプレーは出来ないし、考えもつかないだろう。さらには、クンニしていて相手の女性が感極まってお漏らしをしたとしても、びっくりして飛び上がってしまうのではないだろうか。僕だったら、吸い付くように、知らんぷりして飲み込んでしまうけどね。
 さらに、自分の精液にも抵抗があるだろうから、中出しした股間を舐めてきれいにしてあげるなんて、超フェチっぽいプレーなんかも、絶対にすることはないだろうね。

 もっとも、逆のこともいえて、あまりに潔癖症の女性も、男からみたらつまらない。洗ってない股間を舐めようとしたら、断固拒否してきたり、おしりの穴も絶対に拒否してきたりされると、興ざめしてしまう。
 そんな女性は、生フェラも苦手だろうし、ましてや口内射精の精液を飲むことなど、決してしないだろう。当然、クンニした直後の唇でキスされるのも、いやがるだろう。

 セックスって、所詮は、体液の交換なんだから、匂いがともなうのは動物として当然だ。だから、相手の匂いや体液を堪能するような、濡れ濡れのセックスが男を興奮させるし、女も興奮するものだ。肉体から出る匂いや体液が汚いものなら、肉体そのものが汚いものとなってしまう。
 清潔好きな男も女も、ことセックスに臨んでは、自分の感覚を解放して、肉体が発散する匂いや体液を堪能したいものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | セックスと男と女(男から) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: