FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

立ち正常位

 男女とも直立に立った状態でペニスを膣に挿入して、抱きしめあう体位が可能なんて、若いころは考えもしなかった。同じ体位を、ベッドの上では時たま、することがあるのにね。定着した名前もないようなので、ここで「立ち正常位」とでも名付けておきましょうか。
 さすがにAVでもこの体位はあまり見かけない。もっともその理由は見た目の過激さがなく、結合部分が全く見えないので、絵的にインパクトがないからだろう。おまけに男も激しく腰を振ることができず、動きも全くない体位となってしまうので、見栄えがしない。

 ところが、駅弁をするようになってから、たまに床の上で、駅弁の姿勢から女性に両脚を床に降ろさせてみたことがある。あまりに身長差があると、女性の足が床につかないけど、大抵はなんとかなる。
 すると、案外、ペニスも抜けることなく、しっかりと膣内に収まっている。まあ、駅弁をする時って、男もペニスがカチカチの時しかしないし、そもそもそれなりの長さのペニスでないとしないものだ。
 
 「立ち正常位」のいいところは、密着感だろう。しかも、抱きしめ合ってキスもできる。欠点は、男女とも、姿勢を維持するのに精一杯で、腰を動かせないことだ。歩いて移動するにも、二人三脚みたいに、息を合わせてやって数歩、動けるぐらいだ。なので、長時間は続けられないかもしれない。
 駅弁からこの体位になったのであれば、また女の両脚をヒョイと腕で抱え上げると、もとの駅弁に戻れるので、鏡の前とかに移動したいのであれば、駅弁に戻ってから移動すればいい。

 この体位を鏡の前でしてみると、実に美しい。傍目には、挿入しているようには見えず、ただ全裸で抱き合っているように見える。しかし、挿入されているという事実が、女の気持良さそうな表情や、体全体の緊張感にそれとなく出ている。動けない、という制約が逆に二人を興奮させる。動かせるのは、互いに相手をきつく抱きしめている両手と、激しく吸い合う唇だけだ。
 この体位で射精までもっていくのは難しいけど、はじめからイク寸前の状態にしておいてから、この体位に移行すれば、なんとか射精は可能だ。

 例えば、セックスショーなんかの舞台で、この姿勢で抱き合っている男女が舞台に立つというのもかなりエロいと思う。静かに幕が開けられると、観客は全裸の男女がただ抱き合ってキスしているものと思う。
 ところが、やがて二人がもぞもぞとしながら、皆の目の前でオーガズムを迎えてしまう。それでもまだ抱き合っている二人。「あれ?」という表情の観客らが固唾をのんで見守る中、柔らかくなったペニスが抜け落ち、男の股間の後ろから見え隠れしたかと思うと、精液が糸を引きながら舞台の床に垂れていき、観客はここで挿入されていたこと、そして射精したことを知る。このまま幕を降ろしてもいいし、正面を向いて互いの股間から精液を垂らしながら、挨拶をして立ち去ってもいい。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: