FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

挿入と射精だけは、オスになり、黙って自分のペースでやれ

 セックスの一連の流れの中でも、挿入と射精だけは、男にとってセックスのメインイベントだ。もちろん、挿入は女にとってもそうだけど、射精は男がだけにあるものだ。
 この挿入と射精の主導権をどちらが握るかで、セックス全体の主導権も変わってくる。男がセックスの主導権を握りたかったら、あるいは女に男の本気度、力強さを見せつけたかったら、この二つは男のペースでやることだ。

 この逆のことを考えてみるとよく分かる。女が主導権を握っていると、女性が横たわる男の顔の上に乗って騎乗位クンニをしたら、テコキやフェラで男のペニスをいたぶる。そして、入れたくなったら、自分からまたがって挿入する。
 こうなると、どのタイミングで射精させるかも、女が主導権を握れる。時には射精そのものをさせないことも。

 まあ、真性のM男でもない限り、こうしたケースは希であろうが、女のことに気をかけ過ぎると、挿入のタイミングを逃してしまう、ということがある。女が一番入れて欲しい時に入れず、焦らしているつもりが男女とも冷めてしまう、なんてことがある。
 もちろん、女が十分に興奮し、濡れていることが望ましいが、時には十分に濡れていなくたって、挿入することはありだ。

 要は、男が入れたくなった時に、入れてしまうことた。この点に関しては、男はわがままになっていい。僕なんか、相手がものすごく興奮していて、こっちのペニスも期待でカチカチの絶好調だと、すぐに入れちゃう方かな。
 挿入を5分、10分と遅らせて、愛撫を続けることに、あまり意味はない。それにいつも時間いっぱいのロング・プレーとなるので、早くいれたから早く終わってしまう、というものでもなく、挿入している総時間が長くなるだけの違いだ。女にしたって、限られた時間内なら、一分でも長く性器を結合していたいものだ。それに、キスやおっぱいへの愛撫は、挿入した状態でも、できるからだ。

 男のペースで挿入するメリットは、男が興奮レベルを高いままキープできるので、女に男の興奮が乗り移り、相乗効果があることだ。その方が女もイキやすい。オーガズムを迎えるために必要なのは、総時間ではなく、あくまでハイレベルな興奮だ。

 同様に、射精のタイミングも男が主導権を握るべきだ。射精を我慢して女をイカせようとすることはいい。しかしこれも程度問題だ。我慢に我慢をかさねて、最後、トローリと精液をこぼしたとても、女はあまり喜ばない。
 それよりも、スラストの途中でたまらなくなり、豪快に射精した方が、女も嬉しいし、精神的な満足感がある。少なくとも、男が自分の体で気持ち良くなり、射精までしてくれた、という嬉しさはある。最悪、男が射精までいかないと、自分の体にはそれだけの魅力がないのか、と悲しくすらなってしまう。

 要は、射精のタイミングも、男が射精したい時にすればいいのだ。その方が男にとっても気持ちいい。たとえ女がイカなかったとしても、ちょっと強引に、自分の膣の中に射精されると、その男に征服されたような、ある種の精神的な高揚感があるものなのだ。

 男のペースでやっていることを示す一つの方法は、黙ってやることだ。挿入前に 「入れていい?」 なんて聞くのは野暮もいいところ。男が入れようとしているのは、仕草で女にわかるというもの。射精だって、 「イキそう...」 と言葉で告げなくたって、ラスト・スパートをかけた男の腰の動きで、射精しようとしているのは伝わるものだ。

 もっとも、僕の場合、射精のタイミングはあくまで自分のペースでするけど、射精を決意した時には、言葉で相手の女性に告げるようにしている。相手の女性がもう少しでイキそうという時に、こちらも射精しそうなことを告げると、女性もそれに合せて自分を盛り上げやすいし、相手がすでに何度かイッテいる場合なら、 「最後は同時にいこうね!」 と、声をかける意味になる。但し、一旦言葉で告げた後は、女の体をきつく抱きしめ、ひたすら黙って腰を振るけどね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 挿入のテクニック | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: