FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

小さくなっているペニスを伸ばした長さが勃起時の長さ

 とある女性が、射精後の小さくなった僕のペニスで遊んでいたときのこと。握ったり、クタクタと振り回したり、引っ張ったりと、興味津々な様子。射精後なので、気持ち良くはないけど、別に不快というわけでもない。どちらかというと、もっといじって欲しい、もっと強めの刺激を加えて遊んで欲しいと思うぐらいだ。

「なんか変な感じ、もっといろいろと好きなようにいじっていいよ」というと、
「痛くないの?」と聞いてくるので、
「全然。もっと思いっきり引っ張っても、痛くないよ」といって亀頭部分を指先でつまんで、引っ張ってもらった。すると、さすがに棹の部分はみるみる細くはなるけど、ペニスは面白いように伸びていく。
「すごーい、こんなに伸びるんだ!」
「まだ伸びるよ、もっと引っ張ってみて」
「痛くないの?」
「大丈夫」
すると、なんと勃起時とほぼ同じ長さ(ちなみに18センチ)まで伸びていくではないか!これは正直、自分でも驚き。但し、太さに関して言うと、海綿体の組織が縦に引っ張られるせいか、細めのサインペンみたいに細くなってしまうけどね。

 男は、勃起しているペニスは快感がともなうので、いろいろといじり廻すけど、小さくなっているペニスをいじることはあまりない。なので、小さくなっているペニスを伸ばした長さが勃起時の長さとほぼ同じである、という事実は自分でも知らなかった。小さい時はペニスの長さも、短くなるものだとばかり思っていた。もちろん、思いっきり引っ張らなければ、ペニスは短いままだけど。

 なんでこんなことが面白いかというと、勃起って、ペニスのどこがどのように大きくなっていくのか、というのを考える上で、ヒントになるからだ。つまり、小さな組織が勃起によって大きくなるのではなく、最大勃起時の大きさから縮こまった組織が、血液の流入によって、本来の大きさに「戻る」のが勃起である、ということが出来るからだ。この理屈でいうと、ペニスの円周も、思いっきり引っ張ってみると、勃起時の最大円周が分るかも知れない。

 こうしてみると、男が、小さい子供の段階から勃起を繰り返しているのは、勃起時の最大の大きさを、成長とともに拡大していく意味があるのかも知れない。まあ、実際には遺伝の要素もあるだろうけど、これが当てはまるとしたら、子供のころからしょっちゅう勃起させていると、大きなペニスに成長するかもね。実際、いつも勃起させている男って、子供でも大人でも、エロいものだし、精子の製造能力も高まりそうだ。

 

スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 男の名器 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: