FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

互いの股間が解け合う感覚

 長時間、生でセックスをしていると、互いの股間がまるで一つに解け合うかのような感覚になることがある。この場合の長時間とは連続して1時間ぐらい、挿入しっぱなし、というような場合だ。
 男としては、そもそも膣の中に勃起したペニスを生で挿入すると、膣の感触を楽しもうという気持が働くのか、自分のペニスの感覚よりも、ペニスを包み込んでいる膣壁の感触に意識がいく。

 おまけに、男って、長時間、射精せずに勃起したままの状態でいると、勃起している、という感覚が薄くなってくる。ましてや自分でも 「今日はやけに硬いな」 と感じる、絶好調の時だと、なにか異様に硬い棒のようなものが、自分の股間に恒久的についているかのような気がする。そうなると、どんどん硬くなっていくようで、いつまでも射精しそうにないし、たとえ射精したとしても、ずっと硬いままなんじゃないかな、というような錯覚にすらなる。

 こんな感覚になると、射精のタイミングも精神的な余裕が出てくるので、いつでも女をイカせられると、あせってスラストをしたりもしない。女の側でも、大きなペニスがいつも以上にカチカチだと、それだけで興奮するし、オーガズムの期待も高まるので、いつも以上に簡単にイッテしまう。その結果、自然とロングプレーとあいなる。

 こうなると、時間が経てば経つほど、膣内は凄いことになってくる。愛液と我慢汁が混ざり合い、互いの皮膚感覚も分からなくなってくる。もしかしたら、多少の精液も漏らししてしまい、液体に混じっているかもしれない。
 そして何よりも、膣内が異様に熱くなり、とろけそうになる。膣内はもともと粘膜でねっとりとしているものだけど、この熱のおかげで、いつも以上にとろけてしまっている。そんなトロトロの粘膜に、一時間も包み込まれていると、本当にペニスの感覚がなくなってくる。

 これはきっと女性の側も同じだと思う。例えば、腰をゆすってペニスをスラストしたり、中をかき回しても、ペニスが膣内の壁を擦る、というよりは、解け合って一体となった互いの性器が、一緒に揺すられているかのような感覚になる。
 ここまでくると、それほど激しく動かなくても、あるいはじっとしているだけでも、互いに何とも言えない気持ち良さがある。あるいは、互いに動きを求めないのは、射精なんかしなくいていいから、このままの快感が永久に続いてくれればいい、と願っているのかもしれない。

 しかし、現実には、いつか射精の瞬間が訪れる。多くの場合は、女のオーガズムによる膣の締め付けが契機となる。このように互いの性器が解け合っているような状態で射精すると、射精感すら、いつもと違ったものとなる。自分のペニスから射精しているにもかかわらず、何か別なところから二人の性器の間に熱い体液が注ぎ込まれているかのような感覚になる。さらに言えば、女性の方が射精したのではないか、という錯覚すら覚えるほどだ。

 こうした射精をすると、抜くなんて事は考えもつかず、さらに余韻にひたるべく、じっと互いの性器が融合した感覚を楽しむだけだ。男の場合、ペニスそのものの感覚がなくなっているので、ペニスが小さくなっていく感覚すらない。
 射精後も長時間、結合しあったままでいて、ふと気がつくと股間のあたりがべっとりと濡れていて、見ると小さくなったペニスが割れ目から押し出され、シーツに大きなシミをつくっている。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: