FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

大陰唇を舐めるときの姿勢

 大陰唇は、両脚を閉じた状態だと、ぷっくりとしたふくらみでしかなく、物理的に舐めることは難しい。舐めるためには、ある程度広げなければいけない。

 両脚を広げて、大陰唇を最も広くできるのは、女を仰向けに寝かせ、その股間にわって入って、両脚を思い切り広げる姿勢だ。大陰唇をたっぷりと愛撫したかったらこの姿勢が一番だ。

 もう一つの姿勢は、バックだが、うつぶせに寝かせた状態で両脚を広げても、クリトリス側がシーツにおしつけられて、十分には露出できない。

 だが、バックでも、四つん這いにさせると、多少、露出が広がる。しかしこれでもクリトリス側は真下になるので、舐めにくいし、男も首を大きく曲げなければいけないので疲れる。四つん這いの後ろから舐めるのは、あくまで、女に新鮮な感覚、なんか恥ずかしい体位で舐められている、という感覚を与えるための体位といえよう。

 例えば、後ろかいきなしパンティーを膝までおろして舐めはじめると、女は驚くが、気持ちよさにそのまま動けなくなる。この時、さらに意外性をもたせて、大陰唇のみを責める、というのもいいだろう。

 もう一つの姿勢が、仁王立ちの女の股間に潜り込むものである。前からでも後ろからでもできるが、これも男が首を曲げねばならず、長時間は難しい。そのためには、女の片脚をあげさせ、男の肩に乗せると、股間が十分にひらき、舐めやすくなす。これを前からと後ろからと両方やるといいだろう。

 最後の姿勢は、またがりクンニでの大陰唇舐めだが、これは女が気持ちよがって小陰唇を押しつけてくるので、男がむりやり女の体をずらして舐めないと、大陰唇まで舐めるのは難しい。まあ、顔面騎乗位クンニでは、本格的に大陰唇を舐めるのではなく、一つのスパイスというか、バリエーションとして楽しめばよいであろう。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | クンニの体位 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: