FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

ペニスが感じる膣の感触 (1)

 女でも、自分や他の女性の膣内に指をいれてみれば、膣内がどんな感じになっているのかは分る。しかし、勃起したペニスが、女性の膣内をどのように感じているかは、男でないと分らない。ここで、男が膣内をどのように感じているのか、男の本音をお教えしよう。

 最初の感触は、挿入する際の膣口の感触だ。これを感じるのは、ペニスの中でも一番敏感な亀頭部分だ。なので、カチカチに勃起していないと、亀頭部分も柔らかいままなので、これは最大限に勃起した状態での話だ。

 締め付け感のある膣口って、小陰唇のあたりではなく、入り口から1~2センチ入ったところにある。亀頭が小陰唇にのめり込んでから、はじめてこの部分に当たる。個人差もあるが、普通は、この部分がちょっときつくなっていて、カチカチのペニスでないと、押し込めない。

 ペニスが大きめだと、なかなか入らない。特に処女の場合は、なおさらで、時には押し戻されそうになるぐらいだ。
 入り口そのものは、別にザラザラしているわけではなく、どちらかというと筋肉質の硬いわっかを押し広げる感じかな。もちろん、柔らかい粘膜を通しての話だけど。

 ここさえ通過すると、膣内にはもうこれ以上、きつく締め付けられるところはない。なので、ここを通過してしまえば、もうこちらのもの、という感じだ。膣口のきつさは、そのままペニスを 「ロック」 する役目にもなるからだ。

 さらにペニスを中に押し込んでいく時も、この膣口の締め付けは棹の部分でずっと感じることができる。膣内は、奧へ入っていっても、全体に緩い。たとえて言えば、大きく膨らます前の風船の中みたいかな。ぴったりとは密着しているけど、押し込めばへこんでいく、という感じだ。

 これも個人差があるけど、膣口付近からはじまって、入り口から数センチの膣内の壁がザラザラしている女性もいる。いわゆる、 「数の子天井」 とか言われるやつだ。実際には、天井部分だけでなく、膣内の下側にもこれが広がっている。これ自体は、じっとしていると別段、気持ちいいわけではない。ただ、動きだすと、ツルツルな膣面よりは格段に刺激が強いので、あっという間に射精してしまうことがある。

 男を直ぐに射精させてしまう膣が名器というなら、これは確かに名器の部類に入る。しかし、刺激が強すぎると、ちょっと動いただけでも射精してしまうので、男としては 「手強い」 相手ともいえる。 このザラザラした部分を敏感に感知できるのは、粘膜である亀頭部分だ。なので、奥深くまで入れてあまりスラストをしなければ、「数の子天井」 であっても長時間、持ちこたえることもできる。逆に、入り口付近までペニスを引いたりすると、また押し込む時にザラザラした部分が凄い刺激となるので、あっという間に射精しそうになる。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: