FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

イッテいる間に腰を振り続けられると

 ペニスで女をイカせると、男としては、二つの選択肢がある。一つは、そこで腰の動きを止めて、女がオーガズムの快感に集中できるようにしてあげる。もう一つは、あえて腰の動きを止めず、腰を振り続けてあげることだ。

 普通は、女がイッタところで、腰の動きをとめることが多い。男にとって、女の膣オーガズムというのは、やはり神秘的であり、腰の動きを止めてじっくりと女の体がどうなるのか、観察してみたい、という気持もある。
 激しかったよがり声もピタリとやみ、口をパクパクさせて顔を左右に振るイキ顔もじっくりと見てみたい。そして痙攣する下半身。中には、エビぞりにのけぞる女もいる。子宮が下がってくるのか、膣がギューと収縮し、硬いペニスを押し出してしまうことすらある。同時に、潮を噴いたり、おしっこを漏らしたりする女もいる。そして、イッタあと、間歇的に膣が軽く痙攣し、中のペニスをやさしく包み込む。深くイッタ証拠だ。

 腰の動きを止めないと、こうした微妙な女体の変化はよくわからない。もう一つ、男が腰の動きを止めるのは、女をイカせるために、自分も射精覚悟で激しく動いており、登り詰めた射精感を静める意味もある。時には、女のオーガズムによる膣の締め付けなどで、腰の動きをとめても、思わず射精してしまうことすらある。そうして、女の体力が回復したところで、またおもむろに腰を動かし、二回目のオーガズムへと導くわけだ。

 女がイッタのが分かっても、敢えて腰を振り続けるのは、「イキっぱなし状態」 に持っていってみたい、という衝動があるからだ。男にしてみれば、イッタあとも腰を振り続けていると、女も苦しそうな声を出し続けているので、オーガズムが持続しているかのようにみえるものだ。

 しかし、これが必ずしもそうとはいえない。敢えて腰を動かし続けた後、女性にその時のことを聞いてみると、イッタ直後も腰を振り続けられると、凶と出る場合もあれば、吉とでる場合もあるという。
 つまり、そのままイキっぱなしというか、快感が持続する場合もなくはないが、多くは、快感がじゃまされて 「お願い、動きを止めて!」 となるようだ。気が散って、せっかくのオーガズムに集中できない。つまり、凶と出ることが多いということだ。

 まあ、男としては、凶と出ようが、「賭」 に出てみたい気持になるものだ。多くの女性に共通していることは、一回のセックスで何度もイカされた場合、実は最初のオーガズムが一番、気持いいという。なので、最初のオーガズムの時だけは、男も腰の動きを止めて、じっくりと女にその深い快感を味あわせてあげたいものだ。

 女がイッテも敢えて腰の動きを止めないというのは、何回かイカせた後、男が射精する時のスラストでやるといい。女が先にイッテも、男がまだであれば、女は突き続けられても、「快感地獄」 に耐えてくれるものだ。自分がイッタというのを男も分かっているけど、射精に向けてラストスパートをかけているんだ、というのが分かるからだ。
 このタイミングだと、イキ疲れてはいるけど、意識も朦朧としてきており、限りなくイキっぱなし状態にもっていける可能性も高い。うまくすれば、女がイキ続けるなかで、究極の同時オーガズムを体験できるかもしれないしね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 女の連続オーガズム | CM(0)
何度もイッて敏感になった女の体

 男の体って、何度も射精を繰り返すと、それだけ疲れが溜まっていき、最後は勃起もしなくなってぐったりとなってしまう。快感が増すと言うよりは、ペニスにある種の痛みすら覚える。
 ところが、女の体はそうではない。もちろん、経験や、体質、体調にもよるけど、女の体って、一度イクと、より敏感になるものだ。クリトリスや乳首がそのいい例で、イッた直後に触れると、ピクンとなる。経験が浅い女性だと、くすぐったさを覚えるかもしれない。

 一度のオーガズムでもこうなるぐらいだから、さらに深いオーガズムに達したり、何度も連続してオーガズムを迎えたりすると、全身の皮膚感度がさらに敏感となり、もう一段、上の世界へと上り詰めることがある。いわば、全身が性感帯となる。こうなると、もう体の何処を触られても、軽いオーガズムに達してしまうほどで、軽いイキっぱなし状態となる。

 実際、こういうステージを経験した女性の口からは、「まるで体中がクリトリスになったかのように、全身が性感帯となって」という喩えが聞かれる。
 こうなると、もう体に触れられただけで、また舐め回されるだけで、とろけるような感覚に繰り返し襲われるようだ。胸や乳首はもちろんのこと、背中やお尻なんかに触れられただけでもピクピクとなってしまう。当然、またペニスが欲しくてたまらなくなる。

 膣も普段の何倍も敏感になっているので、硬いペニスの先端が入っただけで体に電流が走るような感じとなる。それがゆっくりと中を押し広げるように入ってくる感覚は、普段の挿入とは別ものらしい。普段は大人しい女性でも、無意識のうちにペニスを迎え入れようと、自然と腰が動いてしまうほどだ。そして膣が軽く痙攣しながらキュンキュンとなる。
 これだけ膣内も敏感になっていると、もうどうスラストされようが、どこを突かれようが、頭の中が真っ白となって、何度も何度もオーガズムの波に襲われ、最後はイキっぱなし状態となる。喩えて言うなら、全身が膣になったような感覚らしい。イキっぱなし状態がさらに続くと、失神してしまうことすらある。

 こういうセックスって、相手をする男にとっても、ある種、神秘的な経験だ。その興奮は男にとっても半端じゃない。女の興奮が男にも乗り移り、男も何度目かの射精を終えて、ぐったりと横たわる。それでも女の体の震えはとまらず、皮膚の快感感度もピークの状態が維持されている。こうなると、女の腰も抜けてしまって起き上がることもできない。
 こんな時は、敏感になった女の全身をやさしく包み込むように抱きしめ、体の震えが収まるまで、やさしいキスをしてあげるのがいい。




    posted at 12:00 | 女の連続オーガズム | CM(0)
女の快感レベルは「温度計方式」

 今まで、女性の腰が抜けてしまうような連続オーガズムを何度か味あわせてあげた経験からいうと、女性がオーガズムに達するには、短い時間で十分だ、ということだ。言い換えると、長い時間をかければそれだけ深いオーガズムに達するというように、快感と時間は比例していない、ということだ。たっぷりと全身を愛撫するとか、クンニをするというのは、時間のある時にはいいけど、だからといって、連続オーガズムに到るとは限らない。

 これまで女性に連続オーガズムを与えたセックスを振り返ってみると、全体でも60分ほど、挿入してからは20分も経っていないで、連続オーガズムに達している。但し、共通しているのは、どの場合も女性が性的に興奮状態にあったことだ。というか、僕が女性を興奮状態にしたということだけどね。

 女性の快感曲線が、愛撫やセックスの時間と比例しないとなると、女性の快感レベルって、どのような仕組みなっているのだろうか? どうも女性の快感って、「押し上げ方式」になっているようだ。効果的な愛撫やセックスのスラストで、あるレベルまで上がると、しばらくはそのレベルに留まっている。さらに効果的な刺激を送ると、さらにレベルが上がっていく。そして飽和点に達すると、絶頂トラックにのる。あとは、オーガズムまで一息だ。

 例えて言うと、女性の快感レベルは、温度計の如く、一本の棒グラフみたいなもので、これを飽和点まで上げていく感じだ。つまり、円グラフみたいに、総量を埋めていけば、快感が上がる、という性質のものではない。ただ時間をかけて愛撫やスラストの量を増やしても、オーガズムに達しないのはこのためだ。

 注意しないといけないのは、一度上がった快感レベルは、しばらくはその高さを維持しているけど、ほっておくと、どんどん下がっていってしまうことだ。時間にしたら、10秒ぐらいから下がり始め、30秒ぐらいでその前のレベルに戻ってしまうようだ。

 だから、男は、次々と、効果的な愛撫やスラストをし続け、女性の快感レベルを上げ続けていかなければならない。連続オーガズムに導くには、男は休んでいる暇などない。女性も、登り続ける快感レベルに耐えられるのは10~20分がいいところで、飽和点に達してしまう。それ以上の時間をかけても女性がイカないとしたら、快感レベルが並行のまま漂っているだけで、これが長時間続くと、疲れるだけだ。当然、男もこんな長時間、激しいスラストをしたら、クタクタになってしまう。

 だから女性に連続オーガズムを与えたければ、早めに女性の快感レベルをあげ、挿入して数分で絶頂トラックに乗せてしまうことだ。これだと、女も男も体力が残っているので、その後、20分ほどの間に、何度もオーガズムを連続して味わうことが出来るのだ。
 早めに絶頂トラックに乗せる方法は、ほかのところでも書いているが、挿入前にクンニで一度イカせておく、挿入後、ペニスを入れたまま指でクリトリスを愛撫する、などいろいろと方法がある。

 クンニでのオーガズムなしで、早めに絶頂トラックに乗せる方法としては、「直角正常位」で挿入したら、ペニスが膣に馴染み、中で愛液が溢れ出したころを見計らって、「寝たままロディオ」をするのもいい。これで一気に快感レベルが上昇する。そうしたら、「直角正常位」に戻して、すぐさま(10秒以内に!)激しいスラストをする。すると数分で絶頂トラックに乗ることが多い。一度のせてしまえば、あとは面白いようにイカせ続けることができる。





    posted at 12:00 | 女の連続オーガズム | CM(0)
女性の連続オーガズムの2タイプ

 男性のオーガズムと比べ、女性が連続してオーガズムを迎えることが出来るのは、間違いない。これを経験したことのない女性は、単に経験していないだけで、肉体的にはすべての女性が可能だと思う。
 こればかりは、男の僕には体験出来ない世界であり、あくまで女性の反応や、体験した女性の話から推測するしかないが、どうも連続オーガズムを迎えた時の女性には、大別して、二つのタイプがあるようだ。

 一つ目のタイプは、一度イクと、体にスイッチが入ったかのようになり、快感が止まらなくなり、長時間イキ続けることの出来る女性だ。この感、快感の大小には波があるが、とにかくずっと快感が持続するらしい。いわゆる、「イキっぱなし状態」になる。
 この状態になると、段々に気持ち良さも上昇していくようで、これが限界まで達すると、最後は失神に至るようだ。

 もう一つのタイプは、一度イクと、快感のレベルは上がったままだが、二回目、三回目とオーガズムが続くごとに、徐々に気持ちよくなると言うよりは、逆に、辛くなってくる、という女性だ。男としては、終わりの方のオーガズムの方が気持ちいいのかな、と思ってしまうが、後で聞くと、こういうタイプの女性は、一回目が一番気持ちよくて、二回目以降は、惰性というか、一回目を超えるような快感ではないという。

 確かに今までの経験でも、女性には、この二つのタイプがあるようだ。まあ、ほとんどの女性は、連続オーガズムを味わったことなどないので、自分がどのタイプなのかは分からないと思う。それに、この二つのタイプは、男との相性もあるし、オーガズムの質(深さ)にもよるし、その日の体調も影響する。
 概して、疲れを知らずに、イキ続けることのできる女性は、どちらかというと豊満で、体力のある女性に多いようだ。もちろん、経験も豊富で、セックスにも貪欲な女性に多いようだ。こういう女性は、自分で自分の快感をコントロールできるような人が多い。

 逆に、一回のオーガズムでグッタリしてしまい、「連続なんてとても」という女性は、普段はなかなかイキにくいけど、一旦イクとなると、もの凄く深いオーガズムを得るタイプのようだ。こういうタイプの女性の場合、あまり無理をして何度もいかせるよりは、一回でいいから焦らしに焦らして、もの凄く深いオーガズムを与えてあげた方がいいかも知れない。男としても、これはこれで楽しいものだ。
 
 一方、連続してイケる女性というのは、もしかしたら、一回のオーガズムの質がどちらかというと軽めなのかも知れない。だからこそ、連続してイケるというのもあるかもしれない。
 こういう女性も、男としては抱いていて楽しいし、「オレって、そんなに凄いの?」なんて自信がついてしまうほどだ。もっとも、こういう女性とのセックスに慣れてくると、オレのペニスやテクが凄いのではなくて、感度がやたらといい女なんだ、というのが分かってはくる。まあ、それが分かっても、やはりこういう女性とのセックスは楽しいけどね。
 
 考えてみれば、この2タイプは男にもあって、耐えに耐えて、一回でドバーっと全ての精液を出し切り、グッタリしてしまう男と、「ピッ」と何度でも射精を繰り返すことが出来る男がいるようだ。僕は前者の方なので、後者の気持ちは分からないけど、おそらく一回の射精の快感のレベルは、やはり軽めなのではないかな、と思ってしまう。
 もっともこれは男女とも、つきつめれば、脳の快感中枢の感じ方の差かもしれない。脳が一回のオーガズムで十分に満足するほどの快感を覚えると、しばらくは次の快感を欲しいとは思わない。ところが、軽めの快感だと、「もっと、もっと」と、次のオーガズムを体が求めるのだろう。
 どちらがいいかは、好みの問題だが、快感の総量としては、どちらも同じではないかな、と思う。 




    posted at 12:00 | 女の連続オーガズム | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: