FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

対面立位

07.23.2016
対面立位

 男女が互いに向かい合った状態で立ちながら、結合する体位で、あまりポピュラーな体位とはいえない。僕もアダルト・ビデオで見たり、自分で実際にしてみて、初めてこんな体位があり、やろうと思えば可能、ということを知った。

 この体位は、肉体の構造からいって、多少の無理のある体位なので、男性が女性よりも背が低かったり、男性のペニスが短く、かつ柔らかめだと、直ぐに抜けてしまうか、挿入そのものが不可能だ。また、女性が大柄だったり、膣の位置が極端に 「下付」 (お尻の穴側に膣が寄っている) でも、不可能だ。

 男女とも肩幅で立ったままだと、いきなり挿入するのはかなり難しい。女もがに股気味になって股間を突き出し、男も中腰になって腰を下から突き立てなければならないからだ。どうしても立った状態から、挿入したければ、女の片脚を膝を折りながら持ち上げて、股間の割れ目を露出させるのが一番だ。
 AVには、よくこの女が片脚を挙げた状態での、変則的な 「対面立位」 が使われている。この方が、結合部も見えやすく、AV的なせいもあろう。強いて名付けるなら 「片脚挙げ対面立位」 とでもなるかな。片脚になると、女の姿勢も不安定になるので、壁際に女の背中を着かせて挿入、スラストすることが多い。

 ところが、これ以外にも流れの中から自然に 「対面立位」 にもっていくいい方法がある。それは座位で結合した状態から、男がベッド脇に移動し、両足を床につける。この状態から立ち上がれば駅弁となるが、そうせずに、ペニスが抜けないように女のお尻を抱き寄せておいて、男が立ちながら、女の両足も床に降ろしていくのだ。

 ペニスが長く、十分に硬ければ、深く挿入した状態で、二人して向かい合いながら立つことができる。但し、激しくというか、あまり腰を振ることはできない。しかし、このやり方のいいとところは、壁際でなくても、 「対面立位」 ができる点にある。
 動きはないものの、全裸で抱き合い、性器を結合させながらキスするというのは、なんとも興奮するシチュエーションだ。それは女も同じで、なによりもこんな体位が可能なんだ、という驚きも加わって、なかなかエロチックだ。横に鏡とかがあると、完璧かな。

 もっとも、ペニスの角度からいって、必ずしも膣内の快感スポットを直撃できないので、この姿勢でイクことは難しい。また、歩いて歩けないこともないけど、かなり遅い歩みとなるし、途中で抜ける可能性もある。

 しばらく 「対面立位」 を楽しんだら、その姿勢から片脚の膝に腕をもっていって持ち上げ、もう片方も同様にして持ち上げて、駅弁にもっていくのがいい。この方が、男の逞しさも強調されるし、男の好きなようにされている、という刺激も加わる。

 駅弁になると、室内を移動するのも自由だし、女の体を上下に揺することもできるし、壁際に女の背中をつけて男が突きまくることもできる。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: