FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

男女のオーガズムの本質的な差異

 男のオーガズムって、端的に言えば、精液がペニスの中の尿道を通過する時の気持ち良さだ。そして初めての精通は、体の成長とともに自然に訪れるものだ。多くは、手などの物理的な刺激によって精通が起る。年齢的には小学生高学年から中学生にかけてなので、ほとんどの男は初体験前に精通をすませることになる。そして、一度でもその快感を味わってしまうと、男はオナニストになっていく。

 つまり、男のオーガズムである射精は、何も膣内でしなくても、どこに出そうが十分に気持ちのいいものなのだ。夢精がまさにそうで、パンツの中に射精するだけでも、身震いするほど気持いい。もちろん、男としては、まだ見ぬ膣への挿入と射精を夢見るものだけど、じっさいに膣内に射精してみても、オナニーの何倍も気持ちがいいわけではない。膣内への射精は、物理的な快感よりも、むしろ精神的な満足感の方が高いかな。

 要するに、男のオーガズムというのは、子孫を残すための精液を男の体外に放出する行為で得られるのだ。理想は膣内への放出だけど、そうでなくても、強烈な快感はある。オナニーによる膣外への精液の放出は、生殖行為という点では、いわば「無駄打ち」になる。しかし、精液は大量に生産されるので、これぐらい、無駄ではないのだ。むしろ、本番にむけての予行演習、日々の訓練のようなものだ。

 では、女のオーガズムはどうか? これが男ほど単純ではないのだ。女も少女の頃からふとしたきっかけで性的な快感を覚えるようになる。その開始年齢は早い場合は幼稚園から、遅い場合は中学・高校ぐらいかな。精通年齢がほぼ同じ男に比べると、女のオナニー開始年齢には個人差が大きいと言うことだ。
 中には初潮前に性的な快感を知ってしまう女性もいる。男の精通が生殖行為と直結していることと比べると、女の中には生殖行為が可能となる何年も前から、性的な快感の存在を知ってしまう女性がいるということになる。

 もっとも、この時の快感はクリトリスへの刺激によってもたらされるものだ。なので厳密にいうと、初潮を迎えているか否かにかかわらず、クリから得られる快感って、生殖とは関係ないことになる。なぜならペニスの挿入がなくてもクリへの刺激だけでオーガズムを迎えることができてしまうからだ。この快感を知ると、女もオナニストになっていく。

 そしてセックスをするようになり、クリイキとは違う、膣イキという世界を知ると、女の快感レベルは一気に別次元となっていく。連続オーガズムやイキっぱなし状態というのは、膣イキで初めて味わえる世界だからだ。
 膣イキの快感は、普通は男のペニスの挿入によって得られるものだけど、実は膣イキと射精とは直接結びつかない。つまり、膣内射精は膣イキのための必要条件ではないのだ。女は射精を伴わない挿入でもイケる。バイブでイケるのがそのいい例だ。極言すれば、膣イキすら、女にとっては必ずしも生殖行為と結びつかないことがあるということだ。スキンをつけたペニスでも女はイケてしまうのだ。ちなみに、アナルセックスって、まったく生殖とは無関係な行為だけど、それでも男女とも深い快感がある。神様はなんでこんなところにも、快感のプレゼントをしたんだろうなと思う。

 しかし、一度でも中出しを経験してしまうと、女にとってのより深いオーガズムは、生の挿入と中出しのセックスにあることを知る。つまり、男に膣奧に射精されることによって、より深いオーガズムを得ることができる、ということを知る。この段階になって初めて、女のオーガズムも生殖行為と結びついてくることになる。
 男も中出しするとなると、妊娠のことが頭をよぎるが、小作りセックスでもない限り、妊娠させることを意識して生挿入、中出しをする男はいない。男は射精の快感を味わうために膣に入れるだけだ。そして生の方が格段に気持ちいいので、生で入れたがる。その結果、中出しとなるだけだ。

 女の体もペニスを膣に入れられると気持ちよくなるようにできている。しかも生で入れられ、中出しされるとさらなる快感の世界が待っている。しかし、その結果というか、代償として射精され、妊娠の可能性が生まれる。ある意味、無責任になりえる男と違い、女にとって快楽と生殖とが結びついてくるのは宿命的でもある。
 女が男以上にセックスに慎重になる訳はここにあるし、逆に、その 「危険な味」 を知ると、のめり込むのも女だ。世の中には妊娠のリスクを快感に変換する女がいる。男にも、妊娠させる興奮がなくはないけど、自分の体でその結果を確認することはできない。あくまで女の言葉を信じるしかないので、妊娠するか否かの緊張感は、女の方が何倍も上だ。

このように、女の快感レベルって、段階的なのだ。このステップを一歩一歩、踏んだ女だけが、深い 「女の悦び」 を知ることが出来るのだ。男にはこうした段階がないのだ。精通したら、あとは精液が出なくなるまで、無駄打ちを含めて、精液を体外に放出するだけだ。そして射精の快感も、射精を繰り返すことによって感度が上がっていくどころか、むしろ低下すらしていく。

 男女ともに、究極的には、生殖行為によって得られるオーガズムだけど、男と女ではこのように、快楽の覚え方も段階も違うのだ。こうした男女の差は大きな意味を持っている。生殖行為と快楽とが密接に結びついているのは女だと思いがちだけど、実は逆なのだ。男は精通とともに快楽の世界を知るが、精液が出なくなると、オーガズムを得ることもできなくなる。つまり男の快楽は最初から最後まで、生殖行為と結びついているのだ。

 しかし女は、生殖行為とオーガズムとが分離しているのだ。ペニスを受け入れなくてもクリによりオーガズムを得ることができるし、それは初潮前でも可能なのだ。そして閉経後でも、クリによるオーガズムを得ることが可能だし、ペニスを受け入れてもオーガズムを得ることもできる。「女は灰になるまで女だ」 とは、よく言ったものだと思う。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | オーガズムの本質 | CM(0)
オーガズムに至る脳内スイッチ(1)

 僕は脳科学者ではないので、これはあくまで体験に基づく推測だけど、男女とも、オーガズムに至るためには、どうも 「脳内スイッチ」 のようなものがあるように思う。
 なんでこのようなことを考えるとかというと、医学書を読んでいると、排尿や排便のしくみも、実は 「脳内スイッチ」 が最後の決定的な仕事をしているからだ。

 膀胱におしっこがたまったからといって、垂れ流ししていてはこまってしまう。そこで、排尿するまでには、複雑なプロセスがあって、最後は脳内のスイッチがオンになって排尿に至るようにできている。具体的には、おしっこが溜ると、膀胱の壁を押し広げる刺激が脳に伝わり、尿意を感じ、排尿を迎える指令が脳から出される。トイレに入るなど、排尿が可能になると、脳からのコンロールがなくなり、排尿反射によって膀胱の平滑筋が収縮し、内尿道括約筋が緩み、外尿道括約筋を解放して排尿が行われる。

 排便の場合も、大腸の結腸の内容物が肛門の手前の直腸に送り込まれると、直腸の壁が圧迫をうけてその刺激が脳に伝わり、便意を感じる。直腸壁の平滑筋が緩んで便を押し出そうとするけど、外肛門括約筋が反射的に収縮するので、それだけでは排便は起こらない。トイレに入るなどして、排便の準備が整うと、脳からの指令により、外肛門括約筋が緩み、実際の排便が行われるのだ。

 このように、脳への刺激は体の部位からだけど、最終的なスイッチは脳からの指令による。どうも男女のオーガズムにも、こうしたシステムになっているのではないかな、と思う。普通に生活していて、自らの意思に反して突然にオーガズムに襲われるようでは、不便でしかたないからだ。

 では、オーガズムに脳内スイッチがあるとしたら、どのようにしてこの指令が出されるのか。これは、どうも射精をともなう男と女では、微妙にスイッチの入り方が違うような気がする。
 男の場合、射精に向けてのメイン・スイッチは、勃起したことによって自動的に入ってしまうような気がする。夢精している時って、必ず勃起しているし、オーガズムは突然にやってくる。まあ、大抵はエッチな夢を見ていることが多いけど、本人にとっては、予告なしに突然にやってくる感覚だ。このように、男の射精は、基本的に勃起していなければ、起こらない。

 希に、寸止めオナニーをしていて、射精しそうになったところで、気持を静め、勃起もおさまって、またオナニーを再開しようとペニスに刺激をしているうちに、フニャチン状態でも、思わず射精してしまうことがある。勢いよくは出ないので、あまり気持よくはないが、射精は射精だ。これも、脳内スイッチがいつ射精していいようにすでに入っているから起こる現象だろう。なので、勃起していなくても射精は起こるが、それはその前に射精するほどの勃起状態であった、という条件がつく。まったくのフニャチン状態から、いきなり射精することはない。

 これが男のオーガズムが誰にでも保障されている理由かな。オスにこうしたオーガズムの保障を与えているのは、種族の維持にとって、交尾と確実な射精は不可欠だからだろう。
 セックスに慣れてくると、このメインスイッチを切ることはできないが(勃起している限り切ることはできない。完全に切りたければ、抜いて勃起を静めるしかない)、射精のタイミングを少しでも遅らせることはできる。それは、脳に 「まだ射精しちゃだめだぞ」 と指令を送り続けることによって可能となる。
 
 これって、おしっこが溜って脳が尿意を感じ、トイレまでたどり着いたけど、混んでいてまだ使えない時、脳からの指示で緩んでしまった内尿道括約筋は仕方ないにしても、なんとか外尿道括約筋を締め付けて我慢している状態に近い。慣れてくると、数分は堰き止められるが、限界を超えると、お漏らししてしまう。我慢に我慢を重ねた射精も、まさにこんな感じだ。気持ちいいというよりは、ほっとするという感じかな。

 反対に、余裕で我慢していたのに、何らかの追加スイッチが入ってしまい、突然に射精してしまう、なんてこともある。たとえば、女性が急にオーガズムを迎え、膣が痙攣してしまうとか、あるいはキスしていて唇の粘膜からの快感が脳に伝わってしまった時などがそれに当たる。枕元の女のパンティーの匂いを嗅いだ瞬間にも、匂い物質からの脳内の追加スイッチが入ってしまうことがある。
 我慢に我慢を重ねた、予定どおりの射精よりも、こうした突然のオーガズムって、実はもの凄く気持のいいものだ。女性も同様で、自分のペースとは別に、突然のスイッチでイクのって、強烈な快感となる。




    posted at 00:00 | オーガズムの本質 | CM(0)
オーガズムに至る脳内スイッチ(2)

 では、女性のオーガズムの脳内スイッチはどうなっているのか? 基本的には、男の勃起と同じで、性的に興奮し、乳首や小陰唇、クリトリスが肥大し、膣内も濡れていることがメインスイッチとなると思う。このスイッチは自分でも入れることができるし(オナニーの時)、男に入れられてしまうこともある。
 しかし、男と女の違いは、ここから先にある。物理的にペニスを刺激され続けるだけで、あっさりと射精というオーガズムに達することができる男にとっては、射精までの時間を少し長く遅らせるか、早めるかぐらいの選択肢しかない。

 ところが、女性は違う。ここから先の個人差が大きいのだ。男のように、メインスイッチが入ってしまうと、物理的な刺激だけであっさりとオーガズムに達してしまう女性もいれば、いくら刺激を続けても、なかなか中イキできない女性もいる。この違いはどうして生じるのか?

 一つ考えられるのは、肉体的には入ったかに見えたメインスイッチが、実はちゃんと入ってない、ということだ。しかも、女性の場合、男の勃起のように、これを目で確認することは難しい。
 このスイッチは、肉体からの刺激が発端だけど、しっかりとスイッチを入れるのは、あくまで脳だ。この脳からの指令が今ひとつ、弱いということが考えられる。セックスに対する罪悪感のようなものがあり、スイッチを完全に入れることができないということも考えられる。あるいは、普段は入れられるのだけど、気分の乗らないセックスでは、脳からの刺激も弱くなってしまうなんてことも起こりうる。

 二つ目は、一度はメインスイッチが入るが、途中で弱くなってしまうか、切れてしまっている、ということも考えられる。男に例えれば、途中で中折れして、勃起状態が解除されスイッチも切れてしまうのと、同じことが起こっていると考えられる。これは間延びした愛撫とか、途中の男のふとした仕草や一言で、急に冷めてしまう、なんてことが原因と考えられる。
 クンニで一度、イッタあと、直後の挿入で初めての中イキを体験する、という女性は多い。これは、クンニによるオーガズムで、完全にメインスイッチが入っていたからだ、ということで説明がつく。

 もう一つの要素が追加スイッチだ。男の場合同様、メインスイッチの他に、もう一つの追加スイッチのようなものが、女性にもあるような気がする。もちろん、これがなくても、メインスイッチさえしっかりと入っていれば、オーガズムを迎えることができるが、この追加スイッチが入ると、さらに時間も短縮され、オーガズムも深いものとなる。

 その種類は、情況的なものもあれば (誰かに覗かれていると気がついた瞬間とか、鏡に映る自分の姿を見た瞬間とか)、精神的なもの (スラストされながら男から 「ずっと好きだった」 なんて言葉を聞かされるとか)、肉体的なもの (男の射精のピクピクという躍動と、温かい精液が膣内に広がる感覚でイクとか)、Mっ気を刺激された時 (男の必死さに折れて抵抗をやめ、「被征服感」 に身を委ねた瞬間とか) など、いろいろある。

 挿入され、もの凄く気持いいんだけど、どうしてもイケない、という女性は、メインスイッチをしっかりと入れること、もし途中で切れたらまた入れ直すこと、そしていろいろな追加スイッチも使ってみる、というのがいいのではないかな。もっとも、女性が一人でするオナニーを除けば、メインスイッチも追加スイッチも、皆、男が入れてあげるものだけどね。




    posted at 00:00 | オーガズムの本質 | CM(0)
女にとっての快楽の原点

 女の肉体的な快楽って、いろいろなレベルがあるし、それは成長過程や、セックスの経験によっても変ってくるものだ。たとえば、初潮前の少女のころにオナニーを覚えたとしても、最初はマイルドな 「角オナ」 からだろう。やがてクリトリスの存在を意識するようになる。そして初潮を経て妊娠のメカニズムを知るにいたり、膣とそこに入るオスのペニスを意識するようになる。オナニーもクリから指入れ、さらにはバイブへと深化する。

 さらに初体験を済ませ、ペニスで膣内をかき回される快感を知る。大きなペニスだと、膣奥にも強烈な快感スポットがあることを知る。さらに中出しを経験すれば、メスとしての精神的快感がこれに加わる。そして中イキを経験すると、セックスは、それまでとは全く別なものとして見えてくる。

 しかし、セックスの快感の深化はこれで止ることはない。連続オーガズムの世界があるし、さらにはイキっぱなし状態を経験し、最後は失神という世界がまっている。
 経験をつんでいくと、快感の深化の他にも、アナルセックス、おしっこプレー、露出や野外セックス、ライトSM、さらには複数プレーといった世界が待っている。まあ、そこまで極める女性は少ないだろうけど、誰しも、こうした日常とは違ったスパイスが 「快感増幅装置」 となることを経験的に知っている。

 とりわけ、相手の男の性癖によって、女性が踏み込む世界は大きく変わっていく。若い男でもフェチっぽいプレーを好む者もいるが、概して年を取った男の方が、いろいろなことを経験してきているし、エロい空気を作り出すのがうまい。まあ、これには年齢による勃起力や射精力の低下をカバーする、という意味合いもあるんだけどね。

 確かにこうした 「快感増幅装置」 は、マンネリ化したセックスのスパイスとなる。しかし、これって、ちょっとした麻薬のようなところがあって、中毒症状になると、どんどんとエスカレートしていくものだ。こうなると、もう普通のセックスでは満足できない体になってしまう。ここまでいくのって、女にとって本当に幸せなことなのかな、と、男としてはふと思うことがある。

 こうしたプレーにはまっていた女性が、ふとしたことで、若い男に抱かれると、逆に新鮮さを覚えるようだ。スポーツで鍛えられた均整のとれた美しい肉体。触れもしないのにすでに勃起している立派な生殖器。大人の男にはない硬さとオスの匂い。ごく普通の正常位だけど、若さ溢れる激しい腰の動きに、筋肉が波打つ。逞しい体で一途に女に向かっていく姿に、キュンとなる女。そして我慢することなく、快感に耐えながらの長い長い射精。大量の精液を出してもまだ硬いままのペニス………

 女とセックスしたくてしたくて堪らない男。おっぱいやおまんこを舐め回すよりも、勃起したペニスを入れたくてしょうがない。ひとたび挿入すると、がむしゃらに腰を振り続ける。女をイカせるというよりは、ただ射精するためだけに動いているかのような腰の動き。そして訪れる射精。男は射精という快楽にむかって腰を振っているだけだが、女からみたら、自分を妊娠させようとして、子宮に向かって精液を流し込もうとする行為そのものだ。
 なんの小細工もないセックス。だけど、女にとっては、こういうセックスもいいものだ。股間だけでなく、胸もキュンと熱くなる。そう、はたからみれば、オスのただの生殖行為に過ぎないのだけど、女性にはその単純明解な行為が、快楽の原点なのだ。




    posted at 00:00 | オーガズムの本質 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: