FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女の服の脱がせかた

 処女の女性と初めてセックスした時のこと。生まれて初めての体験に、緊張している彼女をやさしく抱きしめては、キスを繰り返し、少しずつ、上着を脱がしにかかった時だった。下着姿になりかけたところで 「私、男の人の前で、裸になったことない」 と震えるような小声で訴えてきたのだ。
 
 セックスするには、互いに全裸にならなければならない。なので、それまであまり意識することなく、女性の服を脱がしてきたけど、処女の女性の口からでた一言に、思わず「はっ」としたものだった。

 そう、セックスは、女性の服を脱がせるところから、もう始まっているのだ。女が誘惑する場合や、SとMの関係でもあない限り、普通は男が脱がせるものだ。 
 もし、女性の方からスルスルと自分で裸になられると、男としては一枚一枚脱がせる楽しみもなくなってしまうし、パンティーの濡れ具合のチェックもできなくなる。それになんだか、「お仕事」 でセックスするみたいで、味気ない。

 セックスの前にシャワーをあびるとなると、どうしても男女とも自分で服を脱ぎがちだ。僕がセックスの前にシャワーを浴びたいとおもわないのは、これが大きな理由かな。
 服を脱がせるのは、男にとってもワクワクする瞬間だし、この間に男は勃起していく。男に服を脱がされると、女性はこれから始まるであろうセックスを想像して、ドキドキするものだ。と同時に女性は、服の脱がされ方に、男の経験や愛情、さらには興奮度などを、冷静に感じ取っている。

 さて、処女の女性とのセックスに話を戻そう。その時にとった僕の行動は、やさしく抱きしめては、キスをし、ゆっくりと脱がせては、まだ抱きしめる、ということを繰り返した。汗ばんだ若い女性の肌が、すでに裸になっていた僕の全身に吸いつくようで、たまらなかったね。そして、「きれいだ………まるで彫刻みたい」 と褒めたのを覚えている。そしてまた抱きしめ、キスをした。
 そしてブラをとり、処女のおっぱいにキスをし、乳首に優しく吸いついた。そのままベッドにお姫様だっこで移動し、横たわる二人の体をシーツで被い、そこで初めてパンティーに手をかけた。

 相手が処女の場合、僕がやったような脱がせかたが、ベストなような気がする。大切な宝物を扱うかのようなデリカシーがポイントだ。
 セックスに慣れてきたら、もう少し、バリエーションをつけてもいいけどね。例えば、キスをし続けながら一枚一枚、脱がしていくとか、後ろから抱きしめながら、一枚一枚、脱がしていくとかね。でも基本は、自然な流れのなかで、気がついたら全裸にされていた、というのがいい。
 
 さらに情況によっては、互いに相手の服を脱がせあうというのもいい。互いに興奮しきっているときは、脱ぎ捨てるようにして全裸になるのもいい。床に散らばった服や下着ほど、激しいエッチを連想させるものはない。あるいは、自分は服を着たまま、相手だけ全裸にしてしまう、というのもエロいものだ。
 時には、途中でもどかしくなって、思わず挿入してしまう、というのもいい。これが本当の 「着衣性交」 のあるべき姿だ。

 さて、脱いだ服はセックスが終わったら、着なければならない。服の脱がせかたにこだわるなら、着せ方にもデリカシーが欲しいね。ブラを付けるのを手伝うとか、パンティーを履かせてあげるとかね。
 自然な流れは、シャワーを浴びた後、タオルで上半身を拭いてあげ、正面に跪いて両脚を拭いてあげたところで、パンティーを履かせてあげることかな。まるで娘にパンツを履かせるパパみたいだけど、これをしてあげると、女は子供心に戻るのか、肩に手をついて甘えてくる。もっとも、履かせ終わる前に股間へのお別れのキスは、実のパパはしないけどね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | セックスと女のファッション | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: