FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

床上手な女

 とある女性読者から、 「それなりに女性との経験を積んでいるFPさんにとって、 『床上手な女』 って、どんな女性ですか?」 という質問を受けた。ううん、まだ若い女性だと思うけど、なかなか古風で趣のある言葉を知っているな、というのが最初の印象。

 僕自身、聞いたことはあるけど、あまり使った記憶はない。言葉の本来の意味は、男からみて、一緒に寝て、セックスをして楽しい女、男を喜ばせるテクニックを磨いていて、男に最高の快感を与えてくれる女、というものだ。この場合、必ずしも若くてスタイルがいい女という意味ではなく、あくまでセックスのテクニックの話だ。

 具体的に言うなら、キスやフェラチオがうまいだけでなく、挿入してからも、膣で自在にペニスを締め付けることができ、さらに腰の動きも能動的で、精液を搾り取るような動きができる女、体が柔らかくどんな体位も喜んで受け入れてくれる女、中出ししても精液で汚れたペニスを舐めてきれいにし、また勃起させてくれる女....こんな女だと、男なら何度でもセックスしたくなる。

 言い換えると、今風の 「まぐろ女」 の逆の女だ。セックスに能動的で、男以上に相手を喜ばせるテクニックを磨いている女のことだ。そのせいか、 「床上手」 にはどこかかつての「遊女」のようなプロを感じさせる。

 僕自身の好みでいうと、セックスに能動的な女の方が楽しいことは確かだ。体も柔らかく、いろいろな体位も楽しめて、膣の締め付けや滑らかな腰の動きができ、精液も飲んでくれるような女の方が楽しいことは言うまでもない。

 しかし、男を興奮させるのは、必ずしも女の持っているテクニックではない。一番男が興奮するのは、快感を求めることにオープンになって、身心共に全てを開放している女だ。その結果として、自分の腕の中で、深いオーガズムに何度も達してくれる女って、男としては、抱いていて最高にかわいいと思うし、楽しいものだ。

 オーガズム、とりわけ連続オーガズムを味わっている女って、男には何もしてあげることができない。それでいいのだ。男としては、自分の体で、女にそれほどまでの快感を与えてあげた、ということだけで、十分な満足感があるのだ。

 強いて言えば、それだけの快感を与えてくれた男に対して、感謝の気持ちを素直に表してくれたら嬉しいかな。女の方からキスを求めてきてもいいし、精液で濡れたペニスをきれいにしてくれるだけでも、男としては女の気持ちが伝わって、嬉しくなるものだ。男って、案外、単純だからね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | セックスの技術 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: