FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

中出し後の柔らかくなったペニスを握ってくる女

 生で中出しした直後って、男も女もじっとして動かないものだ。女は、オーガズムの余韻と中出しされた嬉しさに浸っていて、幸せな気分に満たされている。男も、射精の快楽の脱力感と、中出しした満足感に浸りながら、まだ硬いペニスの感覚やヌルヌルの膣の中の感覚に意識を向けている。

 やがて、時間の経過とともに、無慈悲にも膣の中のペニスは柔らかくなり、抜けないようにと女が入れる膣口の圧力によって、「ヌルン」 と抜けてしまう。柔らかく小さくなったペニスは、大量の精液や愛液を道連れに、膣の外に押し出されてしまう。これが普通のパターンだと思う。

 ところが、中出しを終えてじっとしているペニスの根元部分を、なんと手を伸ばして握ってくる女がいる。初めは、硬さを確認したいのかなとも思ったが、硬さは膣内の感覚でわからなくもない。また、中出しされたことは、何も手を持っていかなくても分かることだ。
 結合部は、当然、精液と愛液でヌルヌルだから、女の手の指もヌルヌルとなる。それを嫌がらずに、ニギニギしてくるのだ。そしてヌルヌルの半立ち状態のペニスを軽くつかんで、前後に動かしてくる。決して「もう抜いて」という意味ではない。なぜなら、握ったあとに挿入を求めるような仕草をしてくるからだ。

 こんなことをされた男はまずいないので、最初は驚くし、女の意図もよく分からない。しかし、濡れたペニスをニギニギされると、何とも言えないエッチな気分になる。中出し後のペニスがどうなっているか、精液でべっとりとなっているか、確認したがっているのかな、とも思う。しかも、握ったまま挿入を求めてくると、もしかして 「抜かず二発」 を求めているのかな、とも思う。

 とにかく、この動作をされると、男としては、新鮮な興奮を覚えるものだ。たとえ小さくなりかけたペニスが、これによっても復活せず、ついにはポロンと抜けてしまったとしても、女の手で握られたまま、その過程の全てを体験するというのは、なんとも卑猥な感じがする。

 その時の感情は、なんてスケベな女なんだろう、なんてペニスが好きな女なんだろう、と思い、女が限りなく愛おしく、かわいく思えてくるものだ。処女でこんな動きはまず、しない。だから、ある程度、セックスの経験のある女でないと、してこない動きだけど、それだけに、男としても、女の積極性に答えてあげたい、とよりスケベ心も増すというものだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
セクシーな腰の動き

 ユーチューブなんかで、セクシーダンスの動画を見ていると、一口にセクシーダンスといっても、ピンキリだな、と思ってしまう。意外とつまらないのが、海外のもので、たとえプロのダンスであっても、ワンパターンですぐに見飽きてしまうね。ましてや、素人の女性のダンスときたら、もう見てられないのもある。

 その点、日本女性のセクシーダンスって、なかなかのレベルにいっているね。ビデオ化もされているし、ネットでも流れている。特に、全裸ではなく、マイクロビキニの女性が、オイルを垂らしながら、ユーロビートにあわせて腰をクネクネするやつって、初めて見た時には、思わずパンツを降ろして、勃起したペニスをその場でしごいてしまったほど、色っぽかった。

 まあ、古典的なセクシーダンスといえば、フラダンスやベリーダンスがある。あれはあれで完成された世界があって、素晴らしいと思う。フラダンスならまだいいけど、小さな店で、目の前でベリーダンスのショーなんかが始まると、ホント、目のやり場に困ってしまうほどだ。
 女性はどう思うか知らないけど、あれを見ている男は、自分のペニスを膣でくわえられた状態で、女性にあんなふうに腰を振られたら堪らないな、なんてことを想像しながら見ているものだ。

 とことで、谷村奈南の 「ジャングル・ダンス」 や 「セクシー・セニョリータ」 を見ていたら、いや、その洗練されたダンスに驚きましたね。これまでの、いわゆるセクシーダンスとは、まったく一線を画する、セクシーさがある。それまでのが、いかにワンパターンで、野暮で、つまらないか、その訳が分かるというものだ。

 この魅力は何処にあるのだろうと、何度も繰り返し再生してみた。よくみると、ただ腰をクネクネさせたり、回転させているだけではない。腰の振りや回転に、緩急があるのだ。加速度的な変化とでも言おうか、わざとゆっくりと回していたかと思うと、急に「キュッ」 と回転速度を速める。この緩急が堪らない。

 セクシーダンスが醸し出すイヤラシさとは、ペニスを膣に飲み込んだうえで、膣口をしめつけて抜けないようにし、男をいたぶるように、腰をふったり、回転させたりする動きをイメージさせるところにある。
 その時、男としては、ゆるい動きに焦らされている時に、急に「キュッ」と回転速度を速められると、堪らないものだ。これを何回かやられると、この瞬間に射精しそうになる。いやいや、一度でいいから、谷村奈南に上に乗ってもらい、ペニスをくわえこんだまま、あの腰の動きをしてもらいたいものだ。
 騎乗位の好きな女性の皆様、是非、ビデオをチェックして、あの動きを研究してくださいな。男を虜にすること、間違いありませんから。

 で、思ったんだけど、この緩急をつけた腰の動きって、男の腰の振り方にも言えるのではないかな。例えば、奥深くまで突くにしても、同じスピードで突くのではなく、最初はゆっくり、奥にいくに従って、加速度的に早くするとか、逆に最初はゆっくりと抜いて、最後にキュッと抜くとかね。10センチのストロークだけど、この微妙なスピードの変化は、女性にも分かるはずだ。あるいは、「の」の字を書くような腰の回転でも、同じスピードで一回転するのではなく、途中で変化をつけるとかね。
 女性にばかり求めないで、男としても、ビデオを見て、腰の動かしかたの参考にしたいものだ。




    posted at 12:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
男がムラっとくる女のポーズ

 ヌード写真にしても、実際の生身の女にしても、どこかそそられるポーズというのがある。これは裸体を描く絵画や、彫刻などとはまったく違う。これは男であれば、年齢や文化を超えて、共通しているものだと思う。
 
 代表的なポーズは、正面を向いたものではなんといってもM字開脚が定番だろう。これはパンティーをはいていても、おおいにそそられる。後姿ではお尻を突き出した立ち姿や、四つん這いが定番だ。
 仰向けに寝ている姿では、全裸であれば、脚を閉じていてもそそられるが、脚は開けば開くほど、ムラっとくる。両脚をやや開き気味にして、腰を30センチぐらい上にせり上げている姿もたまらない。うつぶせも同様で、脚を開くほどそそられるし、腰を上にあげていくと、限りなく四つん這いに近くなる。横向きに寝ていても、天上側の片脚を伸ばすなり折るなりして持ち上げ、股間を見せる姿もいい。
 うずくまっている後姿もそそられる。どちらかというとお尻を地面につけずにしゃがんでいるのもいいし、うさぎのように横たわっている姿もいい。

 発情させることを目的としたヌードでは、きまってこうしたポーズか、その変型がとられる。逆に芸術的な絵画や彫刻では、こんなポーズはとれない。駅におりたら、ロータリーの彫刻で、全裸の少女がM字開脚していたり、おしりを突き上げた四つん這いでいたりしたら、大変なことになってしまう。もっともそんな彫刻群が駅前ロータリーがにあったら、行ってみたいけどね。

 さて、なぜこれらのポーズがそそられるかというと、ある共通していることがある。それは、男からみて 「挿入可能な体位」 ということだ。M字はそのままおしたおせば、正常位だし、四つん這いもすぐにバックで入れられる。両脚をすこし開き気味にしていれば、仰向けでもうつぶせでも、上におおいかぶされば、あとは挿入はそう難しくない。女が腰を上にせり上げた姿は、男が跪いた状態でペニスの位置に膣がくる姿勢だ。うずくまっている姿も実は男からみたら無防備で、そのまま後から抱きつけば、挿入は簡単だ。
 
 おそらく男としては、女の 「入れてもいいよ」 というサインをしっかりと受け取り、その女に挿入する自分を想像して、興奮するのだと思う。女の表情が色っぽかったりすると、「お願い、入れて!」 というサインとなる。

 だから、女性としても、男を誘惑したかったら、さりげなく、こうした姿勢をとるといいだろう。言葉で 「して」 と言えなくても、ちょっとしたポーズでその思いを伝えることはできるものだ。もっとも、クンニ好きの僕としては、これらのポーズは、クンニしやすいポーズでもある。特にM字開脚や四つん這いは、挿入もするけど、その前に、一舐めしたくなるポーズでもある。





    posted at 12:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
口内射精後の精液の飲み方

 口内射精の精液の飲み方って、普通は、口の中に精液を溜めておいて、最後に「ゴクリ」と飲むことが多いと思う。AVなんかもそんな飲み方をしているし、僕の今までの経験でも、そのように飲まれたのを記憶している。
 ところが、もう一つの飲み方があることを知った。とある女性とセックスした際に意外な展開になってしまったのだ。彼女からは、事前に、「今度会う時、○○さんの精液飲みたい」と言われていたので、互いにそのつもりでいた。僕の方も、彼女のために精液をたっぷりと溜ていたし、彼女の方も、挿入されながらも、いつ精液を飲ましてもらえるのか、ずっと期待していたと思う。だから、互いに満を持しての口内射精だった。

 射精めがけてスラストしている間、安全をとってスキンをつけてもよかったが、瞬間に外すのも不自然だし、初めての飲精でゴム臭い匂いがしてはかわいそうなので、生で挿入した。精液はやはり出したてが一番おししいと思うからだ。

 そして生で挿入しながら、射精感がこみ上げてきた。ついにその時がきた。安全日ではなかったので、少し早めに抜いて起き上がろうとすると、彼女も待ってましたとばかり、上半身を起こして口を開けながら、愛液でテカテカにぬれたペニスをパクリとくわえてきた。
 こみ上げてきた射精感をきらさないように、彼女の口の中にペニスの前半分を差し込みながら、残った棹の部分を必死にしごいた。
「いくよ!」
「...んっぐ」とくわえたまま頷く彼女。
 溜めていただけに、大量の精液が長い真綿の糸のように、切れ目なく尿道を通過している感覚があった。
 当初は、「お口をあけてアーン」をした状態で、舌の上や口の中に精液を出してあげよう、と考えていた。たけど、やはり瞬間は無意識のうちに奥に入れたくなる。ペニスが5センチぐらい彼女の口の中に入ったところで、勢いよく最初の噴射が始まった。
 自分でもびっくりするぐらいの、大量の精液が4~5回に渡って噴射した。全てを出し切ったところで、急に彼女がむせこんだ。かわいそうになってまだ硬いペニスを抜くと、ペニスの回りには精液がついていなく、きれいなままだ。咳き込む彼女の口から精液がこぼれ出ることもなく、口の中には一滴の精液も残っていなかった。
「え? 全部、飲んじゃったの?」
彼女は咳き込みながらも、うなずく。
 
 あとで聞いたら、口の中に溜めてまとめて飲もうと思ったけど、喉の奥にすごい勢いで大量の精液が流し込まれてきたので、飲み込むしかなかったという。
 自分としては、ペニスの先っぽだけいれたつもりだったけど、よく考えたら、18センチもあるので、先だけ入れたつもりでも、彼女の喉の奥まで入り込んでしまっていたのだ。
 しかも、なんとか一回目の多量の精液を飲み込んだ次の瞬間、また次の噴射がはじまり、精液の味や匂いを味わう暇もなく、次から次へと飲みこむしかなかった、という。噴射は4~5回続いたので、これを彼女は4~5回、続けたことになる。そしてついにむせこんでしまったというわけだ。

 初めての「精液飲み」の経験だったのに、彼女にとっては、イラマチオに近く、喉の入り口のところに勢いよく噴射されてしまったわけだ。
「どんな味がした?」
「いきなり喉を通過したので、よく味わっている暇がなかったけれど、思っていたよりも苦くはなかった」
「そう、精液って甘い時もあるよ」
「そうなんですか」 

 その夜、彼女から「精液を飲んだってことにもの凄く興奮して、家に帰ったからまたオナニーしちゃいました」というメールが届いた。男としては嬉しいね。
 返信で、彼女の飲み方が、イラマチオというやつで、どちらかというと上級者向けのマニアックな飲み方であったことを教えてあげた。
「こんどは、お口をあけてアーンというので、飲んでみたいです」
「また飲んでくれるの?」
「うん、飲ませてください」

 初めての口内射精で、精液を飲むことの精神的、肉体的な興奮を知ってしまった女性は、その後も、当たり前のように口内に射精された精液を飲むようになるようだ。なにごとも、最初が肝心かな。それにしても彼女、いきなりのマニアックな飲み方が「原体験」としてインプットされちゃったかも。




    posted at 12:00 | 男を虜にする女の仕草 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: