FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女性読者との体験談 H さん (1) 処女卒業

 「女性読者からのお誘い H さん 20歳」 で紹介した、H さんとしばらくメールのやりとりをした後、日程の都合がついたところで、会うことに。まだ何の経験もない20歳の処女で、しかも 「会って、膣奥の快感を教えて欲しい」 いうリクエストだったので、こちらも期待と緊張で、会うまではちょっとドキドキ。でも一緒に食事をしているうちに打ち解けてきtた。 といっても彼女の方はずっと緊張しっぱなしだったようだけど。結果として、予想以上に楽しい時を過ごすことができた。

 食事のあと、いよいよラブホテルへ。緊張している彼女。部屋のパネルを選んでエレベーターに乗っている時に、 「そうか、処女ということは、ラブホテルに入るのも初めてかも」 と思って、聞いてみると、「初めて」 とのこと。だいたい、こんな感じだよ、と教えてあげる。
 
 部屋に入って荷物を置くと、彼女の緊張を解くようにそっと抱き寄せ、優しく抱きしめる。顔を僕の胸にあずけながらも、まだドキドキしている彼女の鼓動が伝わってくる。サラサラとした長い髪を手でなぞってあげる。ホテルに入ってから聞くのもなんだけど、ことばで確認をしておきたかった。なにしろ処女を捧げる相手になるわけだからね。
「僕でいいの?」
「はい、お願いします」
これで心置きなく抱ける。なんか互いにふっきれた感じがして、そのままHモードに突入してしまった。顔を上げさせてキスをする。初めはちょっとぎこちない反応だった。
「え? もしかしてキスも生まれて初めて?」
「はい」
そうか。ならばと、最初はやさしくし、徐々にそしてねっとりとしたキスへ。互いのヨダレがこぼれるほど、長時間のディープキスへ。初めてのキスでも、すぐにねっとりとしたキスを返してくる。

 そのままベッドに横たわり、互いに服をきたまま、またキスを続ける。キスしながらも、彼女のブラウスを脱がし、パンツも脱がしていく。僕もスーツをはぎ取るように脱ぎ捨て、互いに下着姿になる。
「暗くして」
やはり初めてだと恥ずかしいのかな。部屋の照明をかなり暗くしてあげる。そしてまた抱き合う。興奮しているのか、彼女の体がやけに熱かった。時間はたっぷりとあるので、焦る必要はない。だけど、間延びしすぎても、最初の興奮が持続しなくなってしまう。
 そのままゆっくりとブラをとり、上半身を舐め回していく。熱いからだ、熱い吐息から伝わってくる彼女の興奮で、僕のペニスも触れられていないのに、トランクスの中で痛いぐらいに勃起している。自分でトランクスを脱ぎ、彼女の手をひいて勃起したペニスを握らせる。
「おっきい...」
おそるおそる握ってくる彼女。
「もっとぐっと握ってみて」
「痛くないの?」
「大丈夫」
「すごい...こんなに硬いんだ...」 その言葉にますます硬くなる。
「好きなように触っていいよ」
彼女にとっては生まれて初めて見る男の生のペニスだけど、すでに勃起していて、しかもこれだけ大きいというのは、相当の衝撃かも。いろいろいじっていて、亀頭部分を触りながら
「でも、先っぽの方はやらかいんだ」 なんて面白い感想をいってくる。

 またキスしたり、バストを舐めながら彼女のショーツに手をかけると、もうびっしょり濡れているのが分かる。一気に脱がして裏返すと、透明な愛液がベットリとついている。匂いを嗅いでも、無臭に近かった。
「いや、はずかしい」
「何いってんの、これからもっと恥ずかしいことするんだから」
と言って、ショーツを枕元に置くと、股間に割って入り、お待ちかねのクンニへ。暗くて彼女の股間がよく見えないけど、それがまた興奮する。メールでは、匂いが気になるとか言っていたけど、シャワーを浴びる前にクンニしたいというサイトの文章を読んでいるせいか、嫌がらずにそのまま舐めさせてくれる。
 間違いなく、彼女にとって生まれて初めてのクンニとなるので、あくまでソフトに、やさしく舐め回すことに。舌を這わすと、すぐにツーンとした女の匂いが鼻にはいり、舌先にも独特の味が走る。やっぱりずっと朝から期待していたのかな、と思うと彼女がいじらしくなってきた。
 さらに舐め回していると、独特の味も舐め取られたせいか、徐々に薄くなってくる。ふいに舌先を、ヌルヌルして小さな口をあけている膣口に差し込むと、凄い反応。やはりこれは相当、気持ちいいようだ。これを繰り返した後、いよいよクリへ。いつもはクリでオナニーしてイケる、ということだったので、挿入前に一度、クンニでイカせてあげようと思っていたけど、緊張しているのか、なかなかイキそうにない。ならばと、また膣口に舌を差し込む。どうも彼女は膣の快感を知っているし、それを期待しているようだった。しばらく彼女の股間と僕の唇がベトベトになるような濃厚なクンニを楽しんだあと、彼女がしてみたい、といっていたフェラをしてもらうことに。

 仰向けになった僕の股間に彼女がすわり、亀頭に舌先をつけてくる。さすがに初めてとあって、やり方が分からないようだ。彼女の指をとってフェラのまねごとをし、亀頭部分の舐め方や、裏筋への舌使いなどを教えてあげる。
「どう?初めてのフェラは?」
「思ったよりも匂わないんだ」
「それはそうだよ、童貞でもないし」
ということで、包茎の真似をし、どうして包茎だとよくないかを教えてあげる。
 まだぎこちないけど、亀頭部分を小さな唇で被われると、さすがにフル勃起してくる。そのリニアな反応に、彼女も嬉しそう。玉の部分を握ることや、袋の舐め方なども教えてあげる。

 再び横たわって抱き合うと、あいかわらず彼女の体が熱い。ずっと興奮状態が続いているようだ。ヌルヌルの股間に指をはわせ、女性がオナニーするときのようにクリを指で挟んで上下に動かしてみる。そのままの勢いで、膣口に指を這わすと、やはり凄い反応。そのまま奥に入れると、今まで以上の声をあげる。Gスポット、膣天井、そして子宮口の奥と、快感スポットを丁寧に教えてあげるかのようになぞっていく。中がじっとりと濡れているのがわかる。このまま指でイカせられるかな、とも思ったが、やはりできればペニスで、という思いがあり、しばらく指で中をほぐすような動作をして、ゆっくりと抜いた。これだけで彼女、ぐったりとして横たわっている。

 そろそろ入れ時かなと思い、スキンを取り出す。最初だけでも生で入れたかったけど、危険日ということで、スキンをつけることに。ペニスも8分立ちぐらいだったので、ちょうど良かった。パンパンに勃起していると、かなり痛がるからだ。
「じゃ、そろそろ、処女と卒業する?」
「はい………」
股間に割って入り、ペニスの先っぽで割れ目を押し開くようにする。自分でも、処女のおまんこに、こんな大きなの入るかな、と思ってしまう。
「最初は痛いかもしれないけど、我慢してね」
「....」
黙ってその瞬間を待っている彼女。ここで躊躇は不要だ。一気にグイグイと押し込む。濡れていたはずなのに、やはりきつい。半分以上、入ったところで
「痛い...痛い...」 の連呼。動きを止めて
「体の力抜いて」 と言うけど、
「痛い...」 の繰り返し。ここで抜くわけにはいかない。それにメールでのやりとりで、 「痛くてもいいから、FP さんの大きなペニスで突いて欲しい」 と言っていたので、彼女も覚悟していたはずだ。

 彼女の痛みが取れるまで、腰を動かさずにじっとしたまま、覆い被さって耳に熱い息を吹きかけたり、耳たぶや耳の穴を舐め回す。これも初めてされたようで、身をよじっている。さらに抱きしめたまま、ねっとりとしたキスをかわす。痛みに耐えながら、しがみついてくる彼女、ねっとりとしたキスに、瞳を閉じて熱くこたえてくる彼女をみていると、堪らなく愛おしく思えた。
「すごい、かわいいよ」
心からの言葉だった。同時に、僕の方の腰も自然と動いてしまう。 少し慣れたところで、膣外に残っていた部分を奥まで入れる。
「痛い..」
「これで全部入ったよ」
「全部、入ったの?」
彼女の手を取って、結合部に導く。少しペニスを抜いて1~2センチほど膣からペニスを出し、棹の部分を彼女に握らせる。
「ほんとだ...」
奥を小刻みに突いてみると、やはり 「痛い」 という。今度は、腰を引いて、 「ニュートラル・トラスト」 になるように角度を調節し、浅めのストロークで、滑るように出し入れしてみる。これだと奥に当たらないので、それほど痛がらない。この動きで、8分立ちだったペニスはカチカチに。
「硬くなっているの分かる?」
「うん...」
再び奥を突くと、今度は先ほどよりは痛がらない。最初は何回も 「痛い...痛い...」 を繰り返していたけど、入れてから10分も経つと、「痛い」 と言わなくなった。それどころか、突くたびに 「あん..あん..」 と声をもらすし、気持ちよさそうにしている。もっとも後で聞くと、まだ 「イタキモ」 の状態だったらしい。このあたりから、僕も彼女が処女だったということを忘れてしまい、いつものように思い切り突きまくってしまった。

 メールで、いろいろな体位でセックスしてみたい、と書いてきたのを思い出し、抱きかかえて、座位へ。上半身を抱きしめると、体が本当に熱い。座位定番の乳首舐めやキスを繰り返しながら、お尻に両手をやって、上下に動かしてあげる。深くまで入るせいか、彼女は無言のまま快感に耐えている感じ。
「どう? これが男と女のセックス...体の中に硬いペニスが入っているのって、どんな感じ?」
「なんか...変な感じ...」
「お腹の中が満たされている感じする?」
「うん...」
そのまま僕が横たわって、女性上位へ。
「これが女性上位」
しかし、これも初めての体位だし、奥深くに入っているせいか、彼女から動くことはできないみたいで、じっとしているだけだ。再び座位を経て、再度、正常位へ。そこで 「パンパン」 と音がするぐらいに激しく打ち付けて、ペニスを最大限に硬くする。座位に戻ってベッド脇に移動し、
「首につかまって」 と言って、そのまま駅弁へ。
「これが駅弁」
「イヤ...恥ずかしい」
部屋の壁に大きな鏡があったので、そこまで歩いて連れて行く。
「ほら、見える?」
「イヤ..恥ずかしい」
しばらく部屋を動き回ったところで、ベッド脇に降ろして、再び正常位へ。この頃には、もう完全に痛みは消えたようだ。

 一旦抜いて、今度はバックへ。小さなお尻に思い切り、腰を打ち付ける。正常位同様、 「パンパン」 という大きな音が響く。どうやら、正常位以上にバックの体位の方が興奮するみたいだ。ベッド脇に移動して、繋がったまま両脚を降ろさせ、立ちバックへ。僕の体も自由になるので、腰をつかまえて、思い切り激しく突きまくる。
「あん..あん..あん..」 と声も凄い。このままイカせられるかな、と頑張るも、イキそうでイカない。あまり続けてもかわいそうなので、一旦抜くことに。

 部屋の中が暖房が効きすぎたせいで、二人とも汗びっしょりに。ペニスを抜いて、エアコンの温度を下げにいく。ベッドに戻ると、彼女、グッタリとなってベッドに横たわっている。ベッドにあがると、彼女の両脚をつかんで股間を開く。彼女、もう終わったのかと思っていたようで、黙ってまだ硬いペニスを膣に押しつけ、再び正常位で挿入する。
「あん...」
なんか、ぐったっりしている女にまた挿入するのって、何人もの男で一人の女を犯しているような感覚になる。彼女にしても同じような感覚かもしれない。「え、まだするの? もう無理...」 という感じかな。それでも激しく突きまくっていると、先ほどのようなよがり声になる。また、 「パンパン」 と音がするほど、激しく突きまくる。しかしイキそうでイカない。20分近くも突きまくっているので、さすがにこちらも汗だくで、彼女もグッタリしている。このまま続けてもイキそうもないので、小休止することに。
 
 彼女は裸のままエビのように丸くなって、ボーっと横たわったまま。僕も息を整えながら、後から抱きしめ、ふたりして激しかった動きの余韻にひたった。
「さっき、立ちバックでやられた時ね...」
「どうだった?」
「なんかオシッコ出そうになっちゃた」
「え、それって、潮じゃないかな?」
「ううん、たぶん、オシッコだとおもう。少し出ちゃったかも」
「そうだったんだ、もう少し続けていれば、オシッコもらしていたかも」
「はずかしいよ」

 落ち着いたところで、彼女の体の向きをこちらに向ける。あいかわらず彼女の体は熱かった。その熱い体を抱きしめてキスをかわしているうちに、まだ射精していなかった僕のペニスは、ムクムクとまた大きくなってしまった。半立ちのペニスの先についていた使いかけのスキンと取り外し、新しいスキンをつけた。
「射精していい?」
「うん」
「どこに出して欲しい?」
「...」
「胸がいい? 中がいい?」
「どこでも...好きなところに出して...」
やっぱり、中がいいかなと思い、スキン越しではあるけど、中に射精することに。
「やっぱり、中に出すね」
彼女の股間に割って入り、カチカチのペニスを押し込んだ。こんどは射精までいくつもりというのを知っているので、彼女も神妙だ。少し時間がたったせいか、中は先ほどのようには濡れてなく、奥まで入れるのに抵抗感があった。でも、
「あん...」 と喉の奥から唸るような声をあげた。
「痛い?」
「ちょっとだけ」
また十分に濡れるまで、ゆっくりとした優しい動きをする。
「あん..あん..」 と色っぽい声がたまらない。
「もう痛くない?」
「大丈夫...」
ねっとりとしたキスをかわしながらも、ゆっくりと腰を振っていたけど、この言葉を聞いてからは、ストロークの幅を大きくする。挿入したときから射精モードに入っているので、ペニスはもうカチカチだ。
「約束どおり、今日は膣でイカせてあげられないみたいだけど、射精していい?」
「うん...」
これを合図に、今度は、射精にむけて腰を動かし始めた。もういつでも射精していいので、ペニスの快感ポイントを彼女の膣の壁や奥に擦り続けた。これは彼女にも気持ちいいはずだ。きつく彼女の体を抱きしめ、大きなストロークのまま、今度はスピードをあげた。僕自身が 「絶頂トラック」 に乗ってしまった。それから1~2分、休むことなく激しく腰を振り続けた。彼女の声も一段と高くなった。
「あっ..うっ..イクよ..」
「うん..」
「あっ.イク...」
もう汗びっしょりの彼女の体をきつく抱きしめたまま、おもいきり、中に射精した。 「ドクン、ドクン」 と数回にわたって精液が流れ出ていくのが分かった。僕の射精を感じ取った彼女は、ペニスの収縮にあわせるかのように、 「あん..あん..あん..」 と何とも言えない声をあげている。やはり、女って、自分の膣内に射精されている瞬間って、何とも言えない気分になるのだろうな。それに彼女の場合は、生まれて初めての体験だしね。
 全てを出しきっても、ペニスはまだ硬いままだった。彼女の上でグッタリとしたまま、息を整えていると、彼女の両手が僕の背中をきつく抱きしめたままでいることに気が付いた。まだ硬いペニスをくわえこんだまま、しがみついてくる彼女が愛おしく思えた。ペニスが柔らかくなるまでの数分間、じっとそのまま抱き合っていた。
 ペニスからスキンが抜けそうになったので、起き上がってスキンを抜き、彼女に見せてあげた。
「みて、こんなに出ちゃった」
「すごい、いっぱい」

 再び横たわった、いろいろと話した。10分ぐらいしたころだろうか。
「なんか、お尻の方がヌルヌルしている...」 と彼女が恥ずかしそうに言う。 「え?」 っと思って、太股を開かせてお尻に指をやると、確かにお尻の穴のまわりがべっとりと、まるでバターでも垂らしたかのようにヌルヌルしている。 (その時は、何で穴の回りまで濡れているのか、不思議だったけど、あとで考えたら、愛液が垂れている時は、お尻を閉じていたから、お尻の穴の周辺まで広がっていったのだろう) 下の方に手をあてると、シーツまでオシッコを漏らしたみたいにびっしょり。お尻から上に指をはわせて割れ目にやると、そこもベトベトに濡れている。
「え? 何でこんなに濡れているの?」
「わなんない....」
一瞬、生理でも始まったのか、それとも中に精液がもれていて、それがこぼれ出たのかとも思った。しかし匂いを嗅いでみると、生理でも精液でもない。こんなこと、自分でも初めて体験したけど、どう考えても、愛液が大量に垂れてきたとしか思えない。射精に向けて挿入したときは、これほどは濡れていなかった。挿入中にこれほどの愛液が出たなら、出し入れしている間に出るはずだし、抜いてからもすぐにこぼれ出るはずだ。
 股間をさわると、股間がもの凄く熱くなっている。興奮している証拠だ。これだけ濡れた股間に、僕も興味がわいてきて、指で中を確認したくなった。スキンを取った時に精液が指についているとまずいので、念のため手を洗ってから、膣の中に指を入れて中をまさぐってみた。指を入れると、中から、まだ愛液が垂れてくる。
「凄い濡れてるよ」
「ここがGスポットね」
「ここが膣天井」
「ここが子宮口ね」
「で、この奥が気持ちいいところ」
はじめは彼女も診察を受ける患者みたいだけど、そのうち、快感に耐えられなくなって、声をあげ出す。

 膣天井がしっとりとしているので、潮を噴きそうな感じがした。そこで二本指で膣奥や膣天井を擦ってみた。とたんに、膣天井から雨漏りしたみたいに、潮が溢れ出してきた、中がビチョビチョになる。 「クチュクチュ」 という音もする。もう少しだ。二本指を揃えて膣天井を激しく刺激していると
「いや..だめ..オシッコ...でちゃう...イヤ....あああ...」 と一段と甲高い声になる。さらに指を動かしていると、 「ビュ ビュ ビュ」 と潮を噴いた。ただ、最初の一滴だけは、彼女がいうようにオシッコぽかった。ちょと黄色っぽかったからだ。しかし、続いて出たのは、明らかに透明で匂いもなかった。確かに、オシッコと潮の関係って、微妙ではある。ベッドのシーツは、先ほどの愛液でベトベトになっていたけど、今度は潮でびしょ濡れになってしまった。
「やだ..オシッコじゃなかった?」
「オシッコじゃないよ、あれが潮だって..」
「そうなの?」
「だって、ほら、オシッコの匂いしないよ」 と濡れた指を鼻に指しだしてあげる。クンクンしながら、
「ホントだ、匂わない..」
いや、イクことはできなかったけど、処女でいきなり潮を噴くとは、僕も驚きだった。
「恥ずかしい...」
「潮を噴いている時って、どんな感じだった?」
「なんか、熱かった」
そう、潮を噴いている時の女性の体って、凄く熱くなるものだ。やはりオシッコではなく、潮だったと確信する。

 潮を噴いてグッタリした彼女と横たわり、また先ほどの、おしりまで愛液が垂れてきたことを話した。
「それにしても、抜いた後にあれだけ濡れる子って、初めての体験だよ」
「私もびっくりした」
「もしかして、抜いた後、なんかエッチなこと考えていなかった?」
「ええ....?」
「処女、卒業しちゃたなとか...」
「うん、ちょっとね...」
「どんなこと?」
「最初に入れられた時のこと...」
「え? 痛かったこと?」
「うん..それがなんかすごくエッチっぽかった...」
「痛いのに、無理矢理いれられちゃった、ってことに興奮しちゃったの?」
「うん...」
「なんだ、もしかして凄いM じゃない?」
「わなんない...でも...いじめられてみたい...」
「まあ、女性は基本的にM なんだけど...」

 これで僕のS っ気に火がついてしまった。ペニスはさっき出したばかりなのに、また硬くなってきてしまった。彼女の体を抱き寄せると、凄く熱い。キスをしたあと、彼女の顔の上に半立ち状態のペニスを持っていく。イラマチオっぽく、彼女の口の中にペニスを押し込んだ。あっという間にカチカチに。すぐに新しいスキンを取り出してつけると、彼女の股間にわって入った。途中の中断もいれると、今日、四回目の挿入だ。
「なに、痛かったのに興奮して、こんなにおまんこ濡らしちゃったんだ...」 と言いながら、黙ってペニスを割れ目にあてがった。今度は、最初からS モード全開だ。そのまま黙って押し込んだ。潮を噴いたせいか、中の愛液が流されてしまったようで、スキン越しにもツルツルした感じがする。本当に痛かったようだ。
「痛い...」
今度は、遠慮なんかしない。そのままいきなり激しい腰使いで突くまくった。
「ィヤン...痛い」
無視して突きまくっていると、すぐに、
「あん..あん..」 というよがり声に。
先ほどの立ちバックで漏らしそうになった、というのを思い出し、一旦抜いて、今度は立ちバックへ。また思い切り突きまくる。

 さすがに一回出したあとなので、すぐに射精しそうにはなかった。まるでレイプしているような激しい腰使いは、男としても何十分も続けられるのではない。こちらの息も上がってきたし、彼女も何回ものセックスでグッタリとしているので、そのまま寝バックに持ち込み、小休止する。息が整ったところで、膣の中で半立ち状態になったペニスをグラインドするように押し込んだ。
 互いにイキそうになかったので、ペニスを抜き、二本の指を入れる。膣天井を激しく擦ると、中はビチョビチョで、潮を噴きそうな感じだ。
「イヤ...イヤ..」 と言いながらも、少し潮を噴いたところで、指を抜いてあげることに。お尻をむけたままグッタリしている彼女をみていると、無性にお尻の穴を舐めてあげたくなった。体を引き寄せ、「お尻を突き出して」 というと、素直にお尻を上げてくる。その間に割って入り、両手を内側から入れて太股を固定して動けないようにすると、手の平でお尻の膨らみをひろげ、お尻の穴をいやらしく舐め回した。
「イヤ..イヤ..」
「と言いながら、どうしてそんなに腰が動いちゃうの?」
「だって...」
「気持ちいい?」
「いいけど、そこは汚いから...」
「もう、舐めちゃっているよ」
「いやん....」
それでも5分ぐらいは、アナルを舐めてあげる。それでもあまりに恥ずかしがるので、体を反転させ、こんどはクンニをしてあげる。クンニでもいいから、とにかく今日、一度イカせてあげたかったからだ。かなりの時間、たっぷりとフルコースのクンニをしてあげたけど、緊張しているせいか、イキそうでイカなかった。再び、小休止。

 そのあと、また二人横たわって、今日一日のことを話したり、サイトにも書いた 「童貞ごっこ」 の真似をしてみたりと、じゃれ合う。
 これだけ互いに恥ずかしいことをしあうと、もう何も隠すこともなかった。彼女は、横たわった僕のペニスに興味津々といった感じで、触りたがっているのが分かる。
「いいよ、好きなように触って」
柔らかいペニスだったけど、彼女に触わられていると、少しずつ硬くなってくる。テコキの仕方を教えてあげているうちに、男のオナニーの話題になった。
「男のオナニーって、見たことある?」
「ない」
「見てみたい?」
ならばと、彼女の前で跪いて、ペニスを擦る真似をしてあげる。ペニスを手の平でぐっと握りしめたまま擦るものだと思っていたらしくて、繊細な男の指使いに感心している。
 あきらかに彼女、目の前のオナニーに興奮している。その興奮が僕にも伝わってきて、本気モードになってしまった。
「射精する瞬間、見てみたい?」
「うん、見てみたい」
テコキで出してもらおうかとも思ったけど、射精をコントロールできる自分の手の方がいいと思い、彼女の目の前で擦ることに。ベッド脇に落ちていた彼女のパンティを拾い上げ、裏返して、匂いを嗅いだ。
「いや..ん..」
「あ..なんかエッチな匂い..」
「やだ、恥ずかしい...」
今度は、裏返して、濡れたクロッチの部分を亀頭に巻き付けて、しごいて見せる。
「いやん...エッチ...」
最後、ベッドに二人して向き合って跪き、彼女の顔を引き寄せて、ねっとりとしたキスをしながら、右手でペニスを激しく擦った。擦っている所は彼女には見えなかったが、僕の手の振動や音で、擦っているのは分かったと思う。
 荒い僕の息で、射精の近いことを知ったようで、彼女もキスされながら、もの凄く興奮しているのが分かる。さらに擦っていると、射精感がこみ上げてくる。唇を離し、彼女の胸にペニスを向けると
「見てて..出るよ...」
「うん.....」
「あ...いく....」
真っ白な精液が勢いよく、彼女の胸に噴射していった。二回目なので、どろっとした太さはなかったけど、かといって水っぽくはなかった。白くて、ネバネバした精子が、5~6回にわけて、飛び出していった。かけられている間、彼女は無言で、射精の瞬間を目の前で見つめていた。
「.....」
彼女の両方のおっぱいに狙いを定めたので、上半身が精液だらけになった。最後の一滴が出たところで、まだ硬い亀頭を左側の乳首になすりつけると
「いやん..」 と体をよじって感じている。
ぐったりとなった僕はそのままベッドに横たわった。
「どうだった?」
「すごい...エッチ...」
「興奮した?」
「うん...」
彼女、上半身に精液をかけられたまま、そのままへなへなとうづくまってしまった。彼女の体の隙間に手を伸ばして、上半身にかけられた精液を彼女の体全体に塗りたくる。
「精液パックだ」
彼女、されるがままで、目も 「とろ~ん」 として、うっとりとなっている。
「どうしたの? 刺激、強すぎた?」
「うん...」
いや、こんな反応をしてくれる子は、射精の瞬間を見せてあげるのも楽しくなる。全身にかけたり、顔射したりしたら、もっとへなへなとなりそうだ。処女で、精液を体にかけられる快感を知ってしまったとは。さらに、中出しされたら、凄いことになりそうだ。

 その後も、また横たわっていろいろと話をしながら、じゃれ合った。ホテルにはいって、すでに4時間近くが過ぎていたけど、まったく飽きない。マッサージのまねごとをしたりして楽しく過ごした。まあ、その話は省略するとして、そろそろと、シャワーを浴びて、服を着たあとのことだ。
 なんか名残おしくて、服を着た上から、ベッドにうつぶせになった彼女の上にのしかかってみた。僕の股間を彼女のおしりに押しつけるように、いやらしくグラインドしてみた。別に勃起しているわけでもないし、直接肌が触れ合っているわけでもなにのに、彼女の反応が凄い。シーツを両手で握りしめて、堪らない、という感じなのだ。
「なに、こんなふうにされるだけで、感じちゃうの?」
「ええ....」
どうやら、根っからのM のようだ。
ならばと、タオルで両手、両脚を縛って、目隠しをしてみると、まんざらでもなさそう。縛ったまま、おっぱいや股間をまさぐると身をよじっている。そのままトランクスを脱いでペニスを彼女の口にもっていくと、 「パクッ」 とくわえこんで、ねちっこいフェラをしてくる。僕も思わすパンティをずらして、シャワーを浴びたばかりのおまんこにむしゃぶりついた。
「なんだ、こんなプレーが好きなんだ....」
「じゃ、今度、縄をもってきて、縛ってやってあげるよ」
「興味あるかな...」
「ロウソクは?」
「ん..ロウソクも経験してみたいかな」
 
 ならばと、レイプごっこのまねごとをしてみる。化粧室にいる彼女を襲い、有無を言わさずベッドに放り投げて、のしかかる、というプレーだ。これがことのほか気に入っている様子。特に、ベッドに放り投げられると、興奮するという。その訳を聞くと、
「これからされることを期待しちゃう」 とのこと。
 何度か化粧室にいる彼女を襲うプレーをしていて、一度、彼女を壁際に向けて押しつけ、後ろ側から僕が腰を振るプレーをしてみた。
「あん..いやん...」
「感じちゃうの?」
「これ...想像していた...」
なんだ、そうなんだ。体に触れてみると、また凄く熱くなっている。本気で感じている証拠だ。

 今日は、彼女が普段、想像していたことのかなりのことが実現したことになる。いや、想像以上の世界だったかもしれない。
「どう? 一気に、処女から大人の女になった気分にならない?」
「うん、すごく..」

 二人とも、名残惜しむように身支度をして、部屋を出た。ホテルの外は、まだ熱い夏が続いていた。




*********************************


その後のH さんからのメール

 今日は楽しかったです。また会う機会があれば、会いたいですね。まだ中に入っている感じがします。気をつけて帰って下さい。

 さっそくPC でサイトを見ました! 素敵なデザインでした(^^) 携帯と違ってすごく見やすかったので、これからはPC で見たいと思います。
 家に帰ってすぐ寝たんですけど、また変な時間に起きちゃいました´`; しかも昨日のセックスを思い出してなかなか寝れなくって…。アソコを触ると少しヒリヒリして、ここにFP さんのペニスが入ったんだと思うとイヤらしい気持ちになっちゃいます。


********************************


 朝立ちしたんですか…。恥ずかしいですけど、昨日のセックスを思い出して朝立ちしたなんて嬉しいです(//∪//) 
 本当に何回も思い出しちゃって大変でした。ずっとイジられてた乳首もアソコもヒリヒリして、その時のことを思い出しちゃって(恥)お尻の方までは濡れなかったですよ~(笑) お尻の方まで濡れるなんて、昨日が初めてだったので、自分でも驚きました。

 FP さんと日が合えば、また会いに行きたいです(^^) 多分、あと10日も立てば生理前でH な気分になります。そうなると常にH な妄想ばかりしちゃって大変なんですけどね(笑) そうですね(^^) 安全日がわかれば生でしてほしいです。
 今日、バイトなんですけど、昨日の激しいセックスのせいか腰がちょっと痛いです´`; ついでに運動不足が祟ったのか、筋肉痛になっちゃいました(笑)



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 12:00 | 女性読者らとの体験談 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: