FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

膣内の熱とコンドーム

 一人の女性と、生とコンドームを何度か、使い分けていて、お互いに、生の感触とコンドームの着装感とを、比較したことがある。その結果、どうも、女よりも男の方が、コンドームの着装感がつよいようだ。
 
 女は、入れられるなら、熱いペニスの方がいいに決まっているが、別にペニスの熱はいくための必要条件ではない。その証拠に、バイブは別にペニスほど熱くないのに、ガンガンいけちゃう。女の膣は、ペニスの熱ではなく、その大きさ、硬さ、そしてスラストの刺激でいくのだ。ところが、男のペニスは、熱い膣の方が、断然、気持ちいいのだ。いくらきつい摩擦の刺激があったって、冷たければ気持ちよくないし、なかなかいかない。その証拠に、冷たい人工膣の中にいれたって、なかなか射精までいかない。

 ここの男と女の性器の違いがあるようだ。女は興奮すると自分の膣内がすでに熱くなっているので、それ以上に熱いペニスが入ってこない限り、ペニスを「熱い」と感じることはないようである。もちろん、男がものすごく興奮しているときとかは、女性でもペニスを「熱い」と感じることあはるようだ。ところが、ペニスからみると、いくら興奮しても、ペニスは膣内ほど熱くはならない。なぜなら、ペニスの回りは、鬼頭部分を除いて、膣のように粘膜ではないからだ。

 だから、ペニスは熱い膣内に、もの凄く気持ちよさを覚えるのだ。で、コンドームを着けてしまうと、その膣の熱がどうも十分にペニスに伝わらないのだ。これはゴムの宿命かな。スキューバーダイビングのウエットスーツみたいなもので、どんなに薄くしても、熱を遮断してしまうのだ。最近のコンドームは、極薄で、装着感を限りなく少なくしているが、それでも限界がある。一般にはコンドームをつけてしまうと、膣の中のザラザラ感などがきえてしまう、と考えられているが、実は、この熱を伝えない、ということの方が大きなマイナス点ではないだろうか。

 逆に言うと、コンドームを開発するなら、薄さだけでなく、熱を伝える素材の開発が大事なんじゃないかな。オカモトゴムさん、そんなコンドーム、開発してよ! 僕がなんなら開発モニターになってあげるからさ!

 男が女性以上に、生で入れたがるのは、これが理由かもしれないね。気持ちよさが、まるで違うからだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | セックスと熱 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: