FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

なぜクンニオーガズムは突然にやってくるのか?

 今まで、いろいろな女性にいろいろなシチュエーションでクンニをしてきたが、つくずく、クンニによるオーガズムって、男からみたら、突然にやってくるものだな、という思いを強くする。このことはすでに「突然にやってくるクンニ・エクスタシー」で書いているが、改めてこのことについて考えてみたい。

 「突然にやってくるクンニ・エクスタシー」での結論は、挿入した場合、いきなり高いレベルの快感からスタートすることになり、スタート地点が高いだけに、オーガズムに至るプロセスも短く、分りやすい。対してクンニの場合、スタート地点が低いため、登り詰めていくスピードもスラストよりは遅く、スピードが遅いということはオーガズムまでの時間がかかる。しばらくは低空飛行が続き、突然に快感曲線が急上昇し、一気に絶頂トラックに乗り、その数秒後には突然のオーガズムがやってくる、というものだった。

 しかしこれでは、なぜクンニオーガズムは突然にやってくるのか?の説明にはなっていない。クンニを始めてもおとなしい反応しかなかった女性が、突然、大きな声を上げてオーガズムに達した時など、よく「どうしてクンニでのオーガズムって、突然にやってくるの?」と聞いたことがある。答えは、「自分でもよく分からない」とのことだった。「クンニされている間は気持ちいいし、イキそうになるのも分るんだけど、いつイクかは、自分でもわからなくて、突然来る感じ」とのこと。

 実は、この点にこそ、クンニオーガズムの秘密、さらには女性のオーガズムの秘密が隠されているのかも知れない。実は、「なぜクンニオーガズムは突然にやってくるのか?」という問自体が、男の視点からなのかもしれない。男のオーガズムの場合、フェラであれ、挿入であれ、射精感のこみ上げというのは男には分る。なので自分で予測可能なのだ。しかも女と違って、男の場合、中学生ぐらいから繰り返しオナニーしているので、慣れたものでよく分るのだ。特に、射精をコントロールする訓練とかの場合、あるいは寸止めオナニーを楽しむ場合、いつ射精しそうなのかが分らなければ、話にならない。

 しかし、女のオーガズムは、射精という物理的な変化を伴わないので、おそらく男とは違った感覚なのだろう。これがフェラとクンニの決定的な違いでもある。それに、男ほど全ての女性がオナニーに耽っているわけでもない。反対に言うと、毎日、オナニーしているような女性は、クンニされていても、きっとイクタイミングが分るようになるんだろうね。

 女性がクンニでイクタイミングが分かりにくいのは、特にクンニしている男の方だと思う。なぜなら、挿入していると、膣の濡れ具合、締り具合、よがり声、全身の反応などで、イキそうなのが分るが、クンニの場合、男が得られる情報は、おまんこしかない。ましてクリを責めている時は、クリだけが情報源となる。もちろん、感じていればヌルヌルになるし、イキそうになるとお腹の筋肉など、下半身がピクピクすることはあるが、ともかく、情報源が限られているのだ。

 もっとも、女性の中にも、クンニした途端、いきなり気持ちよがっている女と、不感症気味の女とがいる。初めから感度のいい女性は、男にとっても、何となくイクタイミングが分ってくる。逆に不感症気味で、無言、無反応な女も、クンニを続けていると、突然、イクことがある。急に大きな叫び声をあげるのでこちらが驚くほどだ。特に予測ができないのは、後者の方だ。

 しかしイキそうな女でも、イカないときはなかなかイカない。例えば、おしっこ我慢している女性の場合、イクとお漏らししそうなので、ぐっと我慢してイカないものだ。恐らく自分の中のスイッチがあるのだろう。
 こうした場合を除けば、イキにくい女性をイカせるコツは、時間を気にせず、「とにかくイクまで舐める」ことかな。「この人、私がイクまで舐め続ける気だ」と女が観念し、体を預けた瞬間に、いきなりイクということがよくあるからだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

舐めている男の顔が見えるM字開脚クンニが好き

 立体的クンニの効き目をクンニの姿勢別に試そうと、M字開脚での立体的クンニでさんざん、イカせた後に、今度は四つん這いになってもらい、バックから同じように立体的クンニを試してみた。こちらの方は、クリへの舌技は思うように出来ないけど、膣口へ舌先を差し込むのは、M字開脚よりもやりやすいというのが確認できた。女性の方も。M字開脚の時に負けないぐらいのあえぎ声を出している。

 そこで、ズバリ、「M字開脚の時と、四つん這いの時と、どっちが気持ちいい?」 と聞いてみた。すると、迷うことなく 「M字開脚の方」 との答え。「えっ……どうして?」 と聞くと、「M字開脚だと、舐めている顔が見えるから」 とのこと。

 いや、正直、この答えは予期していなかった。そうか、女にとっては、クンニのテクだけでなく、視界を含めた、いろいろな要素が快感に影響している、ということを改めて再確認したのだった。

 考えてみれば、男も、フェラしてもらっている時、女の顔が見えた方が興奮する。仰向けに寝ている時、男はしっかりと髪に隠れた女の表情を見ているものだ。時に顔を上げた時の目の表情や、ひょっとこのような窪んだほっぺたなんかもね。仁王立ちでフェラしてもらっている時も、真上から女の頭を見ているし、時々、手をやって髪をほぐしたり、あるいは頭に手をやってイラマっぽくやってみたりする。

 なので、クンニされている女が、同じように男の顔を見ているのも、不思議はない。もしかしたら、女も本当は、男の頭に手を伸ばして、股間に押しつけ、無理やりクンニさせている雰囲気を味わってみたいのかも知れないね。

 一番、よくやるクンニの姿勢は、ベッド脇ににM字開脚で座り、僕が床に跪いて舐めるというやつだ。これだと、男もベッドに乗ってうつぶせに寝る姿勢よりも、舐めている男の顔が見やすいのかもしれない。実際、僕の顔が見えるように、女の背中に枕を置いて、上体を起こすようにしているしね。
 まんぐり返しクンニも、男の顔をじっくりと見ることの出来る姿勢だけど、こちらは、男が攻めている姿勢なので、むしろMっ気が刺激される姿勢かな。

 男の顔が見える姿勢のうち、最も、舐めている男の顔が見えるのは、女が椅子なり、ソファーに座り、男が跪いて股間に割って入るという姿勢だ。これだと、女は見ようとしなくても、股間でおいしそうに自分のおまんこを舐めている男の顔や全身が丸見えとなる。
 しかも、この姿勢だと、男の頭に手をやって股間に引きつけることもできるし、さらには片脚や両脚を男の方に回して、股間に引き寄せることもできる。あるいは、手で頭を押さえ、脚を肩に置いて、男の上半身と頭の両方をロックすることもできる。

 顔面騎乗クンニも、やり方によっては、女のSっ気が刺激されるが、視覚的に最もSっ気を楽しめるのは、椅子やソファーに座った姿勢のクンニといえそうだ。これに、男だけを全裸にして、首輪と目隠しなんかをしたら、なおさらだ。その上で手や脚で男の体を股間に押しつけたら、もうSっ気全開のクンニとなる。




おいしそうに舐められると

 クンニ好きな男は、おまんこを舐めている時、心からおいしいと思いながら舐めているものだ。このことを意識するようになったのは、もう何十年も前のことかな。出会ったばかりの女性の股間に割って入り、シャワーも浴びていないおまんこを舐めていた時のこと。よっぽどおいしそうに舐めていたんだろうね。なかば呆れるように「ねえ、そんなとこ舐めておいしいの?」と聞かれたことがある。その時、「うん、おいしいよ!」と、舐めながら答えたのが、初めておまんこの「おいしさ」を意識した瞬間だった。

 その後も、おいしそうおに舐めているのは変わりないけど、多少の進展があった。それは、僕がM役となり、女性にクンニの奉仕をしている時に、僕の方から言葉責めをお願いするようになった。
「ねえ、『私のおまんこ、おいしい?』って、聞いて」
大抵の女性は、恥ずかしそうに小声で
「私のおまんこ、おいしい?」と聞いてくる。
僕はおまんこにむしゃぶりつきながらも、モグモグと
「うん、おい…しい」と答える。中には、「ほんと?」とか「おかしいよ……」という女性もいるけど、大多数の女性は、言葉には出さないけど、嬉しそうにしている。

 で、この前、いつものようにおいしそうに舐めながら、この言葉責めをお願いした時のこと。恥ずかしそうに
「私のおまんこ、おいしい?」と聞いてくるので
「うん、めっちゃおいしい!」とちょっと大げさに答え、むしゃぶりついた。
「おいしいんだ……」
「○○ちゃんのおまんこだったら、何時間でも舐めていたいな……」
「それやばいよ」
「ねえ、本当においしそうに舐めているの分かる?」
「うん、分るよ」
「分るんだ」
「おいしそうに舐めてくれて、すごく嬉しい………」との答えが返ってきた。

 これには僕も少し、感動してしまった。今まで、この言葉責めって、何回もしてきたけど、女性の口から「おいしそうに舐めてくれて、嬉しい」という言葉を直接聞いたことがなかったからだ。そうか、やっぱり女性は、男がイヤイヤ舐めているのか、本当においしそうに舐めているのかが分るし、おいしそうに舐められると、女として嬉しいものなんだ、というのが再確認できた。

 クンニで女性を気持ちよくさせるには、テクニックも大事だけど、心から嬉しいと思わせるには、おいしそうおに舐めるのが一番、ということだ。今まで、クンニしてきた女性は、言葉にこそださなかったけど、皆、女として嬉しく思ってくれたんだと思うと、これまでにクンニしてきた女性らのことが思い出されるね。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: