FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

体の内側に向かう女の性欲

 ペニス、しかもその亀頭部分に快感センサーが集中している男と違って、女の体って、性的な快感を感じる部位が明らかに男よりも多いように思う。上半身ではおっぱいや乳首、下半身ではクリトリスと膣 (膣内も入り口、膣天井、子宮口と3個所もある) という快感センサーが集中している部位がある。まあ、男でも乳首に快感を覚えるタイプはいるけど、射精するほどの快感ではない。
 
 お尻の穴の快感は男女共通だろうけど、これもどちらかというと女の方が快感のレベルが高いような気がする。男も前立腺を直撃すれば射精するほどの快感となるが、そうでなければただの気持ちよさだけだ。ところが女の場合、長い膣という快感センサーと隣り合わせになっているので、膣への間接的刺激という点で、女の方が快感が高くなるのだと思う。

 こうした構造的な違いのせいか、女の場合、オーガズムを求めるプロセスも段階的に上昇していき、オーガズムに達するほど、より体の内側からの深い快感を求めるようになる。男の場合、フェラであれ、手コキであれ、膣内であれ、亀頭への刺激で射精してしまえば、それで終りだ。

 ところが女性の場合、一度、どこからかの快感スポットからオーガズムに達してしまえば、それで満足して終り、という訳にはいかないようだ。例えば、乳首の敏感な女性は乳首への刺激だけでオーガズムに達することができる。しかしそれで終わるかというと、むしろ逆で今後は下半身がムズムズして、触って欲しくなる。実際、乳首への愛撫だけでおまんこは触れてもいないのに濡れ濡れとなる。

 下半身も、クンニや指などで一度オーガズムに達するとそれで満足するかというと、今度は「中に欲しい」となる。指を入れて膣天井を刺激したりして一度イカせると、今度はもっと大きな、本物のオチンチンを入れて欲しくなる。

 大抵の女性はこれで満足するけど、お尻の快感を覚えてしまった女性は、さらにお尻の穴への同時刺激を求める。お尻って、子宮に当たって 「打ち止め」 となる膣と違って、さらに体の奥から湧き出るような深い快感を女にもたらす。オナニーであれば、前と後ろの穴に同時にバイブを挿入するし、複数の男がいれば、二穴同時挿入となる。これって、女にとっては究極の快感だろう。それもそのはず、これって、乳首→クリトリス→膣口→膣天井→子宮口→お尻側からの刺激、という順番で段階的により体の奧深くに進んでいて、その度に快感レベルも上がっていっているからだ。
 
 体の外側に突き出たペニス、しかもその先っぽの亀頭部分に快感センサーが集中している男と比べ、女の快感を感じる部位って、乳首やクリトリスを除いたら、体内の奧深くに潜んでいる。女の快感レベルが男の数倍高い、というのもうなずける話だ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: