FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

同時オーガズム(2)相手のオーガズムが引き金となって

 完璧な同時オーガズムではないけど、ほぼ同時オーガズムと言っていいパターンがある。それは、どちらかが先にイッてしまうけど、相手のオーガズムが引き金となって、自分もイッテしまうというやつだ。

 一つは女が先にイッテしまい、膣をギューっと締め付けてくるとか、下半身が小刻みに痙攣するといった反応をされると、その興奮が男にも伝わって、あっさりと射精のスイッチが入ってしまい、つられるように男もオーガズムに達するということがある。この場合は、膣の締め付けという肉体的な刺激のほか、精神的なスイッチが果たす役割も大きい。

 女には、自分のオーガズムがスイッチになったというのは分らないだろうけど、男にははっきりと分る。さらには、オーガズムと同時に子宮が 「グワーン」 と降りてきて潮を噴くとか、おしっこをお漏らししてしまうなんてことがあるけど、この場合は、肉体的な刺激が強まるということはないけど、そこまで女も興奮しているんだ、という精神的なスイッチは強烈なものがある。

 もう一つのパターンが、男が先に射精してしまうというものだ。特に生の場合、スキンをつけている時よりも、射精直前のペニスの膨張や熱、そして射精している間のペニスの 「ビクン ビクン」 という躍動を感じ取れる。くわえて中出しの場合、中に出された精液が膣内に広がって 「ボワー」 っと温かくなる感覚は、経験した女性なら堪らないものだ。肉体だけでなく、心までも温かな気もちにされ、女の幸せを感じるという女性は多い。

 なので、たとえ男が先に射精してしまっても、ペニスの躍動や精液が膣内に広がる感覚で女のスイッチが入り、すぐ後を追うように女もオーガズムに達するということがよくある。この場合、女にははっきりとした自覚がもてるものだが、慣れた男だと、自分の射精が相手のオーガズムが引き金になったというのは分るものだ。精液を出し切って腰の動きが止った後に女のオーガズムが訪れるので、この時間差で分かるというわけだ。

 どちらのパターンにしろ、これって、限りなく同時オーガズムに近いし、偶然に双方のタイミングが一致するよりも、より快感レベルも高いと思う。なぜって、セックスって互いのコミュニケーションだけど、相手のオーガズムに同調して自分もイクなんてのは、最高のコミュニケーションだからだ。少なくとも後追いした方は、そのことが分る。なので、こんな時は、一息ついたピロー・トークで、この素敵なシンクロナイズのことを教えてあげたいものだ。オーガズムの時に遡って、その時の絆を改めて感じることができるからだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 同時オーガズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: