FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女にとってセックスは非現実的な世界ほど興奮できる

 男とセックスする時、恥ずかしさから、なかなかセックスに没頭できない女性は多い。まあ、これは男も同じようなものだけど、男の場合、勃起したペニスの挿入を果たすと、あとは気持ち良さにまかせて腰を振るだけなので、最後の射精を迎える頃にはセックスに没頭しているものだ。

 しかし、女性はセックスにおいて基本的に受け身なので、女性の方がセックスにしていても、どこか冷めている部分があり、男のように自動的にセックスに没頭できるわけではない。女が深いオーガズムを得るには、セックスに没頭できることが大前提だが、そのためには、できるだけ現実から遠い世界へ行くことだ。そう、女にとってセックスは、非現実的な世界ほど興奮できるものなのだ。

 現実的な世界とは、日常的なありふれた世界だ。いつもの相手、いつもの寝室と薄暗い照明、いつもの愛撫といつもの体位。そしてスキンの中への射精で終わるセックス。
 これに対し、非現実的な世界とは、近親相姦や不倫などのいけない関係の相手、会ったばかりの男、複数の男とのセックス、玄関や階段、リビングや屋上、さらには野外でのセックス、体位も犯されているような立ちバックや寝バックで責められる。あるいは自分が上になって貪欲に腰を振るセックス。さらには相手を拘束して責めるセックス。イラマチオをされ、口内に射精される。潮噴きもあれば、おしっこプレーまで体験してしまう。

 まあ、この全てを体験したら、もう立派な 「変態」 の仲間入りだけど、そこまでいかなくても、日常とはどこか違う情況がいくつかでもあれば、女は普段の自分の殻を破り、興奮に身を任せてセックスに没頭し、非現実的な世界にしばし足を踏み込むことができる。

 まあ、非現実的な世界であるほどセックスに没頭できるのは、男も同じであるが、やはり女の方がその傾向は強い。それに、興奮しすぎると男は射精が早まるだけで、没頭すればするほどいい、という訳でもない。しかし、オーガズムの快感が男と比べて格段に深く、しかもそれを繰り返して味わうことのできる女にとっては、興奮しすぎる、ということはない。
 まあ、唯一、問題があるとすれば、こういった非日常の興奮するセックスに浸りすぎてしまうと、日常のセックスでは満足できなくなってしまうことかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | セックスと興奮 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: