FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

四つん這いバックでやってみて初めて分る 「上付き」

 男はセックスする相手の女性が、「上付き」 か、「下付き」 なのかはほとんど、気にしないものだ。「上付き」 というのは、お尻の穴と膣口との間が開いている場合 (つまり膣口がお腹側に寄っている)、「下付き」 とは逆にお尻の穴と膣口との間が近い場合 (つまり膣口がお尻の穴側に寄っている) を言う。中には、そういう分類があることすら、知らない男もいる。それに、ほとんどの女性は、標準的な位置にあり、極端な 「上付き」、も
 しくは 「下付き」 の女性の割合って、そんなに多くはない。従って、数多くの女性と経験しない限り、極端な 「上付き」、もしくは 「下付き」 の女性と巡り会う機会もない。

 普通、セックスして最初に挿入する時って、正常位が多いと思う。この場合、どのみち、挿入しやすいように女の両脚を高く掲げて、膣口を露出させる。この時点では 「上付き」 「下付き」 の区別はつきにくい。屈曲位でやっている限り、「上付き」 「下付き」 は関係ない。挿入を果たして、女の両脚を真っ直ぐに伸ばしたとき、やや影響が出てくるかな。「上付き」 だと、女の両脚をピタリと閉じても、
 ペニスが抜けることはない。逆に 「下付き」 の場合、挿入が浅めになる。しかし、男はまだこの時点では、はっきりと分らない。それにペニスの硬さと長さもあるからね。長くて硬いペニスだと、「下付き」 でもあまりハンディ-はないかな。

 ところが、四つん這いバックにした瞬間、「上付き」 「下付き」 の違いがはっきりと出る。「下付き」 の場合は何ら問題がないので、気が付かないが、「上付き」 の場合、大いに問題が生じる。それは、挿入しにくいのだ。正常位では楽な挿入が楽しめる 「上付き」 でも、反対に向くと、膣口が下側に行ってしまうのだ。ましてお尻の大きな女性だと、膣口がさらに遠くに感じる。
 なんとか挿入を果たしても、深い挿入感はない。さらに、激しいスラストを繰り返していると、「スポン」 と抜けてしまうことがある。18センチもある僕のペニスでも、抜けてしまうのだ。

 これって、男にとっては情けない情況だ。それとなく
「あれ、抜けちゃった………」 と言うと、
「そうなの、バックでしているとよく抜けちゃうの……」 との返事。
「それは上付きだからだよ」 とも言いにくいので、黙っているけど、「やっぱりね」 と思ってしまう。正直、「上付き」 の女性との四つん這いバックは、あまり楽しめないかな。
 それに、何とかイカせたとしても、オーガズムの痙攣でまた 「スポン」 と抜けてしまうこともある。イッテ痙攣している膣って、男にとっては最高のご褒美なのに、ここで抜けてしまうなんて、なんとも間抜けな話しだ。直ぐに入れ直すけど、もうオーガズムの嵐は過ぎ去ってしまっている。

 というわけで、四つん這いバックにしてみて初めて、男はその女性が 「上付き」 かどうかが分るのだ ( 「下付き」 は問題ないので気が付かない)。ここで気が付いたら、あまり四つん這いバックにはこだわらず、適当なところで正常位に戻すのがいいかな。グリグリと奥まで突けるしね。
 昔は 「上付き」 が名器と言われたようだけど、それは正常位での話しだ。四つん這いバックや立ちバックを楽しむのなら、断然、 「上付き」 でない方がいい。「下付き」 はバックも楽しめるし、正常位でも多くは女の両脚を高く掲げるので、決してデメリットが前面に出ないのだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 女の名器 | CM(0)
男がユルマンと感じる二つのポイント

 男のセックスの体験談なんかを読むと、「よく締まる名器」 という表現とともに、「ユルマン」 という表現も出てくる。男としては、それなりの体験があれば、だいたいのイメージがわくけど、女としては、「男がいうユルマンって、どんなのだろう?」 「私のも、もしかしてユルマンなのかな?」 などと、いろいろと考えてしまう。

 ここで多くの女性の関心事である、「ユルマン」 について、男の本音を語ってみたい。先ず第一に、女性の膣を 「きつい」 と感じるか、「緩い」 と感じるかは、膣そのものの特性の他に、男の側のペニスの大きさ、とりわけ亀頭部分の大きさや硬さとの相対的な関係で決まる、ということだ。
 具体的には、亀頭部分がが細くて柔らかめだったら、膣は概して緩いと感じるだろう。逆に、亀頭部分が大きくて硬さも十分にあったら、膣は概してきつい、と感じるものだ。だから、知った顔して 「彼女、ユルマンだったよ」 なんて言う男は、もしかしたら、自分のペニスが細いということを言いふらしている、という可能性もある。

 実際、僕自身、挿入してみて 「ユルマン」 と感じたことは、今までの人生の中で、ほんの数回しかない。その場合に共通していたのは、体験談の 「オイルマッサージ」 で書いたように、相手の女性が太めで、お尻も大きく、出産経験のある女性だった。これらの数回の例外を除くと、「ユルマン」 だと思った女性は一人もいない。

 まあ、ゼロではないので、本当の意味での 「ユルマン」 という女性は存在しないわけではないだろう。その割合は、ペニスの細い男にとっては高くなり、亀頭の太い男にとっては低くなる、という訳だ。

 ところで、その割合は違うけど、この両方の男が感じる 「ユルマン」 とは、一体、どのような膣なのか?それは、決して、膣そのものが全体的に緩いのではない。あくまで、膣の入口だけが緩いだけだ。というのも、ペニスを挿入する際に、入口を通過してしまえば、あとはきつく締め付けてくることはない。どの女性でも、膣内の壁を指で上下左右に押せば、グーっと広がっていく。

 まあ、粘膜の襞がツルツルの場合と、しわしわになっているといった違いはあるけど、それはきつさとは次元の違う感覚だ。概して、しわしわの多い方が、「名器」 と呼ばれるようだが、これは好みの問題でもある。

 割合は少ないけど、膣口が緩い女性は確かに存在する。これには生まれ持った体型もあるだろうけど、子供の頃から大きなディルドを出し入れしたり、子宮が下がって膣口まで顔を出してしまう症状が長く続くと、膣口が緩くなったりすることがあるようだ。
 しかし、この対策は簡単にできる。膣口を占めるけるトレーニングをすればいいことだ。所謂 「膣トレ」 と呼ばれているやつで、お尻の穴を 「ギュー」 とすぼめると、8の字の括約筋が収縮して膣口も同時に締まる。一日1〇回のトレーニングでも効果はある。で、ペニスが挿入されようとする時に、軽く (あくまで男に気づかれないように) 膣口を締め付ければ、男は 「きつい」 と 「勘違い」 するかもしれない。

 膣の奥行きもユルマンと感じるもう一つの要素だ。いくら奥までいれても、壁に当たらないと、まるで底なし沼みたいで、これも心理的に大きな膣という感触となり、ひいては大きな膣=ユルマンと感じることがある。膣の奥行きは、明らかに生まれ持った体型であろう。こればかりは、いくらディルド・オナニーを繰り返しても、奥行きが長くなるわけではない。
 もし自分の膣の奥行きが深いと思うのなら (平均的な長さのペニスを挿入されても、奧まで当たる感覚がしないとか、あるいは経験豊富な男に指摘されたとか) 、これもある程度の対応は可能だ。

 それは腹筋を使って、膣の奧をへこませるようにするのだ。お腹を一旦、へこませたあと、お腹の内側の筋肉にグーっと力を入れると、奧の方からぺたんこになるので、入れている男は奧が浅い、という印象を持つかも知れない。しかし、これをあまり強くやると、ペニスそのものが外に押し出されてしまうので、あくまでペニスが挿入される時に、軽くやるのがいい。

 最初に、入口のきつさと、奧に当たる感覚を味あわせておけば、男の頭の中には 「きつい膣」 とくイメージが植え付けられるので、あとは自然体でいても、スラストによって膣が広がったのかな、ぐいらいにしか男は思わないかもね。




    posted at 00:00 | 女の名器 | CM(0)
男が膣に求めるもの

 多くの女性は、締りがいい、きつい膣が男を喜ばせる 「名器」 だと思い込んでいる。確かにきつい膣だと、早く射精させられてしまう。早く射精させる膣が名器というなら、きつい膣がいいかもしれないけど、男の本音をいえば、あまりに早く射精してしまっては、射精までの過程を楽しむこともできないので、早く射精させられる膣を求めているわけではない。きつさがいいなら、手コキの方が自在にきつくできるし、お尻の穴だって、きつさでは膣の勝負にならない。

 フェラ、手コキ、膣の3つから一つを選ぶとしたら、普通の男は膣を選ぶ。なぜなら、膣には口や手コキにはない良さがあるからだ。もっといえば、膣でなければ味わえない快感というのがある。
 それは、精神的には、女の急所に生殖器を差し込んで、女の体を好きなようにしているという満足感、征服感だ。しかもそれが力ずくではなく、「快感」 によって女の体を征服している、いうのがいい。肉体的にも、興奮した膣の中って、熱く、ヌルヌルしている。ヒダヒダのざらつきと吸い付くような粘膜も膣でなければ味わえないものだ。

 つまり、膣の中って、きつく締め付けられるから気持いいのではないのだ。熱く、濡れた粘膜でやさしく包み込まれる感触というのは、膣だけがもっているものだ。男はこれだけで十分に気持ちいいし、興奮していれば、スラストしなくても膣内の感触だけで射精することだって出来てしまう。これにスラストの動きが加わると、何倍もの気持よさが生み出される。スラストを繰り返していると射精してしまう、というのが分っていても、気持よさには勝てず、腰が自然と動いてしまう。膣の中にペニスを入れたら最後、あまりの気持よさに、何も考えず、自然と腰が動いてしまう。それが生身の女の膣だ。

 しかもそれが、快感を得るにしたがって無意識のうちに締め付けてきたりする。オーガズムに至ると軽く痙攣をすることもあるし、子宮が降りてくることもある。イクと、女の膣も一段と熱くなる。この熱がペニスには堪らない。
 こんなもの、膣以外には絶対にない。人工のオナニーグッズもかなりの精度になっているようだけど、グッズ側は快感を感じることがないので、快感による変化というか、フィードバックがないのだ。
 そして究極は膣内射精。熱い精液の熱の感触でもってまたイク膣。連続オーガズムを繰り返していると、ペニスを包み込んだまま、イキっぱなし状態となり、最後は膣からの快感で失神までしてしまう。こんなもの、女の膣以外にはこの世に存在しない。

 


    posted at 12:00 | 女の名器 | CM(0)
膣の大きさと緩さは別もの (1)

 いろいろな女性とセックスしてみると、解剖学的な意味での膣の大きさには、個人差があると言うことだ。大多数の女性は、ほぼ平均値の中におさまっているけど、中には、極端に小さい女性もいれば、大きな女性もいる。

 膣の小さい女性の場合、大陰唇や小陰唇など、外性器そのものも小さい。膣の入り口の穴も、見るからに小さい。でもって、中はどうなっているのかな、と指を入れようとすると、それだけで「痛い!」となる。膣も濡れていて、指も唾液で濡らしていてもである。 実際、細い指なのに、膣口の締め付けが感じられるほどで、本当に小さい膣だな、と実感する。浅さはどうなっているのかなと、奥まで指を入れようとしても、痛がって、それどころではない。
 
 こういう女性とは今まで、3人ほど出会ったことがあったけど、実際に挿入できたのは、一人だけだった。あとの二人は、どうやっても入りそうになかった。特に僕のは大きいせいか、物理的に無理そうだった。
 これくらい小さな膣だと、よほどペニスが小さめの男でないと、セックスはできないのではないかな、と思う。もちろん、慣れてくれば、普通のサイズのペニスも入るようになるだろうけど、僕のでは無理だ。
 
 逆に、膣そのものが大きい、という女性も中にはいる。こういう女性は、概して体格もよく、おしりも大きい。外性器もよく発達している。
 そして、膣口も大きく、指はもちろんのこと、僕の最大限に勃起したペニスも難なく受け入れる。全く痛がるどころか、正直、入れても反応が薄い。こういう女性の膣に初めて挿入した時には、 「あれ?緩いのかな?」 とか思いがちだ。ペニスを抜いて、指で膣の中をまさぐってみると、膣そのものが全体的に大きいことが分かる。奥も深く、18センチのペニスならなんとか奥に当たるけど、指では奥の壁まで届かない。

 このような膣の女性だと、普通のサイズのペニスを入れられても、押し広げられるような圧迫咸を感じたり、中をかき回されるという感覚も薄いだろうし、ましてや奥の壁に当たる、という感覚も味わうことはできないだろう。

 こればっかりは、生まれ持った体質なので、このような女性は、大きなペニスと持った男と出会えることを祈るしかないかな。まあ、こういう女性は、激しいセックスや、複数の男性を受け入れてもOK、という利点もある。また、男の性器への刺激もどちらかとういうと少なめなので、男が長持ちしやすい、という利点もある。女にしてみれば、長時間のスラストを楽しめるというわけだ。( 実際、締まりの良すぎる膣だと、どんな男も数分でイッてしまい、自分が満足できない、という悩みをかかえることになる )
 早漏でお悩みの男性なら、相手が満足するかどうかを別にすれば、お勧めの相手といえるかもしれない。それに、出産となれば、明らかに安産型だ。

 要は、解剖学的な膣の大小には、個人差があり、こればかりはどうしようもないということだ。しかし、多くの男は、膣の大小と、締め付けのきつさ、緩さとの区別がつかない。というのも、男の性器の場合は、勃起させれば、もう隠しようがなくその大小が明らかだ。しかし、女性の膣の場合、目で見えるものではないので、大きな膣を緩いと、小さな膣をきつい、と単純に勘違いしてしまいがちだ。ここに誤解が生じる。

 だから、男としては膣の締め付けの度合いだけでなく、膣そのもののサイズについても理解すべきだ。そうした事実を知った上で、対処の仕方を考えなければならない。これは女にも言えることだ。自分の膣の締まり具合を気にする前に、まずサイズを知るべきかも知れない。その上で、どう男に対処すべきか、考えればいいのだ。




    posted at 12:00 | 女の名器 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: