FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

クンニの前戯としてのキス

 クンニは普通、セックスの前戯としてするものだ。互いに興奮している時には、いきなりの挿入というのもありだけど、時間の余裕がある時は、クンニは大切な前戯となる。挿入する前に、クンニでおまんこを唾液や愛液で濡らしておくと、挿入もスムーズとなる。 それに、クンニで一度、イカせておくと、中イキもしやすくなる。また、クンニする男にとっても、その行為自体が興奮するものなので、自分自身へのウオーミング・アップにもなる。

 しかし、クンニする前にも、クンニの前戯があるとは、誰もあまり考えない。だけど、クンニ好きな男としては、長時間のクンニが目的でもあり、必ずしも挿入が最終目的ではない。となるど、クンニの前に前戯をしておきたくなるものだ。
 いきなり舐めるのと、前戯をしておいたのとでは、おまんこの濡れ具合も違うし、小陰唇やクリトリスも勃起してくる。こうなると、感度も上がる。いきなり、おいしいクンニが楽しめる、というわけだ。
 男に例えて言えば、フニャチンのペニスをズボンから取りだして口に含むのもいいけど、パンパンに勃起して我慢汁を垂らしているようなペニスに、フェラをした方が、断然たのしいし、互いに興奮するのと同じだ。

 では、クンニ前の前戯とはどんなことをするのか? それはおまんこがキュンとなるようなこと、全てだ。例えば、デート中に体に触れたり、手をつないだり、といったスキンシップでもいい。食事中のエッチな会話も、その後のクンニやセックスを連想させて、股間を濡らすものだ。

 しかし、一番、女の股間が濡れるのは、なんといってもキスだ。デート中の軽いキスを繰り返してもいいけど、部屋に入って落ち着いてからの、まったりとしたキス以上に、効果的な前戯はない。たっぷりとキスをして、パンティーにシミが出るほど、おまんこを濡らしておくと、その後のクンニはいきなりのハイテンションとなる。こうなると、クンニでの連続オーガズムも簡単だ。
 それになによりも、期待でぐっしょりと濡れた股間って、クンニ好きの男には堪らないご馳走となるので、クンニする男のテンションも上がるというもの。

 クンニの前に前戯をしたなら、クンニの後にも、後戯が必要だ。イカせようとするのではない、あくまでやさしい、キスのような 「アフター・クンニ」 でもいいけど、やはり最も愛情を感じられるのは、抱擁とキスかな。クンニ・オーガズムでぐったりとしている女性を優しく抱きしめ、髪を撫でながら、キスしてあげるのが、一番だ。
 最低でも、10分の前戯、30分のクンニ、そして15分の後戯をしてあげると、女にとっては夢心地のような一時間となる。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | キスのエッセー | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: